野毛大道芸の存続危機のニュースを知りました。(神奈川新聞)
僕も初めて出演させて頂いたフェスで、そのときのご恩は忘れません。
けれど、国内の「大道芸」のフェスはどこも似たような状況になっているのではと思います。

スタッフも出演者もボランティアも毎年固定化していて、ほぼ「同窓会」に近いノリになっています。

僕は以前、ある大道芸フェスの写真展を見たことがあります。
どの開催年の写真も、観客の中に10代半ばから30代前半の現役コア層の方々がほぼいないのです。
大道芸に拍手した子供たちも、数年後の多感な思春期に入ると来なくなる。
エンタメのコンテンツに選ばれなくなってしまうのです。
(結婚して子供が出来ると家族でいらっしゃるのですが)

日本人は芸に対して変わらぬことを求めますが、フェスの構造自体がそれだと絶対に細っていきます。

毎年すべての出演者が全て入れ替わる、或いは今のカルチャーのトレンドが入っている、などの脱・「大道芸」化にシフトしないと、フェスの存続は今後ますます難しいのでは無いでしょうか。。

Bhn4IhqBA4.jpg
僕は、ロープを長方形に敷きます。
それは、お客さん自身にキレイな輪を作って頂きたいからです。
半円、正方形と経て、この長細い長方形がいちばんイイと分かりました。
このカタチだと、お客さんが自主的に輪を作ってくれるからです。

もしかしたら、「キレイな輪」の定義が、僕と他のパフォーマーでは違うかもしれません。

僕にとってそれは、
『お客さんが集まって自主的に出来た輪』です。

ほとんどのストリートパフォーマーは、ひとしきりテクニックを見せたら

「近くに寄って下さい!」

と声を出して、お客さんを自分が敷いたロープ間際まで寄せようとします。
これはとても逆効果だと、僕は思います。

パフォーマーの目的は何でしょう。
1秒でも長く自分のパフォーマンスを、見知らぬお客さんに見てもらう事です。

なのに、『近くに来て下さい』と言われたら、逆にその場をいつ離れようかという意識をお客さんに植え付けてしまいます。
(パフォーマーがよほどの美人か、好感度満点でしたら違いますが)

お客さんは、あまのじゃくなんです。

そうならないためには、
『自分の意志で、ここにとどまった』
というモチベーションをキープしてあげるべきです。

簡単な事ですが、お客さんがご自身で選んだ場所で、好きなだけ観て頂くほうが長く観て貰えます。
そして、後から来るお客さんは、ちゃんとスキマの空間に立ってくれます。
a25WDumeLu.jpg
少しまばらでも、
少し左右に偏りがあっても、
人々はいつもその空間で自分が居心地のよい立ち位置を探します。

その結果が、僕の考える
「自然な集客の輪」です。
多少いびつでも、自然である方がキレイなのです。

そのためにはそこに敷くロープは
『ここまで来て下さい!』
というパフォーマーの意志が明確に伝わる明快なカタチより、
「お、どこで見ようかな」とお客さんに思わせる、
少し宙ぶらりんなカタチの方が良いのです。

長方形は、そのためです。
念のために、ここまで書いたことは純粋な大道芸のときです。
「大道芸」フェスティバルを含んでいません。

ぼくは、大道芸フェスティバルではほぼスタチューをしないのですが、そもそもフェスではスタチュー芸は効果が薄くなってしまうと思っているからです。

次回は、その話を書こうと思います。

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0407.JPG
スタチューになって人前に立ちます。
僕の場合は、高さ40センチのお立ち台に立ちます。
数分も経たずに、数十人くらいのお客さんに囲まれます。

さて。
その時、僕とお客さんとの距離は、
だいたい6メートルから10メートルの間です。
だから、僕を中心に半径6メートルから10メートルの半円が出来ている事になります。
これが、僕のデフォルトの空間です。

さて。
僕以外のスタチューの方々は、ロープを使わない方が多いです。
また、使ったとしても僕のように大きく面積を仕切る方はいません。

ロープとは何でしょう。

僕は、パフォーマーの「結界」だと思っています。
ここから先には入ってはいけない。
と、いう以外に
「このくらいの面積は支配しますよ」
という圧をかける事ができます。

そう、『圧』は大事です。
プレッシャー、あるいは緊張感と言ってもいいかもしれません。

僕の白リーマンは和やかなキャラクターですが、スタチューのときはかなり緊張感を出します。

100円玉が入ったときのリアクションが、その緊張感と落差があるほど、たくさんのお客さんを弛緩させ、笑顔を作る事が出来ます。

その代わり、圧をかけるにはちゃんとしたテクニック、「スゴい」という声が聞こえてくるくらいじゃないとダメです。

パントマイムが必要です。
ロープは、必要ではありませんが、あった方が有利です。
ロープさえあれば、サディスティックなお客さんから身を守ってくれます。
安全な環境で、パフォーマンスを磨いた方がトクです¥

さて、最近新しいパフォーマンスの3分動画を作りました。
DRAWING KNIGHTという絵を描くキャラクターの物語です。
楽しんで頂けましたら、幸いです¥

↑このページのトップへ