『東京ゲルニカ』のBtypeに収録されているこの鬼畜テロリズム
この曲は前作『窒息に遊ぶ』を作る時に作った曲でシングルが『東京ゲルニカ』と言うタイトルに決まるまで実はこの曲をシングルにしようともなっていた曲だったりします

もしこの曲がシングルだったらタイトルや歌詞は今の物とは違うものになっていたかもしれないし結果カップリングの方がトキヤくん的にも好き放題のびのび書けたのかもしれないですね

この曲のデモを1番最初メンバーに送った時はサビも無く
俺がしたかったのはイントロのバンドセクションとギターが同じフレーズを弾き続けてるなかドラムが展開されていき逆ダイのキメに繋がるって所で
同期も付けずにバンドサウンドでこの曲はサビとかダサいと思っていました

ですが、メンバーからサビはいるよっと諭され今の形が完成したわけです。

まだライブでは披露していませんが今回の作品『東京ゲルニカ』の中では1番ライブ向きというか新曲3曲の中では1番SHIVAらしい得意な曲じゃないかなと
曲の尺もループしたりライブで育てていける曲じゃないかと期待もしていてこれからのライブでは大活躍してくれることでしょう

SHIVAのこういう曲でギターソロがあるのも珍しいデモの段階からベースソロ→ギターソロ→後半は全員で落ちていく(なつきくんいわくロケットダイブセクション)って流れはやりたくてシンプルですが結構バンドのグルーブ感を重きに置いたセッションが意外と多いのでそこもライブでは見所ですのでお見逃しなく!!

後歌詞は完全な鴾弥節ですよね
レコーディング中歌詞渡されて、最初の頃ならん???ってなりましたがもう驚きません

コレはもう歌詞がこうなる事は知ってた!!

もうSHIVAでは当たり前の事!!

ってな感じでライブでは我らが破壊のカリスマが圧巻のステージを見してくれる『鬼畜テロリズム』お楽しみに!!
_XBiKOUk_S.jpg

今回のシングル『東京ゲルニカ』のカップリング曲TIMELESSなんですが正直今回のシングルには入らないかなぁっと俺は思ってた曲です

ってのも今回新曲を馬鹿ほど作れって無茶振り振られてて、、、
↑ん?マジでふざけんな、、、産みの苦しみを全員味わって物を言え!!!!殺すよ???

てな感じの中でどの曲を入れるか選考会で17曲分のデモをメンバーに送った中で期限的にまだ完成していない状態の曲だったと言うか、もうちょっと作り込んでからやりたいなと思っていた曲でした。
メンバーに送ったデモはCDの2番からのイントロ→Aメロ→落ちBメロ→ハーフサビ→サビって構成で
この曲Bメロから先にできた珍しい曲でBメロで打ち込みのエフェクトのかかったドラムの音を使っているんですが、こんなドラムの音を使いたくてそのイメージから最初ドラム作ってコードとメロを乗っけた感じでCDに入っている前奏と2番Bメロのドラム実はデモの物をそのまま使っています。
そしてハーフサビからもう一回別のサビを作って二度美味しいみたいな事をしてみたり
後この曲コード進行がめちゃくちゃ複雑でSHIVAではあまり使わないテンションコード入れたりとなかなか色気付いた事もしているのでそこも耳を傾けて下さい

あと個人的に今回の作品『東京ゲルニカ』で1番カッコいいベースラインはTIMELESSのギターソロ前半の後ろの疾走感のあるベースラインが優勝だと思っています。

イントロのギターはいつものごとくヘビーな1番のデスボセクションでも使われているリフとその上に開放弦を使ったピッキングハーモニックスを常に半分かけたリフを合わせて疾走感が出るように意識して作りました。

ちなみにフレーズやピッキングのニュアンスの元ネタというか参考にしたのはマイケル・シェンカーのキャプテン・ネモと言う曲なので興味のある人は是非
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0239.PNG

久しぶりの曲紹介ブログって事で毎回何から書けばいいのか、、、って感じなんですが

今回募集した質問から答えようかなと
結構多かったのが俺が作るデモは各パートどこまで作っているかって言うのなんですが、凄いザックリ言うと俺の頭の中に鳴っている音はできる限り全部作ります。

てっ言うのもSHIVAはレコーディングをボーカルから始める事が大体でデモの状態の曲からの雰囲気や世界観をくみ取ってトキヤくんには歌詞を書いてもらい、デモの伴奏の上に歌を録っていくのでシングル曲や力のこもった曲ほど各パート同期含め皆んなのもとに届き聴いている物に近い状態までは作り込みます。

そしてこの『東京ゲルニカ』はバカほど脳みそこねくり回して作った曲です。

曲のメロディや各セクションがサビと決めフレーズ以外一回ずつのしか出てこなかったりチョイチョイ変拍子入っていたりと、かなりややこしいです。

この曲はサビでジャンプ曲そろそろ作るかって事でザビから作ったんですがとりあえず曲のテンポから決めようとそこからスタートでした。

結果BPM151と言うテンポが1番シックリ来たのでそこでメロディを考えていったんですがここで最初の課題『東京ゲルニカ』ってなんだ???

だいぶ悩みました東京ゲルニカってなんやねん!!!!誰がこんなタイトル決めてんふざけんな!!!!ブチ殺すぞ!!!!ってな感じで過去の自分の軽率な発言を悔やみながらの日々が続き

ゲルニカだけなら気持ち悪い蠢いている生々しい感じ
でも東京って文字が入ると近未来的なアクセントやんサウンドが欲しいなと思いイントロを考えていると、、、
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0202.JPG
結果デモ段階で26トラック作っていました。

今見返すと絶対ここまでする必要は無かったなと、、、笑


まぁでもこの曲なんとカッコいいのは言ってもリズム隊ですよ!!

デモで頭の中で鳴っているものは出来る限り全部入れると言いましたがこの曲のデモ作るためにベースとドラムの自分の思っている物に近いサウンドの弾いてみた叩いてみた動画見まくって高校生レベルくらいでめっちゃコピーしまくってました。
↑因みにここでもなんで俺がこんな事せなアカンネン!!!!ふざけんな!!!!と勝手にキレながら練習してました。笑

まぁ半分八つ当たりくらいでこの曲のベースとドラムのデモはゴリゴリにつけたんですが、結果いい感じにしてくれたのでリズム隊2人には感謝です。

ありがとう


ほんとにこの曲は作曲家って感じで気付けばギターは二の次くらいでしたがフル尺作ってからギターソロ入れたらって事になったのでここでもまた頭を悩ますことになり
この曲普通にソロ弾いても絶対ダサいしここまで作ってきた曲の世界観を表現した物じゃないとギターソロの意味が無いなと思ったので
フレーズ的には変拍子キメの掛け合いがあって今までよりも拍を体感的に細くとってギターの音はPHANTOMのイントロと同じでオクターブ上と下を両方鳴らし若干揺らして怪しさと近代的なサウンドを作っています


てな感じで個人的な怒りと憎悪の中産まれた楽曲がこの『東京ゲルニカ』です。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0074.JPG

↑このページのトップへ