HINA-MATSURIでマカロニえんぴつのはっとり君が歌ってた深夜高速がとっても良い曲で気になって
フラワーカンパニーズをポツリポツリと聴き始めたのですが


が。


_20200702_233122.JPG
アルバム「新・フラカン入門」

丁度はっとりくんが歌ってた「深夜高速」が収録されていたので聴いてみました!

はっとりくんの歌う深夜高速も勿論良かったんだけど、原曲は更に更に…イイ……

ノスタルジックなサウンドとメロディー
春風みたいなやさしい歌声


アルバム通しで聴いてるうちに
涙が止まらなくなってしまって
小一時間程ボロボロに泣きました

ズビズビ泣いてたらネッコに心配される始末
そのままネッコ抱き締めて泣きました
いっぱいいっぱい泣きました


エルレの時と同じ現象じゃーん。


なんか
背中とんとんされながら
優しく撫でてもらってるような気持ちよさ

個人的に「感情七号線」がとてつもなく刺さって

果てしなくあったかくて幸せで
それがなぜかどうしようもなく悲しくなってしまって

私は弱いし身勝手だし
自分に甘くて他人には辛辣で
酷いことも沢山してきたし
汚い言葉を吐いたことも沢山ある
今だって醜い感情をずっと持ってる

だから
こんな気持ちよさに身を任せていい人間ではないはずなのに
フラカンの優しさを甘受してしまう自分の甘ったれた部分とかが
なんか手に取るようにわかってしまって
自分の至らなさが苦しくて苦しくて

それでもフラカンの音楽は
どこまでもやさしくてあったかい
どれも選べないくらい良い曲ばかり

この世はきらいなことばかりだけど
こんな風にどうしようもなく幸せになってしまう瞬間が不意にやってくるから
人生やめられないよなぁ

生きていてよかった

もっと自分を大切にして
もっと人に優しくなろって思った

むずかしいけど

今日も音楽に救われちゃいました💪🌞💪



すぐに解るよ

きみがきみでいなきゃ ぼくもいないんだ

何処かでいつか また会えるなら

輝く目を見れば  迷いはないと解るよ

受け入れよう


テナーのGraffitiが沁み沁みに沁みてて
最近よく聴いてる
耳がしあわせ


なんか
辛かった時間とか忘れたい過去とか
時折フラッシュバックしてくるそういうもの達を
無理矢理脳裏の端っこに追いやったり
見ないように下ばっかり向いてたり
そんなことを何度も何度も繰り返してきた人生だった

だけど
その一つ一つが年輪みたいに層になって
今の私の足元を支えてるのだとしたら
なんかいとおしくて
ちょっとだけ手のひらにのせてまじまじ観察したくなったりして
好きにはなれないことばかりだけど
そこに在っても嫌じゃないくらいにはなれるかも

たまには思い出して泣いたりするけど
そんな時間もまた必要で
何度も反芻して噛み砕いて
やがて消化していくんだと思う

いつかは
この苦い記憶がお砂糖みたいに甘く感じられる日がくるのかな
消化酵素で糖に分解っ!

今日も今日とて
音楽に救われちゃったな💪🌞💪


そういえば今日は久々に
嶽本野ばらさんの「ロリヰタ」を読み返したよ

十代の頃から何度も何度も読み返してる愛読書なんだけど
何度読んでもきゅうっと切なくて
最後はとっても幸せな気持ちになる

_20200626_154911.JPG
誰かに求められることを渇望する反面
何処かで諦めの気持ちも芽生えたりして
このページの最後の3行がとても痛々しい

でも「君」に出会って知るんだよ
「想い」や「気持ち」の正体と
それらが正しくあるべき姿を
IMG_nssl7f.jpg
_20200626_165516.JPG

言葉で1から10まで全ての感情を伝えることができたなら
肌の触れ合いなんか要らなくなってしまうわけで
何気なく握った手のしっとりした感触も
キスした後に目が合う気まずさも
セミダブルベッドに独りで眠る心細さも
味わうことができなくなってしまうよ

_20200626_165556.JPG
言葉っていうのはあくまでもコミュニケーションツールの一つであって
伝わるということも勿論大事なんだけど
一番大切にしなくちゃいけないのは
言葉にしても肌の触れ合いにしても
そこに想いが乗ってるかどうかなんじゃないかな

きっと言葉と言葉の間にある隙間には
見えない沢山の想いが詰まってる
厚みがある言葉を紡げる人っていうのは
それだけ言葉にならない想いが強い人なんだと私は思う

そして伝わらないもどかしさは
想いの強さを加速させるのに必要な要素なんだよね多分
全てが何の弊害もなく伝わってしまったら
想いはどんどん弱くなってやがて消えてしまうと思うから
そうなったらこの世界超つまんないじゃん

私は私なりのやり方だけど
誰かの言葉をちゃんと大事に扱いたいなぁ
そこに込められた想いまで少しだけでも読めるような人間になりたいなぁ
なんて
忘れかけてたことをにぎにぎ確かめたりしてましたぬ

Graffitiもいいけど
Art-schoolのLOVE/HATEとかも聴いちゃお

いよいよ
今夜はひなっちのHINAMATSURI🌞
わくわくがとまらないっ
充電満タンにしとかないと!

ちなみに昨日の夜はナシラジ聴きながら独り笑い転げてましたw
ナッシングスのナカヨス尊いわー
おかげさまで毎日楽しく過ごしてまっす!


今日はナッシングスの配信シングル
NEW HORIZON🕊️とDream in the Dark🌟

この2曲について個人的に感じたことを
徒然書き留めていきますん_〆(゚▽゚*)

「超私的」に感じたことを感覚で書いていくので解釈違いがあっても許してね!
音楽的知識もないくせに偉そうに語ってんじゃねぇーとか言わないで…!


完全主観の備忘録であり
独り善がりのライナーノーツだから!


そこんとこよろしくねっ❤️


まずNEW HORIZON🕊️

出だしから熱々で
そして全面に放ってるオラオラ感
ワルいわ……
12時の方向からワルが迫ってくる…
よく見ると片手に英語の教科書持ってる…
これはヤバいやつだ…逃げよう……

ずぅーーーんとした重低音の中にクラップ入れるって斬新
思わず後退りしたくなる迫力
それからBメロのガリガリしたリズムの刻み方とか
なんか正面から睨みつけられてる気がして怯む
つよつよのつよ

ライブでみんなとクラップしたいなぁ
拓ちゃんの煽りとお客さんの熱の呼応を想像しただけでなんか痺れてきちゃうねぇ

そしてAメロBメロの音が熱い分
サビのクリアな響きが際立ってる気がする
なんか急に拡がるから切なくなる
風に任せて大きなベールを広げるような
一瞬を限りなく引き伸ばしたような反響のスローモーション
ABメロの現実的な曲調とサビの幻想的な曲調の間で感情が揺れてしまう

特にCメロの優しいギターサウンドで泣きそうになる

そっかぁ…
夢はいつか醒めてしまうけど
何度孤独の中に置き去りにされても
いつか負ってきた傷達が地図になりコンパスになり ゆく先を示してくれる
そう思えば重ねてきた傷痕も悪くないなって思える気がする
なんか魔法が解けたシンデレラに残ったガラスの靴に似てるね

NEW HORIZONは個人的に鉄分の多めな「赤色の大地」っぽいイメージで聴いてて
枯れそうな大地で強烈な日射しにジリジリ炙られてる感じ
サビの爽やかさは滔々と水飛沫を上げる巨大な滝っぽい感じもする
音の拡がりが「潤い」って感じ
砂漠に現れたオアシスっぽいとこもある
全体的な音の厚みに大気の流れも感じる


そして次は
Dream in the Dark🌟

イントロが思ってたナッシングスのサウンドと違って比較的ポップでちょっとびっくりした…!
オニィの紡ぐ軽快なリズムの波にパラパラしたメタリックなサウンドが散りばめられてる感じ
どこまでも広がるきらめきの海
音のグラデーションっていうか全体的にゆるやかな光のうねりがゆらゆらしてる印象
曲調のスピードも「落ち着くとこ」からワンテンポ速い感じが更にテンション上げてくれる
所々入るコーラスの透明感がたまらない
ひなっちベースのリズムクセになるぅ

でも聴けば聴くほどやっぱりナッシングスサウンドっていうんだろうか
私はまだナッシングス沼歴浅いのでその辺はちょっとよくわからないんだけど
日本語歌詞のメッセージ性がスッと入ってきやすいメロディーだと思う
拓ちゃんの歌い方もなんかいつもより真っ直ぐで確固たる意思を伝えようとしてる感じっていうか
他の曲が斜に構えてるとかそういうことじゃないんだけどw
一文字一文字が熱くて
聴けば聴いただけしっかり心に刻みつけられてくる感じ
単純にDream in the Darkの歌詞大好きになっちゃったから余計そう感じるのかな

なんか
どこへ行ってもお前は大丈夫だって言われてるような気がする
どんなに姿形が変わってもお互いの「想い」の強さがシンクロしたら
どこにいても必ずシグナルをキャッチしてくれそうな安心感っていうか
変わってしまう事が怖い時も沢山あるから
そんな時 優しく手を引っぱって進みたかった方向へ連れていってくれそうな力強さ

あと2:20間奏ギターソロ前の生形ギターのギャゴゥゥゥン↓がやばい(IQ2くらいの感想)
そこだけでも30回くらいリピートした


NEW HORIZONが赤色の大地なら
Dream in the Darkは青色の星空っぽい
バタフライピーブルーの夜空にレモン絞ったような清涼感🍋
ブルーとピンクの綺麗なグラデーション

「変わっていく」ってことは
「変わらないもの」を持ってるからなし得られることだと思うんだ
揺るぎないものがベースにあって
そのステージの上でこそ変幻自在に物事を進められるんじゃないかな

変わり続けていくものを支えている「変わらないもの」の存在
私もどこかに持ってるのかなぁ…
自分のことはよくわからないや

インタビューで拓ちゃんが言ってたことを
至極個人的に解釈した結果
私の中でこの2曲は対になってて
NEW HORIZONの大地とDream in the Darkの星空
合わせると私の好きな世界になるんだぁ
果たして
ライブではこの2曲が邂逅する世界線を目の当たりにできるんだろうか
やだ…想像しただけで興奮しちゃう……

きっと
変わらないものを探す方が大変なくらいこの世は変わり続けてるものばかりだよね
私達が暮らしてるこの大地も地球が生まれてから46億年間常に動き続けてるし
毎日見上げてるこの空だって全ての天体が同じ場所にいる瞬間なんて今までもこれからも1秒たりともなくて

だから
この曲達を5年後、10年後に聴いたらきっとまた違う感覚を持つのだと思う
アーティストが変わっていくように聴き手の中でも捉え方は常に変わり続けていく

その中で「君を待つ」というワードの力強さに救われる
どこへ向かってもいいんだという圧倒的肯定感

変わることを怖がらなくていいんだ

心を剥き出しにしてると
それはそれは痛いこと沢山あるけど
琴線に触れたものをきちんと直視することを怖がってなくていいんだって思った
痛みも喜びも悔しさや恨みですら
私が愛する世界を形造る大事なパーツなんだと思ったら
きっとどの瞬間もいとおしくなる
自分を大切にすることの大切さみたいな

ここまで書いてて
まとめ方がよくわからなくなっちゃったので(笑)
とりあえず今日のところは
ここで終わりたいと思いまっす!

後々修正したり追記するかも

なんか好き勝手書いちゃったけど
思ってること整理できて良かった!


ニューホラとドリダクっていう酷い略し方をしてしまい
頭の中が牛丼のツユダクでいっぱいになってしまったなんて
言えない……口が裂けても……

27日の配信ライブ楽しみにしてますっ

↑このページのトップへ