おはようございます。

富山県黒部市の習いごとをホームページにまとめています。

Hirokiです。

習博:シューハク
何かを始めたい。そんな思いを、応援します。
shuhaku.com

今日は、「周りの顔色ばかり見ていると、結局ゴールを見失うよ」という話をしたいと思います。多少の批判的な内容は含みますが、文句をいうだけの自己満足のブログにするつもりはないので、最後には皆さんの日常に活かせる話に消化しようと思います。こうしてブログが長くなる(笑)

 

さてさて。

 

今の教育現場は、メディアに踊らされている側面があります。

正確に言うと、

まずメディアに踊らされる文科省

→文科省のいいなりになる教育委員会

→教育委員のいいなりになる学校

 

という流れで、教育熱心な学校(?)ほど、

上の言いなりになり、それは巧妙にメディアに踊らされていることになっています。

 

そして、メディアがやりすぎてしまったことは、

教育現場の「意識改悪」です。

 

 

ここで、教員にとって大切なことを振り返ってみましょうか。

〇〇にとって大切なことは、なにか、を取り決めるときに参考になるのは「ドラッカー」は本当に参考になります。

 

「企業の目的と使命を定義するとき、出発点は1つしかない。顧客である。」

「顧客を満足させることこそ、企業の使命であり目的である」

P.F.ドラッカー 著 上田惇生 訳『マネジメント-基本と原則』ダイヤモンド社 2001年 p.23

 

僕は中学教員なので、自分の立場に置き換えるなら、「企業」を「学校」へ読み替えて考えるわけですね。学校の「顧客」とは誰か。

それは「生徒」にほかなりません。(その他も“含む”かもしれませんが、「生徒」のために学校があるのは事実です)

 

つまり、教員にとって重要なことは「生徒」を満足させること。

 

 

ここで話を戻してみます。

メディアが教育現場にもたらした「意識改悪」のこと。

それは、「教員たち」や「学校同士」の

クレームがない人が勝ちの戦争」といえます。

 

同じことを言ったときに、クレームを付けられない教員が尊敬される、ということが、信じられないかもしれませんが本当に起きています。

 

他の業界の5倍くらいはクレーム対策に時間を割いていると思います。

 

こんな考え方で「生徒」を満足できるか、というと、できません。

現場では、「クレーム」よりも「生徒」の優先順位を下げるか、勤務時間を増やしてどちらとも大切にするか、しかなくなります。

 

 

周り(メディア等)の顔色ばかりをみていると、結局、「生徒」というゴールが見えなくなってしまいます。

こういったことは、教育だけでなく、さまざまなところで起きています。

だからこそ、世の中から「本末転倒」という言葉が無くならないのでしょう。

 

 

みなさんの仕事や生活に役立てる教訓として、

「最優先事項を優先する」ということを私自身も意識したいと思っています。

これは、スティーブン・R・コヴィー著『7つの習慣』の第3の習慣になっています。マンガにもなっており、読みやすくなっているので、ぜひ。

IMG_20200125_091133.jpg

これは、下のようなことです。

1579912274932_スライド1.JPG

人は、「緊急で、重要」というものに注目しがちです。でも、よく考えれば、そういうことは放っておいても自然に取り組めるんですよね。重要だし緊急度が高いですから。

 

先の「クレームがない人が勝ちの戦争」は緊急度はわかりません(興味ありません)が、重要度は低いです。

1579911967539_スライド2.JPG

 

緊急ではないが、重要の項目に当たるのは、やはり「生徒」のためになることでしょう。

皆さんの仕事では何でしょうか。

「生徒」のためになることが後回しにされていては、教員も成長できませんし、それでは教育が衰退します。

一般企業では、「本末転倒」になってしまうわけですね。

 

こうは言っても、一週間も現場で働くと、本当に大切な「重要だけど緊急度は低い」ことに気付きづらいですよね。

トレーニングと一緒で、読書をしたりして思考のアップデートや整理は怠りたくないものです。

以上「周りの顔色ばかり見ていると、結局ゴールを見失うよ」という話でした。