田村心です。



舞台「魔界転生」
明日から公演再開です。

久しぶり
ぼーちゃん。



明治座。
これまた素敵な劇場。
ワクワクします。



初めて明治座を訪れたのは
約2年前「刀ステ」を観に行った時でした。



自分は花道の真横の席で
花道から三日月が自分の目の前に
登場した時は震えましたねぇ。
今でも鮮明に覚えています。



その時から
憧れの劇場の一つだったので
明治座の舞台に立てること嬉しく思います。







公演中止からの公演再開






去年から何度か経験しましたが
この心苦しさは慣れないものです。


公演再開
それは間違いなく嬉しくて
楽しみで、有り難い事だけれど


中止になった公演を
見に来てくださる予定だった方々を思うと
心残りというか...


色々思うことはあります。




再開となれば
僕らは前に進むしかなくて



けれどそれはどこかで
置いてきぼりになっている方が
いるんじゃなかと思ってしまうわけですね。






自分だったら
どう思うだろう。






情報解禁から楽しみにしていて
数ヶ月前からチケットを取って
予定を組んでいざ観劇の目前で
その楽しみが奪われたら。



それが数日後や数週間後に
公演再開になったら。



公演が再開した
嬉しさもあるけれどどこかで




自分だって見たかった




って気持ちになってしまう気がする。





けれど
悔しいはずなのに
悲しいはずなのに
来れなくなってしまった方や
自ら行かないことを選んでくださった方から
応援のメッセージや
励ましのメッセージを
頂くことがたくさんあります。




その強さや温かさに
パワーや勇気をいただける。




心残りが少し軽くなる気がする。




そして



頑張らなきゃな



ってより強く思えます。





エンタメにおいて
こんなことが去年から増えて
理不尽にというか
チケットを取っているのに
そこからさらに運やタイミングで
見れる人、見れない人が
生まれてしまうこの状況がかなり嫌。





全公演やりきりたいし
来てくださる予定だった方
全員に、皆さんに届けたい。





この情勢や
休演になったことで
舞台「魔界転生」を見ることが
叶わなくなってしまった方々にも
いつか何らかの形で
この作品を届けられますように。





そう信じて
明日からまた前に進みます。

より良い作品にします。

皆で繋いで駆け抜けます。





では。