富山県黒部市の習いごとをまとめています。

 

普段は中学校で数学を教えています。

 

今回取材したのは

「黒部ミニバス レインボーズ」。

IMG_2483.JPG

 

体育館に入るときから、

保護者や児童からの元気な挨拶に迎えられます。

 

後で知ったことなのですが、

代表者の方は

「挨拶」はものすごい大切にしていることだそうで、

納得です。

 

練習を通しての印象は

本当にバスケットボールが好きなんだろうなぁ。

と初心者の僕が見てもわかるレベルでバスケに熱中しています。

 

取材日には、習いごとに登録している児童全員が参加しているということでした

僕にとっては、これはすごいことで、

勤務校での中学校で顧問している部活動では、

「好きで参加」しているはず、にも関わらず全員参加は大会の日くらい?です。

 

これも代表者の方に伺ったことなのですが、ほぼ毎回「レインボーズ」では登録している児童全員が参加するそうです。

意識の高さが目に見えてわかります。

素敵。

 

発達段階として小学校高学年では、

男子より女子の方が発達は早いので、身長も女子のほうが大きくなりがちです。

この女子のミニバス「レインボーズ」でも例にもれず、

(例にもれずというより、思っていた以上に)

身長は大きく感じました。やっぱり、聞いてみると隣で練習している男子より身長は大きい、との事。

低学年の子との身長差は歴然で、まるで(まさに?)子どもと大人。

いろいろな身長の子どもがいることが小さい子からすれば「こうなりたい」という憧れのお姉さん像になるのだと予想できます。

身近に憧れがいるって、当たり前のようで幸せなことですね。

ちなみに、僕の小さい頃のあこがれは筋肉番付で活躍する「ケイン・コスギ」でした。

(今の子どもはわからないだろうなぁ)

 

代表者の方も、コーチの方も、すごく丁寧に子どもと向き合っていることも

伝わってきました。

あまり知られないことからもしれませんが、

バスケットボールの指導者は、体力もめちゃくちゃ使うんです。

かくいう僕も2年間だけバスケットボールの顧問をしていたので、立派な「にわかバスケ野郎」なわけですが、2年間でも、審判の講習会で休日が潰れたり、試合の日でもただ引率すればよいだけでなく、審判で走り回ったり(初心者が想像する7倍くらい走ります)と、その過酷さには触れているつもり。

そんな中、「レインボーズ」の指導者は

練習中のゲームでも、本当に「丁寧に」吹いている(ジャッジしている)なぁ、

と体感します。

ファールのとり方、アウトオブバウンズ、トラベリング、ゲームの整理、

簡単そうに難しい判断を(それも瞬間のことを迷いなく)されています。

これは、何より子どもが幸せで、

試合でいきなり想定外のルールに触れる、みたいなことが起きないわけです。

「練習のルール(環境)」=「本番のルール(環境)」

をいかに作れるか、はそのチームの強さを測れる指標にもなると僕は思っているのですが、「レインボーズ」はそのルール管理が丁寧です。

 



IMG_2701.JPG
 

ここからは、本当に僕の主観なのですが、

取材していて一番驚いたところ。

取材をしていて、カメラを回している時間が長いわけですが、

僕が壁際でカメラを回していると、

どうしても子どもがカメラの前を通らなければならない時があります。

そのときに、子どもがカメラの前をかがんで渡るんです。

撮影に支障のないように、まるで大人のような気遣いですよね。

これって、当たり前のようで、

完成された(ましていきなり取材に訪れた見知らぬ大人に対して)、なかなかできないものだと思いました。

高学年の子どもだけかと思っていたら、低学年の子どもも同じようにカメラの邪魔にならないようにと続きます。

結局、練習が終わるまで意図しない映り込み(横切り)はなく、

外は寒かったにも関わらず、

気持ちはポカポカで帰りましたとさ。