僕にとって「水戸」という街はとても思い出深い街です。
実家からは1時間ちょっと離れていますが、
まだ地元に住んでいた時、長いこと入ってたスタジオも水戸でした。
そこでは数多くの楽曲や思い出がうまれ、出会いや別れもたくさん経験しました。
初めて、大好きなアーティスト・向井秀徳さんの弾き語りを観たのも水戸の美術館でした。
中学校の時に弾き語りをしたのも水戸駅。
なので、実際の故郷ではないのですが、
大好きな場所や大好きな人の居る街です。
最近水戸に歌いに帰る機会が増えてとても嬉しく思っています。

東京からは2時間ぐらいでしょうか。遠からず近からずですが。帰り道の電車がちょっとだけ早くて終電を迎えてしまうのでライブなど来た際は少し心配になってしまうかもしれません。
なので7月4日の真空ホロウ初水戸ワンマンは終演時間やグッズ販売の時間のことも考慮しようと思っています。
詳しいことは明日、ファンクラブブログに改めて書こうと思っていますので、是非読んでください。

明日は水戸から一駅の勝田という街で行われるごじゃっぺ音楽祭に出演させていただきます。
ソロで弾き語りでの出演です。
18時からライブがあって、その前にトークイベントにも参加させていただきます。
詳しくはオフィシャルウェブサイトをご覧ください。


『ごじゃっぺ』というのはネガティブにもポジティブにも捉えられる『いい加減』という意味の茨城の方言です。

真面目すぎると良く言われてしまって、
そのせいなのか、考え過ぎてしまったり、
煮詰まってしまったり、
それがうまく相談できなかったり。
そんな感情に陥ってしまうことが多々ある日々ですが、

ごじゃっぺでいかっぺ

と、少しリラックスして、
良い加減で、
良い意味で、
適当に、
その上で、
頑張っていければ、
良いなと思います。

同じく茨城出身の石崎ひゅーいくんが、
がんばれ!
間違って、
がんぱれ!

と書いてしまったという話をこの間うかがいました。

そうかもしれないな、
と思いました。

がんばらないで、

がんぱる、

ぐらいが、
ちょうど良いのかもしれません◎

茨城は、
街も食べ物ももちろんですが、

ステキな考えの持ち主ばかりで、
誇りを持てる、地元です。

ライブだけでなく、
是非、
遊びにもいらしてみてください❁



真空ホロウ
松本明人

_

𓅸真空ホロウ 初!!茨城・水戸ライトハウスワンマン!!
【#たやはぴツアー2019 〜新元号でもなんてことないね〜】
◎19時開演
◎チケット好評発売中!!

_

_

𓃺松本明人(真空ホロウ)
モデルとして写真集に参加しました!!
【#サブカル男子好きを殺す写真集 vol.3】
◎2019年7月25日発売
◎販売元▽
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3746.JPG