語彙数が増えると共にどんどん話している内容の難解度が上がっていく、息子大五郎(仮)。
特に大五郎(仮)とのおままごとはなどは明け方に見る夢レベルの支離滅裂さでこちらの精神を抉ってきます。
そんな日々複雑化している大五郎(仮)の思考回路は朝から絶好調です。

この日は「朝ご飯はパンがいい。」というのでパンを出したところ、突然

「うおおおおおおおおおおおいい!!おいぅおぃぃぃぃぃい!!
これパンじゃないかぁぁぁぁあ!!」

と何故かブチ切れる大五郎(仮)。

???????????????…∞

私の頭に無数に飛びかう???の文字。

え?だってさっき「パンがいい。」って言ってませんでしたっけ・・?
あれ?ママの聞き間違え?とうとう幻聴が…?

「違うんだよぅ!!パンはパンでもこのパンじゃないんだよぅーー!!」

…あーーー……なぞなぞですか?
えーと、じゃあ、フライパンかな?

「なんでフライパンなのよぅー💢ふざけてるの!?💢」

いいえ、ふざけてなんかいません。
ママは大真面目です。
あ、わかった!じゃあ、パンツかな?

「(爆笑)!!!!????
な、なんでパンツ!?
なんでパンツよぅ www
パンツはたべないでしょうがW W。(大爆笑)」

テーブルをバンバン叩いて、笑い転げる大五郎(仮)。


…………………。

そうですね、パンツは食べませんね。

「たべ、食べないよぅw w w!!
パ、パンツて……(大爆笑)」

………ところでパンにバター塗る?

「え?あ、塗る。」

牛乳いる?

「あ、いる。」

はい、どーぞ。
あ、このジャム塗ると美味しいよ。

「うわぁ〜。本当だ!!
おいしーね☆!!」

………よかったですね。

ちなみに大五郎(仮)は「おしり」「おなら」「う○ち」などでも簡単に気を逸らすことができます。