こんにちは。
トリセツメソッド@ちあきです。

2020教育改革の新学習指導要領ってどんな風に変わるかご存知ですか?
いろいろ項目はあるのですが、今回の改定の特徴の1つとして上げられるものに「非認知能力」があります。

〇非認知能力とは
Screenshot_20200309-135630_Chrome.jpg

認知能力(IQで測れる能力)に対して、テストなどでは測定できない、認知できない能力=非認知能力です。

具体的には

・目標に向かって頑張る力
・他の人とうまく関わる力
・感情をコントロールする力

などが上げられています。

「人間として生きていく力を育くむ」という昨今の幼児教育のトレンドもこれです。

小学校受験の行動観察でもこういうことを見られる内容だったりもします。

実際、幼少期に非認知能力を身につけておくと大人になってからの幸せや経済的な安定に繋がるという研究結果も出ています。

では、非認知能力の高い人とはどんな人なのか。

・失敗から学ぶことが上手
・自分で考えることができる
・違う価値観を柔軟に受け止めて表現できる
・新しい発想、発見ができる


経験したことがない世の中で新しいものを生み出していくためには、失敗から学んで挑戦し続ける粘り強さや、壁にぶつかったとき突破するためのアイデアをいくつも出せる発想力が必要で、まさに、多様化する未来を生きるためのスキルです。

中でも、困難な出来事を克服し、その経験を自己の成長の糧として受け入れる社会適応能力を「レジリエンス」と言うそうなのですが、これには演劇が効果を発揮するとか。

役が与えられることで自分の存在意義を実感し自己を肯定できる。
その役になりきることで他者の気持ちを感じコミユニケーションを、みんなで作ることで協力してやりとげることを学びます。

劇団とか大袈裟なものじゃなくても、家庭の中でのごっこ遊びや、家事分担としての役割を与えること、国語や英語の教材をパート分けしてお互いに読むことなども楽しんで本気でやることで「遊びながら学ぶ」に変えることができます。
小学校高学年以上のお子さんなら、1日親子を逆にして演じてみるのも面白いかもしれませんw

相手の立場で考えるって結構難しくて、分かってるつもりでも意外と分かれてない。
その人になりきることで相手の価値観が少し分かったりするもんです。

ごっこ遊びロープレ、ぜひ試してみてください♪


自分の価値観、大切な人の価値観を知る♥️
トリセツメソッドやってます✨

https://peraichi.com/landing_pages/view/lifemapnavi

コミュニケーションもなりたいジブンも
「恋するように観察して価値観を知る」ことで解決☆

こんにちは。
トリセツメソッド@ちあきです。

今日は日常生活のなかでできる『家庭学習』についてです😆

○家庭学習を楽しむ

具体的にどんなことをやっているんですか?とよく聞かれるので、実際に我が家でやっていることをいくつかご紹介します。


<映画で国語力を養う>

読書があんまり好きじゃないけど映像作品なら楽しめる!!場合は親子で一緒に映画のDVDを見て、ストーリーの構成や出てきた言葉の意味、好きなシーンを選んでそれぞれプレゼンし合っています。
(一緒にが好きなmoon向き)

・ロジカルシンキング
・語彙力
・プレゼンテーション能力

を養うことができます。
普段は忙しくてなかなか映画を見れない方はこのタイミングにぜひ☆

『楽しかったねー』
で終わるのではなく

『あの話の次が○○だったのはなんでかなー?』
『○○って言葉の意味わかった?』
『そのシーンが好きな理由教えて?』

こんな言葉をかけてみてください。


<newsでアイデア力を磨く>

子どもたちも関心のある旬なニュース。
『新型コロナ』が連日報道されているのでその内容を一緒に見ながら、どうすればみんなが困らないか、どんな商売やサービスがあったらいいか、などのアイデアを出し合っています。

アナウンサーの日本語はきれいなので言葉遣いも教えられるのと、ニュース用語などを覚えていくと楽しくなるようで、今では毎朝勝手にニュース番組を見ています。

さらに出てきた国や地域に関しても『どの辺だっけ?』とか『何ていう国の都市だっけ?』と質問すると地球儀で調べて答えるということを繰り返していると地理もバッチリ✨
(ワールドワイドなsun向き)


<子どもの好きなものでクイズshow>

最近やって面白かったのは、子どもの好きなアニメのタイトルや短い歌詞、YouTubeに出てきた英単語や英文をクイズにして出したこと。

たまたま昨日『NG』って言ってたから
『NGって意味わかって使ってんの?』
と聞いてみたところすんなり答えられて
『すごいじゃん!!!』
と誉めたら
『もっとクイズ出して!!』
と食いついてきましたw
(目的思考のearth向き)

問題作るのも大変なので、交代で子どもに出題させて親が答えるバージョンもやるとさらに楽しめます。
答えがわからない問題は一緒に調べることで、調べ方も学べますし、わかんなくても調べてわかるようになればいいんだーwという感覚も身に付きます☆


そして、今回はじめてチャレンジするのが…


<先生ごっこ>

我が家では、明日から2週間限定の先生ごっこをしてみようと息子に提案してみたところ
『ママが教えてくれるの?わかったー』
とOKをもらったのでやってみようと思います🎵

前日の今日は準備ということで、教材と範囲の確認です。

・この期間に出てるプリント
・教科書
(学校でどこまでやったかの聞き取り)

改めて小4の教科書を読んでみると
『へー』『そうなんだ!!』があってなかなかおもしろい。
(不安なところはGoogle先生で事前に予習w)

2週間で終わらせるには1日どのくらい進めるか、だいたいの見当をつけたら今日はおしまい。
授業は明日から始めてみます☆


自分の価値観、大切な人の価値観を知る♥️
トリセツメソッドやってます✨
https://peraichi.com/landing_pages/view/lifemapnavi

コミュニケーションもなりたいジブンも
「恋するように観察して価値観を知る」ことで解決☆

こんにちは。
トリセツメソッド@ちあきです。

SQ(ソーシャルインテリジェンス)ってご存知ですか?
別名生き方の知能指数と呼ばれていて最近注目されているスキルです。

IQ→知能指数
EQ→心のIQ
SQ→コミュニケーションのIQ

アドラー心理学でも『すべての悩みは人間関係に起因する』と言われているように
人は一人では生きていけない以上、常に他者との関わりは避けられない。

学校でも、会社でも、コミュニティでも、いろんな人がいるし、合う人、合わない人、好きな人、苦手な人がいます。
避けられないなら少しでも上手にやっていきたいですよね。

合う、合わないはとどのつまり『価値観の違い』だと思っていて。
一番大切にしてるモノ、コト、考え方が違うから、その聖域への踏み込み方だったり、扱い方だったりが違う。
自分にとっては些細なことでも、相手にとっては命の次に大切なことだったり、冗談で言った言葉で深く傷つけてしまったり。
同じ行動をとってるから同じ気持ちだとおもっていたら全く違う動機でやっていたり、言葉の解釈が全然違っていたり。

こんないろんなすれ違いが毎日のように起きていて、そのなかで他者との関わり方をぶつかりながら学んでいくものなんだけど、その過程で深く傷つきすぎて心を閉ざしてしまう人もいる。

仕事柄、いろいろな人のカウンセリングでこれまで生きてきたその人の物語をお聞きするのですが。

心に蓋をして生きてる人、多いです。

周囲から求められる自分を演じている。

自分のことが好きじゃないという若い子も多いです。

その結果、自分が何者なのか、何をしたいのか、何が好きなのかわからなくなってしまっている。

完璧な人なんていないし
みんな面倒なとこもあるし
でもみんな素晴らしいとこもある。

ひとりでも多くの人が人間関係の悩みから解放されて自分らしく生きれたらいいのにという思いから『トリセツメソッド』をやっています。

なかでも最小単位のコミュニティである家族、親子のすれ違いは私の人生の一番のテーマ。

社会を生き抜くSQ、ソーシャルインテリジェンスを身に付けられるトリセツメソッドをお気軽に体感していただく講座を開催しているのでぜひ一度お越しください🎵

4月からはトリセツメソッドを体系的に学んでいただく『初級研究員講座』もスタートします。

もっと詳しく知って、身近な人とのコミュニケーションに活かしたいという方はこちらがオススメです❤


コミュニケーションもなりたいジブンも
「恋するように観察して価値観を知る」ことで解決☆

https://peraichi.com/landing_pages/view/lifemapnavi

↑このページのトップへ