娘が夕飯中、突然

「そうだ!!ママ!!学校でCDが必要なの!!ドッチビーで!!なんかみんなが知ってる曲!!なんか!なんかない!?」

と慌てた様子で見せてきた手の甲にはでかでかと「CDわすれない。」のメモ。
…それ、油性マジックじゃね…?

・・・・とりあえず落ち着け。そして整理させて欲しい。
まず、ドッチビーって何?

「フリスビーでやるドッチボール。」

へえ~、そんなのがあるんだぁ。で、何でそれにCDが必要なの?

「試合中にかけたいんだって。」

どんな曲でもいいの・・?

「みんなが知ってるような流行りの曲!!」

いつまで?

「明日!!」

……………。

あなたはなぜいつも急なのか・・。絶対もっと前に言われていたはず・・。

そして、このデジタル化の進んだ時代にどれだけの家がみんなの知ってるような最近の流行りの歌をCDで持っているというのだろう・・。

とりあえず2人でCDラックを探すことに。

うっわ、懐かしい・・・!!(一部です。)
2Aj8K1Dmvj.jpg

蘇る青春。名曲ぞろいだなぁ・・。やっぱりCDもいいなぁ・・。

感慨に耽りながら探していると娘が

「ママ!!これ何!?」

とこんなCDを引っ張り出してきた。

これは・・・・。
oHNErGHP4G.jpg
20年前、「エクセルサーガ」から発生した、伝説のユニット、エクセルガールズ!!(もう、自分で伝説と言っていくスタイル。)

「なにこれw!!ナニコレーw!!」

・・・・・・・・・・・・・・・。

決して、決して黒歴史なんかではない。。寧ろこれで色々鍛えらたからこそ、今があるといっても過言ではない。
(もっと言うとその後に出ました「ぷにぷにほえみぃ」は更にお勧めです。)
しかし・・エクセルガールズ、ぷにぷにほえみぃ、声優としてファンの皆様には胸を張ってマジでお勧め出来る逸品。だが、母として成長過程にある児童に勧めるにはまず家族会議の余地はありの迷品。

disってません。これはdisりじゃあ、ありません。
そう言う二面性のある芸術品という事です。

などと滝汗を流しながら娘への返答をフル回転していると
「ママ、この曲、みんな知ってる・・?」
と聞いてくる娘。

・・・・・うーーん、クラスのお友達は知らないと思う。でもそのご両親はワンチャン、知っている人がいるかも知れない。

「?そっかぁ~。あ、ねえ、これって白い方がママ?」
8EGJcPeWFu.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・。

娘が生まれて9年。守りたい、培ってきた母の威厳。しかし、

そ、そうですね・・。白いのママです。ママが20歳くらいの時です。

「え~~!!なんでこんな格好してるのぉ~!?ウケるーーww」

さらば母の威厳。

「ママ、今も同じだね!!」


・・え?