まず今回New Single『百舌鳥-MOZU-』を聴いてくれたりツアー『百舌鳥ノ産声』『凶鳥屠殺』参加してくれて一緒にSHIVAを盛り上げてくれたみんなありがとう
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4458.JPG
前の5人の頃からSHIVAを応援してくれて今でも俺たち新体制SHIVAを応援してくれているシヴァチルや『PHANTOM』や今作『百舌鳥-MOZU-』から立派なシヴァチルになってくれたみんなのおかげで最高のツアーになりました

俺自身この百舌鳥やツアーで沢山の事を学んだり得る事が沢山ありました

それは俺がこの子達シヴァチルに沢山助けられている事や俺がめちゃくちゃみんなが大好きだって事で俺はもっとみんなの大好きなSHIVAを大っきなバンドにしたいしみんなを守れるくらいの大きな漢になりたいと思った

もっとみんながワクワクするような次は何が飛び出すんだろうみたいなSHIVAを作りた
それで喜んでくれるシヴァチルみんなの顔が俺は見たいしそんなSHIVAを胸を張ってシヴァチル全員が自慢できるようなバンドに俺たちはなるよ

正直今まで色々な心配をファンのみんなにはかけたと思うけどもう大丈夫

言っとくけど俺めちゃくちゃ修行したよ

SHIVAや俺を応援してくれる子達はもちろん今までSHIVAを見た事がない子達にも言いたい『窒息に遊ぶ』かなりヤバイから覚悟して待っててくれ

本当にシヴァチルみんなありがとう愛してます
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4438.JPG

本日『百舌鳥-MOZU-』フラゲ日です!!

これを読んでくれている人の中にはもうすでに聴いてくれている人もいるかもしれませんね

って事で今回最後に曲紹介さしてもらうのはBタイプに入っているカップリング曲のDutchWife Syndromeです!!

出だしで言うのもなんですがこの曲のタイトルがすでに物語っているようにただの変態ソングです。

ネーミングセンスが性癖と同じなのでシヴァチルの皆さんならお気付きだろうと思いますが性癖よりもこの曲はだいぶ癖強めに仕上がっております

もともとはラウドでカッコいい曲が作りたいなと思って作ったんです
そしてラウドでカッコいい曲ができたんです

、、、しかし!!!!

今回鴾弥くん見事に作曲者の期待を裏切り倒しめっちゃめちゃ癖強めの歌詞をつけました!!!!

初めて歌が入った状態のこの曲を聴いた時歌詞のインパクトが強過ぎて脳みそフリーズしました。

冷静な感想としては僕1人では絶対に完成することが無かった曲と言うか鴾弥くんに全て持っていかれたなぁって感じです。笑

さて鴾弥くんの話はこれくらいにしてDutchWife Syndromeの曲調はと言うと今までのSHIVAには無いタイプのヘビーな曲なんですがギターはインド音階を多様して僕なりのSHIVAらしさみたいなものを追求したラウドな楽曲になっています。

どの曲もギターリストとして曲を作ったりアレンジする以上は歌よりも先に聴くイントロで、この曲カッコいいと思わしてやるって気持ちでギターを考えるんですが百舌鳥同様にこのDutchWife Syndromeもかなりギターゴリ押しのカッコいい曲なのでみんなに聴いてもらいたい!!


今回の『百舌鳥-MOZU-』の中では1番ライブで化ける曲なような気がしたり
この曲のレコーディングでは各メンバーいきいきと好き勝手にした曲なのでバンド感はズバ抜けているはず!!

p.s.
歌詞はすこぶるキモいです。
と言うか正直引きました。



今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。
これから始まるツアーで今作『百舌鳥-MOZU-』の中に好きな曲ができたりあなたにとって大切な曲ができれば幸いです。
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4170.JPG


今回『百舌鳥-MOZU-』のカップリングとしてA.B両方に収録されることになったSilence WORLDと言う曲の紹介をしたいと思います

曲調はミデアムバラードで構成もシンプルなんですが各楽器のアレンジが1番難しかった曲です。

この曲のアイディアは実は前作の『PHANTOM』の時にもうすでにあってイントロフレーズだけは出来上がっていてこれいいなぁくらいに思ってたんですが

鴾弥くんが「このイントロはかっこいいからこれで曲作って次のCDに入れよう」
って実は百舌鳥よりも先にCDに入る事が決まってたりとなかなか思い入れのある曲です。
このSilence WORLDの魅力にもなっていると思うのがアコースティックギターで、今回の収録曲の中で唯一弾き語りから作った曲って言うのもあるんですが、
バッキングはもちろんアコギソロまであってアダルトな哀愁感を出すことができたんじゃないかと思っています。

もちろんバンドサウンドやそのほか鍵盤やストリングスに関してもこれでもかってくらい聴きごたえのある楽曲になっているんですが
個人的にこの曲は1番が終わってからの展開やサビのバライティーの多さが凄いです。

合計で4回サビがあるんですが全部アレンジが違い4回とも違った表情を見してくれます!

こんなアレンジにしといて言うのもあれですが、よくもまぁ鴾弥くん4回とも見事に歌い分けてくれたなぁー、、、


と、完成した音源を聴いて思いました笑

ほんとにこの曲に関しては聴いてもらわないと、なかなか伝わらない部分も多いと思うのですが見方によっては『百舌鳥-MOZU-』よりも世界観のあるレベルの曲になっています。

そして不思議なことに僕や鴾弥くん
この曲を聴いていると百舌鳥のMVの情景が浮かんでくると言う『百舌鳥-MOZU-』とも相性バッチリの楽曲に仕上がっています。

リリースまであと少しですが、みなさん是非『百舌鳥-MOZU-』をお楽しみに!!
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4169.JPG

↑このページのトップへ