9月21日、息子大五郎(仮)が

「今日はねー、ちゅうちゅうのめんつゆだから、ペッタン、ペッタンなんだって。つちで。先生が言ってたよ。」

??

駐中の麺つゆ…?ペッタン、ペッタンで土…??
えーーーーと………
さっぱり分からん…。
考えろ、考えるんだ…大五郎(仮)が言わんとしていることを…!!保育園の先生から言われたことを…!!
と1人謎解きをしていると横で娘が

「あー、今日は中秋の名月なんだって。月でうさぎが餅つきしてるんだって言ってるんだよ。
そういえば学校でも先生が言ってたなぁ。」

とサクッとお解ケツしてきました。

…………………………。
そうだ、今日は中秋の名月の拝める日だった。

「めんつゆ」を文字通り「麺つゆ」と捉えた私はきっと迷宮入りだっただろう。
「めんつゆ」→「めいげつ」
ミステリー。

「でねー、おだんご食べるんだよ。」

そっかぁ〜。じゃあ、せっかくだからお団子買いに行きますか〜。そんで帰り名月拝んできますかぁ〜。

という訳で夕飯後、娘息子と近所のスーパーにお団子を買いに行きました。
が、
お団子がどこにもない…。
スーパーに入っている和菓子屋さんに残っていたのはどら焼きのみ…。ならばと食品売り場の生菓子コーナーに行ってみるもそこにも残っていたのはお彼岸用の落雁のみ…。わらび餅すらない…。みんな考える事は一緒か…!!だがしかし!!私は諦めない…!!この際白玉粉買って白玉供えるでもよし!!
ところが……
白玉粉も全て売り切れてました……。
日本の名月効果を完全に甘く見ていました…。
しかし、ふと狩り尽くされた白玉粉の横を見ると、ひとつだけ、こんなものが…!
白玉棒。
切って湯に通すだけで簡単に白玉が出来る優れもの!!よし!!これだ!!
私はサッと残された最後の一袋を掴み、息子達と共に足早にレジに向かいました。

帰り際、中秋の名月をしっかり見ることができました。

「わぁ〜、おつちさま、きれいだねぇ。」
と感嘆の声を上げる大五郎(仮)。

普段本能のまま生きてると思っていたけど、いつの間にかこんな風情も感じる事が出来るようになったんだなぁ。

と名月と息子の成長に感動する私。

「そうだねぇ。うさぎさん、お餅、ペッタン、ペッタンしてるかなぁ?」

ここはひとつ、夢のある話でもしようじゃないか。
なぁ、息子よ。

「え?してないよ?つちにうしゃぎはいないよ?さ、早く帰って、お団子、食べよ。ね?」 
と早々に月を背にして家路に急ぐ大五郎(仮)…。

……感動と夢を返せ。私は月に帰ります。

そうして月より団子の子供らに急かされ、早速白玉あんみつもどきを作りました。

唯一の生き残り、切って熱湯に入れるだけの
白玉棒。(今日のMVP。)


こんな感じになりました。お湯にくぐらす時間間違えて大分べちゃってしまいました…。

が!そこは黒蜜とトッピングでフォロー。

「「わぁ!!美味しそうーー!!イエェェェェエイ!!!!!」」

…先程の名月への感嘆は幻聴だったのかな?と疑う程のテンションですね。ママは貴方達に本能だけでなく侘び寂びという繊細な精神も会得してもらいたいなと思う今日この頃ですよ。

「「いっただきまぁす!!」」

召し上がれ。

「ちゅうちゅうのお団子、さいっこう☆っ!!」

………………月がとうとう消えました…。