SHY

月別アーカイブ / 2017年11月

最近また同じ夢を見る

信号が赤の時に、余計なことをせずそのまま青になるのを待てば、たとえ一度止まったとしてもまた先に進めるかもしれない。

でも目の前にある信号が青になる保証はない。
そんな不安に駆られて立ち止まることができないから、左右を見渡し、闇雲に他の道を探して飛び込む。
すると道に迷って、結局は元の場所に戻る羽目になる。

青になるのを待っていた他の人間が、目の前で通り過ぎていって、こちらはまた赤信号。
関西人の気質かもしれない。
待つことが苦手で、余計なことをして失敗する。

でも外の世界は目まぐるしく動いているのに、この空間だけは時間が止まっているような感覚。

いろんな人たちが外の世界へ歩みだしているのに、自分だけが指をくわえて立ちつくしているような感覚。

簡単に言えば、取り残されているようなこの感覚に耐えられない。

何かを頑張ろうとしている中で、昔からこの感覚と現状が邪魔をする。

信号が変わるのを待つ方がいいのか、闇雲でも止まらず他の道を探す方がいいのか。

自分らしさを選ぶなら後者かもしれない。

この場所にダラダラ居座り続けるのは飽きたから、もし変わらないならそもそもあの信号機を壊してしまってもいいんじゃないかと考える。

そこで目がさめて、その後どうなったかは分からない。

最近同じ夢を見る。

物事が上手くいかない時は何故か、あの信号機が夢の中で僕の邪魔をする。

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9220.JPG

現在絶讃発売中のスプリットアルバム「PAGES」には実は秘密の特典CDがございまして

Goodbye Mozartからは「終わらない唄」という曲が収録されているんですが、想像以上にこの曲が人気というか、下手したら本編のアルバムより人気、、、

ありがたいことに歌詞が知りたいと言ってくれる人が多いのですが、特典CDのため歌詞カードがついておりません。。。

かなりこだわって歌詞に想いをのせてる僕や相方のじゅんくんからすると非常に嬉しい限りでございます
ということで、本邦初公開です!!


終わらない唄

終わらない唄を君に届けよう
声にならぬ痛みで震えた夜に
見失ってた道しるべを
わずかに照らすTwilight sky
疲れ果てて涙かれたっていいさ
Just waitin' for the sunrise

退屈な日々を蹴り飛ばして 
ここで追いかけた可能性
雪崩のように消えていった 
誰かの道も今は戻れないような

手にしたもの 気付かぬまま
指をすり抜けて砂のように風の中へ

終わらない唄を君に届けよう
声にならぬ痛みで震えた夜に
見失ってた道しるべを
わずかに照らすTwilight sky
疲れ果てて涙かれたっていいさ
Just waitin' for the sunrise

いつからだろう空はくすんでたっけ?
瞳が曇っても言い訳ばっかり
(Bang!Bang!Bang!)
Did you dicide it?
(Bang!Bang!Bang!)
Don't behave so!!
Just like a small baby

思い出せば星降る夜 
輝いてたほらあの頃のように

終わらない唄を君に届けよう
声にならぬ痛みで震えた夜に
見失ってた道しるべを
わずかに照らすTwilight sky
疲れ果てて涙かれたっていいさ
Just waitin' for the sunrise

これでいいかな本当にいいかな
選んできた道のりは
自問自答を繰り返す 
それでもやっぱり僕ら明日に手を伸ばす

終わらない唄が終わらないように
声が枯れても僕は唄うから 
見失っても傷ついても
いつだって照らすTwilight sky
過去も今もずっと...

終わらない唄を君に届けよう
声にならぬ痛みで震えた夜に
見失ってた道しるべを
わずかに照らすTwilight sky
疲れ果てて涙かれたっていいさ
Just waitin' for the sunrise

_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8873.JPG
初めましてBLOGを始めました

普段思ってることやお伝えしたいことがTwitterやInstagramでは短すぎて表現できないことが増えてきたので、今さらながらBLOGでお届けできたらと思います

↑このページのトップへ