今朝息子から手紙を貰いました。

………………………。

解読難解度、ヴォイニッチ手稿レベル…。
(ヴォイニッチ手稿とは1912年にイタリアで発見された解読不能な都市伝説界きっての古文書暗号のエース。)

なので、本人に音読してもらいました。

「おっこちょこな(おそらくおっちょこちょい)なお母様。たまごやき、食べたいよ。今デュエマしたいよ。カツキングほしいよ。お願いだよ。ありがとう。だいすきだよ。」

1つの文字に詰まっている内容が相当ぎっしりですね。そんな長文とは思いませんでした。

という訳でデュエマ、やりました。
最近デュエマにハマっている息子ですが、まだ文字やルールを理解していないので、今彼の中のデュエマとは
カードで直接相手をボコるゲーム。
なので大切なカードは決して渡せません。必然的に彼のデッキはほぼバニラカード。

ガムテープで拘束されるデッキー。

ルールをぶっちぎったシールドの数。
(本来は5枚からスタートです。)
しかもガチャレンジまでシールドに埋め込まれる始末。
(本来はガチャレンジゾーンという場所に置かなくてはなりません。)
そして、
「デュエマ、スタート!!」
からの
「これ、全部でダイレクトアタックゥ!」
まさかのシールドで一斉攻撃されました。

まぁ、まだ4歳なので仕方ない、ここは一つ大人な対応をしようじゃないか。

「ま、負けたぁ〜!
デュエマ、サイコー!!」

ところがどっこい、徐に立ち上がった大五郎(仮)、

「ふっ、負けちまったもんはしょうがねぇ。約束だからな、ほら、やるよ。」

と自分の切り札のモモキングとカツキングを渡してきました。

???
どゆこと?
ママが負けたんだよねぇ?

「ちがう、ちがう!大五郎(仮)が負けたの!!大五郎(仮)、しょーぶおじさんだから!カツキングわたすの!!」

あー、なるほど。デュエマをやりたかったというより、デュエマのアニメのシーンをやりたかっただけなのね💧しかもそのアニメのシーンも色んなシーンが混じってるからママ、考察が追いつかなかったよ。

そのあと、大五郎(仮)はデュエマ開始直後に私にダイレクトアタック(とどめ)をしてきては、自分の切り札を2枚、渡してくるという遊びを繰り返していました。この明け方見る夢みたいな不条理な遊びの繰り返しに私の精神は大分抉られました。

そんな「デュエルマスターズキング!」は
毎週日曜日朝8時30分からテレビ東京系にて
放送中です!!