最近すごくよく思います。
仕事であっても大事にしてくれる現場で描くことが、ほんとに一番大事です。
7n7oUKy8s0.jpg
たまにお会いしたこともないのに、依頼が来て当日ドーンってこともなくはないのですが、その場合は周りのスタッフさんとかに当たり前ですが敬意を払って、最高パフォーマンスをお見せするようにしています
_var_mobile_Media_DCIM_146APPLE_IMG_6100.JPG
アーティストなので、いつでもフラットにいられるように自分に心配りするのですが、求められない現場って感じるときもありますほんと希に。
それって、些細な気配なんですが、スタッフさんや主催の方に意見があってない人がいたり。いわゆるちょっとギスってる現場。
そんなこんなで感じるのは特殊な能力ともいわれますが、意外と繊細なのでわかってしまいます。

わかってしまってますよー!
と大きな声で言いたい。

なので、円満な場所で描くよりも数倍消耗します。
それでも、その場にいらっしゃる方々にお伝えしたい訳なんで、死ぬ気で頑張るしかないんですよね。
ほんと。

何が言いたいかというと、
イベント当日はハッピーにね!
ということです。
演者たちはめちゃくちゃパフォーマンスの内容もアップしますからね。
簡単なのに、忙しいって怖い。
心をなくす、それです。

画像は全く無関係ですが、
私はとにかく、どんな現場でも愛するって決めてます。
こちら側としては、それしかない


_var_mobile_Media_DCIM_146APPLE_IMG_6801.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_146APPLE_IMG_6809.JPG
密やかに数年前からやりたかった企画を、気の合う仲間たちと始めました。
アーティストって、なにやってる人なんだろうね?って考えることもあるんですが、新たな価値観や可能性を作品として提示する人なんじゃないかなって思います。

この作品はまさにそういったものかなぁと思ってたりします。

きっかけは以前、名古屋のレインボーパレードのイベントで女の子モデルちゃんと、メンズモデルさんにボディペイントした時のこと。
もちろん女の子に描くのは最高に楽しいし美しいんだけど…
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3872.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3895.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3896.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3884.JPG
男性にペイントするのがめちゃ楽しかったんですよー
艶やかになる男性に、ぐっと創作意欲が湧きあり、メンズボディペインティングを本格的に作品として作っていきたいなぁとモヤリと思ってました。

新年描き始めみたいな感じで、
モデルは画家だし、側方予備自衛官でバリスタの石井さんに。
そして写真は、
人間ラブドール製造所でもおなじみ、切れ者フォトグラファー新レイヤさんに。
おふたりともノリノリでですね!
私も感無量で制作しました。
芍薬のお花がお好きとのことで、芍薬で。凛と黒褌です。
_var_mobile_Media_DCIM_146APPLE_IMG_6800.JPG
ちょっと描いてる絵の具が特殊なので、
肌への密着感とか、光を浴びていい感じです。こーゆーのが、職人的こだわりなんですよ。実は。

作品を通して、ジェンダーについてもひとつ考えるきっかけになれば良いなぁと思っております
改めまして、こちらの企画は「漢華(おとこばな)」っていいます。
=漢の身体に華を描く=
漢には未だ見ぬ自分がある。華を漢の身体に描き、その秘められた香りに感じたものを、写真作品として、したためております。

とまあ、そんな作品たちです。
ゆっくりと育てていきたいなぁと思っておりますので、モデルになってみたい方は是非お気軽にお申し出くださいねー

_var_mobile_Media_DCIM_146APPLE_IMG_6756.JPG
今日、嬉しいことがあって。
そんなFaceもそこそこ、スタイルええ訳でもないのに、それでもきゃー!ってみんなが憧れるくらい、ライブペイントをアートにして観せて高めて。
そういうすごいことしてるのがsilsilなんや!って力説したってん!
って言ってくれたアーティストの友達がいて。

ほんまにそれ!!!
めっちゃ嬉しい!!!!
ってなりました。
アスリートみたいに。瞬間の輝きがダイヤモンドになるようなライブアートをできたらと思っていたので

よく、コスプレして描いてるとか、目立ちたがりみたいに言われることは多い。
華やかに見えてなんぼの世界だから、いいんですけど。いや、そうなのか!?もはやわかりませんが、かっこよく見えているなら、それは正解
でもよくよくの想いはちがうんだよ。って。
なかなか話す機会もないから。
アートの中身って話すこと、そんなにないから。ライブアートに関しては、それはもう見る一発勝負なので。

宝物みたいにありがたーーい気持ちになる。作品や表現を褒めてもらうのが一番嬉しい。

正直に生きるのが苦手なのは
誰でもそうなんじゃないかな。
でも作品ができるのを観て、
正直に生きてみようかな!ってなる人のお話も良く聞きます。
最近そんな話よく書いてますが、
アートで何かが解放されたら嬉しいなと思っております。

_var_mobile_Media_DCIM_146APPLE_IMG_6772.JPG
ワイワイしすぎて写真がないですが。
天満橋のOMMさんの周年記念に作品出してます。
2002年にストリートで発表していた作品が出てきたんです。今から16年前の私が描いた女の子。
6年目のArt Lab OMMにこれからつぎの10年へのエールを込めて。
今日飾ってたら、なんと2002年頃の作品持ってるんですよーっていうレアすぎる人に会いました。涙出る

あたし、ずっと描いてんですよねー(遠い目)

ぼちぼち大きなお話もあるし、
頑張っていきたいなと思っております。
今日人疲れで、1日寝てしまいましたが…笑

さて、展示はこれから18日までつづきます。遊びにくると良いよ。
なんと1万円台の作品がメインだからね!!!!大御所たちの作品が1万円!
福袋やわ…とパーティーで感じてました。パーティーは人が多すぎて、落ち着いて見れなかったので、また観に行こうっと

↑このページのトップへ