今回『百舌鳥-MOZU-』のカップリングとしてA.B両方に収録されることになったSilence WORLDと言う曲の紹介をしたいと思います

曲調はミデアムバラードで構成もシンプルなんですが各楽器のアレンジが1番難しかった曲です。

この曲のアイディアは実は前作の『PHANTOM』の時にもうすでにあってイントロフレーズだけは出来上がっていてこれいいなぁくらいに思ってたんですが

鴾弥くんが「このイントロはかっこいいからこれで曲作って次のCDに入れよう」
って実は百舌鳥よりも先にCDに入る事が決まってたりとなかなか思い入れのある曲です。
このSilence WORLDの魅力にもなっていると思うのがアコースティックギターで、今回の収録曲の中で唯一弾き語りから作った曲って言うのもあるんですが、
バッキングはもちろんアコギソロまであってアダルトな哀愁感を出すことができたんじゃないかと思っています。

もちろんバンドサウンドやそのほか鍵盤やストリングスに関してもこれでもかってくらい聴きごたえのある楽曲になっているんですが
個人的にこの曲は1番が終わってからの展開やサビのバライティーの多さが凄いです。

合計で4回サビがあるんですが全部アレンジが違い4回とも違った表情を見してくれます!

こんなアレンジにしといて言うのもあれですが、よくもまぁ鴾弥くん4回とも見事に歌い分けてくれたなぁー、、、


と、完成した音源を聴いて思いました笑

ほんとにこの曲に関しては聴いてもらわないと、なかなか伝わらない部分も多いと思うのですが見方によっては『百舌鳥-MOZU-』よりも世界観のあるレベルの曲になっています。

そして不思議なことに僕や鴾弥くん
この曲を聴いていると百舌鳥のMVの情景が浮かんでくると言う『百舌鳥-MOZU-』とも相性バッチリの楽曲に仕上がっています。

リリースまであと少しですが、みなさん是非『百舌鳥-MOZU-』をお楽しみに!!
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4169.JPG