先日、娘が市内で行われるデュエルマスターズ大会に出場してきました。デュエマに限らず大会というものに出るのが初めての娘。前日、緊張のあまりおやつに塩を舐めるとよく分からない奇行に出ていました。娘曰く、「お清め」だそうですが、大分斬新なお清めですね。

それはそうと大会に向けて週末はケントナーク役の菅原雅芳君、通称菅プロにリモートで気付けば3、4時間、特訓してもらっていました。
毎回思って恐縮だけど、それくらい勉強も集中してくれると、母さん、嬉しいな☆

そして当日、朝からソワソワの止まらない娘。

「あー、緊張する、えっと…アストロ宙ノとユウアツトを上手く使う、早めに♾龍ゲンムエンペラーを出せれば勝てる…」

等と前日菅プロに言われたことをブツブツと念じておりました。

いざ…!大会へ……!!
会場に近づくにつれ無口になる娘。
なんだか私まで緊張してきてしまい、私まで無口に…。緊張オーラをただ漏らしながらただ黙ってバスに揺られる母と娘…。

会場に到着。
「頑張るぞー!」
_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8952.PNG
会場には既に小さなデュエリスト達が手慣らしデュエマを他のお友達としていたり、自分のデッキを確認していたりしていました。

なんて言うか、子供達がこうやってデュエマをしている姿を見ると、めっちゃ上がるなぁー!てか、なんか泣きそうだよ…。アニメの方も皆んなに楽しんでもらえるよう頑張るぞぉ!!
子供達への感染予防の徹底は神経すり減らしたと思いますが、今年もこのイベントを開催してくださった運営の皆様に感謝です!!

さて、娘も近くの席に着くとデッキの確認。
まだまだデュエマの女子人口は少ないようで会場には女の子は娘だけ。それだけで目立つ上に、確認しているデッキはスリーブから恐らくゴリゴリの闇文明。しかも最新のムゲンクライムデッキとみた…。

漆黒の闇を纏ったデュエリストガール…。ヤベェ奴きた……。

と、思ったに違いない…。知らんけど。

さぁ!大会開始です!
私は会場の隅で静かに応援です。
にしても私もさっきからずっと緊張。もう逃げたいです。

トーナメント戦による第一回戦。
せめて一回戦は勝ちたい…。
私に出来ることはもう、神頼み。

デュエ神様!どうか娘に最高のドロドロドローを…!!

一回戦終了。振り向いた娘は私に向かって小さくガッツポーズ。勝ちました…!!
しかし、それと同じくらい今日1のMVPは終わった後「ありがとうございました。」と頭を下げた相手のデュエリストだったと思います✨

一回戦が終わり、私のところへきた娘に小さくガッツポーズ返し。
「やったね!!一回戦突破おめでとう!」という私に「ありがとう。」と小さく返す娘。そして、

「ねぇ、ママ、大会って自動でシールド割れたり、マナに送られたりしないんだね。画面とかもないし、クリーチャーも出てこないんだね。まずそれにびっくりしちゃったよ。」

…………………マジ?
ママはまず、その発言にびっくりしちゃったよ…。

娘の頭の中ではアニメのようにドームレベルの会場に大きなモニター、自動でカードが動き、クリーチャーが飛び出す、と思ってたらしい。
……ここ普段、会議とかで使ってる部屋ですからね。
……9歳のブレインってこんな桜満開な感じだったけ…?
とにもかくにも現実を知って一つ大人になりましたね。

そして、3位決定戦。

相手は先日菅プロとの特訓の際、長期戦の末負けた月光王国デッキの使い手。

先行は娘。
小型クリーチャーを並べ、墓地を肥やし、着々と切札♾龍ゲンムエンペラー召喚の準備を進めていく娘。
それに対し、おしおきムーンを上手く発動させてシールドを増やしながら娘のバトルゾーンのクリーチャーを削っていく相手。
試合は長期戦に。
気付けばもう対戦し終わった他のデュエリスト達が遠巻きにこの試合の行く末を見守っていました。

娘、シールドを全て割られるもトリガーを連発し、とどめを回避!更に次の自分のターンまで相手のクリーチャーは全て動けない!!

そしてとうとう…
♾龍ゲンムエンペラー、召ー喚!!

次のターン、娘、相手のシールドをワールドブレイク!!
これで一気に逆転か!!!

と思ったその時!!相手のシールドトリガー、発動…!!コスト5以上だったのでゲンムエンペラーの効果は通じませんでした。
そしてまた増やされるシールド…。
そのあと1ターン粘るも、最後はダイレクトアタックされてしまいました。

「あぁ………」

と思わずため息が漏れる見守るデュエリスト達。

相手も山札残り5枚という大接戦でした。

「ありがとうございました。」

と蚊の鳴くような声で頭を下げ、トボトボと私のところへ戻ってくる娘。

「あーあ、負けちゃったぁ。月光王国、強いぃ…。」

と悔しさを滲ませていました。

参加賞を受け取り、帰り道。

「お疲れ様!でも、いい試合だったよ!一回戦は勝ち抜いたんだし!!」
と慰める私に
「楽しかった!!来年も出る!」
と思ったより元気な様子の娘。
「次は月光王国に負けないデッキ考える!!菅プロに今度相談してみる!!」
…と意気込む娘にお伝えしたい事があります。
多分、来年の今頃はもっと新しい強いデッキができてると思います。

なんて思いながらふと娘を見ると目にうっすら涙が…。

「あー、悔しいぃなぁ…。」

とつぶやく娘に少し成長した姿を見ました。

「お昼、なんか美味しいもの食べて帰ろっか。何が食べたい?」
という私に
「じゃあ、お寿司…
と項垂れながらもしっかり主張してきたのでその日のランチはちよだ寿司を買って帰りました。