2019年5月19日にFREEDOM NAGOYA 2019のオーディションライブに出演して2位という結果で夢のフェス出演はできませんでした。

それまでオーディションライブというものは一度も受けたとこがありませんでした。

某大手楽器メーカーのオーディションライブに10年くらい前に誘われた時も「なんで俺たちの音楽を大人に評価付けされて好き勝手言われなきゃいけねんだ」って思ってオーディション系のイベントをひたすら避けてまくってました(笑)。
レーベルもフェスも売り込むものじゃなくて、出てくださいとオファーをもらいたいって気持ちがあったんですよ。尖ってしまたね、、、笑

そんなこと言ってられない!チャンスが目の前にあるなら全てチャレンジしようとGoodbye Mozartはいろんなイベントやフェスに応募しまくって、やっとこさ目の前に来たチャンスがフリーダムでした。

グバモを支えてくれてるお客さんや仲のいいバンド、事務所の方々が総動員で票をいてくれたのですが、結果は30票近く差をつけられて二位という結果でした。

何度かライブのMCやSNSにも書きましたが、結果発表が終わるまで一緒にライブハウスに残ってくれた人達がたくさんいました。
忙しい中、票だけ入れにくれた人達もいました。
結果発表の時に「惜しかったね」「来年は出てください」「ライブはダントツで1番だった」とかいろんな声をかけてくれる人達がいて、誰一人として僕らの力不足に怒ったり嘲笑したりする人はいませんでした。

その時にバンドに対しての自信に対しての甘さが急に襲ってきました。そしてメンバーの気持ちを優先してるような気になっていただけでぶつかり合うことを避けていたことにも改めて気付きました。

要は、負けて今までよく見えていなかったものがすごくクリアになりました。

そこからグバモは大きく変わりました。
まだ皆さんからするとライブでやる曲は変わってないし、新しくCDを出したわけでもないので大きな変化は見受けられないかもしれませんが、これから大きく変わっていきます。

人生を賭けてバンドをやるということに繋がっていく訳です。

刮目してください。
これからの僕たちを。

2020年の今頃どんなステージに立っているのかを。
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3152.JPG