期待というのは
人間にとって重要な感情です。

目の前にいる獲物を仕留めるために武器を作ったりワナを仕掛ける
普通の動物なら、そんな時間があるのなら獲物をジッと待ったり追いかけます。

今 食べることの出きる穀物を来年の為に土に植える。

道具を作れば獲物を効率よく仕留められる。
穀物を育てたら来年にはもっと増える。
期待することで想像し、何世代も繰り返すことで知恵となり現実となります

そして、これから書くことは
単なる期待です。



①閉店したお店の後にオープンする新しい店舗


②ネットで購入した物


③学生時代、好きな男子の私服


④学生時代、付き合った彼女の初めての手作りのお弁当


⑤政治家


読んで頂き、ありがとうございます❗
ヽ(*´▽)ノ♪

人間は物事を
良い方向へ考える生き物です。

例えば
『宝くじ』
本気で当たると思い、外れて涙を流す人は少ないでしょう。
でも絶対に外れるとも限りません。(ほとんどの人は外れます)

ほんの少し期待して、もし当たったら✨と考える

それがパチンコや競馬等になると、理論的に宝くじより当たる確率は高くなります。
当たるという期待感が強くなりますね。
実際に勝ったり負けたりするのでしょう
でも負ける確率の方が圧倒的に高いはずです。

期待というのは
『そうであって欲しい』
という感情です。
当たり前のことなら期待はしないものです。

なんとなく期待してしまうことを書きます。


①行列が出来る飲食店


②日本初上陸のスイーツ


③期間限定のお菓子


④美人◯◯CMのあと登場❗️


⑤学生の頃 憧れていた人の現在


読んで頂き、ありがとうございます❗
ヽ(*´▽)ノ♪

sketch-1571240783781.png
ブラインド

年齢規制 無
サスペンス物
韓国のサスペンスです。

警察学校時代に、同じ孤児院で育った弟的な存在の男子が夜遊びすることを心配して迎えに来た主人公

お仕置きと逃げ出さないように手錠を着けて車に乗せますが、事故を起こして男子は死亡
主人公は失明します。

数年後孤児院を訪ねた帰り、雨の中で乗ったタクシーが何かを轢きます

運転手は犬だと言いますが、主人公は轢かれたのは人間の女性だと確信。

通りかかった別の車のお陰で助かります。

警察は視力のない主人公の証言には懐疑的でしたが、主人公の聴覚 嗅覚 触覚 洞察力が信用できると分かり捜査に協力してもらうことになります

自分が観る割には、ごく普通のサスペンスですね。

韓国のサスペンスやスリラーが得意なドロドロや酷さは少なめです

犯人はサイコパス強めですが、主人公の周りはコテコテの韓国のキャラなので全体にスリラー感が弱くなってます

韓国らしさもありますけど、ラストはアメリカンな感じです。



貞子VS伽椰子

年齢規制 無
心霊物?
俊雄が明らかに違うので違和感を感じました。

日本のホラーでガッカリするのは霊媒師と子役の演技と設定なんですよね。

中田・清水両監督の合作にしてほしかったですね。

↑このページのトップへ