子供達が大人しい…。夕飯の後片付けをしている時は大抵、肩がぶつかったとか、睨んできた、などのチンピラまがいの難癖をつけ合っては醜い姉弟争いの声がBGMになっている。そんな子供達が大人しい…。

「あー♡2人とも仲良くしてくれているのね♡」

なんて心穏やかにはいられないと言うことはこの数年でよく理解している。つまり、子供が大人しくしている時は大体が碌なことをしていない。

恐る恐るリビングを見てみると、ソファーで娘がアイスを食べている。それは夕飯の買い物した時に「食後に好きなアイス買っていいよ。(何故ならママも食べたいから。)」と言ってそれぞれが(私も)選んだアイスだ。2人ともピカピカにご飯を食べたので先程、「アイス食べていい?」と言う娘達に約束通り「いいよ。」と答えたのだ。

そっかぁー、アイス食べてたから静かだったのかぁー。まぁ、でもいつもならアイス食べてる時も何だかんだとうっさいけどね、特に大五郎(仮)が。

「アイスゥゥゥゥウ!!
大五郎(仮)の好きなぁ⤴︎
ハイっ!アイスゥゥゥゥウ!!」

とひたすらアイス讃頌を叫んでは踊りながら食べ、そして最後の一口を溢して私に雷を喰らう。
今回もこのルーティンが始まると思ったのに…。
…?ってあれ?その大五郎(仮)は?どこ行った?

すると娘が顎でそっち、と示してくる。

え?とその先を見てみると…


いた。
!?
どーゆー状況…!?

「!!」
私と目が合うと慌てて、逃げ出そうとする大五郎(仮)。
ちょっちょっちょっ……!!なぜそんなところで隠れて食べてる?アイス、別に食べていいって言ってるのに?
椅子を上げて逃げる大五郎(仮)を確保。
何をやってるのか問うも、

「た、食べてないよぅ…。」
証拠を握りしめ、完全否定。
え…?だからアイス食べてもいいって言ったよ?ママが抗議するとすればそれはアイスを食べていることじゃなくて、アイスを食べてる場所だよ?

すると、娘が「私は止めたんだよー。でも聞かないから…。ほらこれ。」と何やら差し出していました。それは…

これは……
ママのアイスじゃない?
え?あなた、ママのアイス食べてんの!?
あれ?だってあなた、なんかスイカの容器に入ったアイス選んでなかった?

「うん…でもチョコ食べたくなっちゃったから…。
あ、スイカのは後でちゃんと食べるよ?

食べるよ?じゃねぇ💢
気の使い所、完全に間違ってません?💢

パルム…楽しみしてたのに…
こないだ娘の友達がうちに遊びに来た時、おやつに箱で買ってあったパルムを出したら
「えーー!?これパルムじゃん!!ええ!?やったぁーー!これ、大好きなんだァァァ!!イエーーイ!!」
とお友達から想像以上の狂喜乱舞を得た大人も子供もみんな大好き、パルム…

項垂れる私を見た大五郎(仮)、アイスを食べながら、優しい目で一言
「また買いなよ。あ、スイカの食べてもいいよ?」

………………………。
さっきまでビクビク隠れて食べてたのは一体なんだったの?と言うくらいのあなたのその謎の上から目線、なんなん?
とりあえず、パルム食べたの、この子です!!の証拠写真は抑えさせていただきましたので、将来あなたの結婚式に流したいと思います。

この後スイカのアイスをいただきました。
それはそれで美味しかったです。