引退セレモニーの頃から多分多くの中村憲剛ファンは、引退の悲しみよりも感謝とこれからの中村憲剛の歩みへの期待感で溢れていると思います。自分は解説者から始まって風間八宏さんのような道を歩まれることを期待しています(笑)
わたくし自身も2020一大決心をして退職し、おてつたびを通して様々な人達に出会い、新しい志ができあがりつつあります。2021も前向きに新しい一歩を踏み出していきます!

この新聞記事のことは中村選手が引退するときにLINE BLOGで思いの丈を語ろうと思っていたのでこのタイミングで…
DSC_3718.JPG
中村憲剛選手がオシムジャパンで活躍し始めた頃に自分は前職でちょうどサッカー部顧問になりたての頃で、この選手上手いな~と思いながら代表戦見てました。そして何気なく職員室でスポーツ欄を見ていた時にこの記事を見つけて読み出して、中村選手の生い立ちにビックリしました。
と、同時に指導者として勇気づけられた気持ちでした。身体能力を持ち合わせない者がどうやって戦っていけばいいのか、どんな力を育てていきたいのかの方向性を確かめられた気がしました。
そして自分も身体能力の低い人間だけど昔から球技は好きで、ボールの蹴りかたも20を越えてから覚えてきて、より視ることやポジション取りを意識してサッカーやフットサルを楽しめるようになってきました。
LINE BLOGを書き始めた頃はもうサッカー部顧問じゃなくなってたけど、土日にゆとりが出来て川崎フロンターレの試合を観戦しに行くようになってDAZNでも観れるようになって…引退を40と決めた最期の5年間をたくさん観てこれて本当に良かったです。
この新聞記事との出会いから約11年。自分の生き方をより豊かにしてくれた中村選手に本当に感謝です。

天皇杯が終わってしまいました…
フロンターレの天皇杯初制覇は嬉しかったのですが、それ以上に中村憲剛選手の最後のプレーが観れなかったことへの寂しさの方が勝っていました…

それだけに今更ながらサガン鳥栖戦をおてつたびの合間をぬって観戦しに行っておいて本当に良かったなと
DSC_4399.JPG
DSC_4404.JPG
DSC_4415.JPG
鳥栖戦も出場時間は短かったんですが、最後中村選手がスタジアムをあとにする間感謝の気持ちを込めて拍手を送れて嬉しかったです😭

↑このページのトップへ