小2の息子はゲームが欲しいらしい。

私たち親チームはゲームはまだという判断。

息子のお友達はゲームを持っているらしい。

従姉妹の子ども達もゲームを持っている。

息子はいつも貸して貰ってやらせてもらっている。

私も子どもの頃はゲーム機が我が家に導入する時は周りより遅かったし
買ってもらってからも充分なソフトの数では無かったので、いつも友達の家に遊びに行って
まず友達がやっているのを
よだれを垂らして待ち続けて
友達のお母さんが
庄司君にもやらせてあげなよ!っと
私にとっては神のような言葉を言ってくれてから
じゃないと、コントローラーを持つ権利はなかった。

だから
息子の気持ちは凄いわかるのだ。

ポータブルゲームを持つ息子のお友達。
もちろん、お友達が中心となり
両サイドや後ろに息子やその友達が囲む。

わたしの幼少の頃と全く同じ位置で
どこか切ない顔をして画面を見つめる。

家にゲームは無いのに
友達から聞いたゲームの話で
ゲームの知識だけは仕入れている息子。

キャラクターの絵も描けるようになっている。
ゲームをやった事ないのに…

この前車に乗っている時に
今年のクリスマス、サンタさんに
ゲームをお願いするんだ!と無邪気に言っていた。

その前は顕微鏡が欲しいって言っていたのに
ゲームに変わっていた。

あれ?顕微鏡って言ってなかったっけ?
と聞いたら
顕微鏡も欲しいけどゲームも欲しくなった。
と言う。

うちのサンタクロースはゲーム持ってきてくれないんじゃないかなぁ?と
勝手な事を言う私。

でも〇〇君が去年のクリスマス、サンタさんに
ゲーム貰ったって言ってたから
うちに来るサンタさんもお手紙にゲームってお願いしたらプレゼントしてくれると思うよ。って
ピュアな気持ちで伝えてくる。

苦しい…
欲しい気持ちもわかる。

あげたい気持ちももちろんある。
でも
きっとゲームをプレゼントしてしまったら
息子はゲームに夢中になり
何も手をつけれなくなって
怒られる回数が増えると思うのだ。

ゲームのコントローラーを持って
中心でゲームをして
周りにお友達に囲まれて楽しい時間を
過ごしてやりたい気持ちはあるけど

まだまだ私たちの判断ではゲームは遠いのだ。

息子との約束で

宿題などのやらなきゃいけない事を
自分で考えて出来る様になった時
クリスマスが遠くても
誕生日ではなくても
私からゲームをプレゼントすると約束しているのです。

ゲームが欲しかったら自分で手に入れて欲しい。

厳しいのかな?って思う時もあるけど

テレビゲーム以外で楽しいモノも沢山ある。

家族でトランプしてると本当に楽しい。
息子と、私と、娘と妻チームとでやるババ抜きは
最高の時間。


ゲーム機も進化していく中
我が家はトランプというアナログなカードゲームに夢中です。

子どものゲーム解禁問題と
後々やってくるスマホ解禁問題
子ども達ともしっかり向き合って
家族で考えていきたい。