ヒトリノセカイ

「僕は1人の世界が嫌いだ」のメロディーが突然湧き上がり初期衝動で歌詞を書き続けていたら気づけばこのヒトリノセカイになっていました。
実体験を元が元になっておりアコギを片手に作っていきました。
ストリングスやピアノ等も丁寧に一音一音アレンジしていきました。
周りにはたくさんの人がいてくれてるのに大切な人がここにいないだけで孤独を感じてしまう。そんな感覚の曲です。

Will
制作期間に作った15曲の中で最後に出来た曲です。ヒトリノセカイの自分から数年後を想定して歌詞を書いた組曲的存在です。人生を悟ったと思ってたけど、実は覚悟を決めれない中途半端な状態を歌にしました。

Moonlight
非常に賛否両論分かれまくった問題作です!笑
それもそのはず、前からGoodbye Mozartの曲を聴いてくれてる人は分かるかもしれないけど、Starlightという曲をオトナの事情でRemakeしたものです。今の自分達がもしStarlightを歌うなら?というテーマで歌詞を書き直しました。
前任ボーカルのHiroshi君がのこしてくれた言葉「盲目でもかまわない」というフレーズをずっと大切にしていきたいと思ってあえて残しました。
この曲は再録したいなー!!

最近は歌詞にも着目してくれる人が増えてくれてすごく嬉しいです。懸命に書いた甲斐があります!!
これからいろんな曲を小出しにしていきたいですが、今回の新曲も愛してもらえると嬉しいです。