こんばんは。
本日の暴風雨、皆様ご無事でしたでしょうか。
真空ホロウ、ボーカルギター、松本明人は、
「良い機会だ」と部屋に籠り新曲製作をしておりました。

頭をもっともっと宇宙にせねばと、
休憩の度に、というか休憩と銘打っては園子温監督最新作ドラマ『TOKYO VAMPIRE HOTEL』を観ておりました。
内容、主題歌、演者さんその他諸々、とんでもない刺激物でした。とても良い意味です。暴風雨の中に素ッ裸で立たされながら誕生日ケーキ食べてるみたいな、そんな感じでした。

何はともあれザーザーゴーゴーとまるで嵐のように新曲は仕上がってきておりますが、まだまだどんどん拵えて参ります。
いつ披露出来るか分りませんが、どうぞお楽しみに。

今週末そして、来週とアコースティックな真空ホロウのライブがございます。


24日は、地元茨城、水戸ライトハウスにて、
バンド、スマトラブラックタイガー(以後、スマブラ)のツアー初日をお祝いしに参ります。
スマブラのボーカルギター、
ヤマちゃんにリクエスト頂いた楽曲も披露いたします。



27日は打って変わって、代官山LOOPにて、
シンガーソングライター、いであやかさんとのツーマンライブ。
お互いの曲を歌い合ったり、と、謂わばコラボレーションライブといったところでしょうか。
いでさんはとっても素敵な歌声の持ち主ですので、来られる方で聴いたことがない方は本当に楽しみにしていてください。



それでは、

楽曲製作の前に、
バンパイヤホテルへ。


皆様良い夜を🦇🍷🌙




真空ホロウ
ボーカルギター
松本明人

本日の真空ホロウは
秀吉さん企画@高崎CLUB FLEEZ
むだいの大音楽祭でした!

初めて見て下さった方々も
いつも見て下さってる方々も
ありがとうございました!!

秀吉さんとても笑顔が素敵な人☺︎
楽しいイベントでした✨

今日のリズム隊ソロ動画🎥
私の姿は見えません、、

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4345.JPG

明人君をビシィーーーーー!

今日は海老反り明人君と
うっかり目が合ってしまいました。笑
見ちゃいけないもの見た気が。笑

StI7IeB8MT.jpg

明人君の弾き語りは
とっても良い顔して歌ってたなぁー
ラビットホールで壁に映ったミラーボールが
三日月みたいで一人興奮してました🐰🌙

次は6/24@水戸ライトハウスです!
久々のアコースティックバンド🎸

そして明日10:00から、
8/11(金・祝)渋谷gee-ge
真空ホロウ×eStrial Acoustic 2manLiveの
プレイガイド発売開始です🎫

私の2つの顔、見にきて下さいー!٩( 'ω' )و

真空ホロウ
ベースコーラス
高原未奈



おはようございます。
真空ホロウ、ボーカルギター、松本明人です。


今日のブログは、海老アレルギーのある方はお読みになる際どうぞご注意ください。



先日は大阪、名古屋でグランドファミリーオーケストラのツアーサポート。
そして、東京新宿にてライブハウスSAMURAIの1周年記念公演とありがとうございました。

連日、糧となるライブとなりましたし、今の真空ホロウを沢山の方に知っていただけた機会になったと思っています。

一昨日ですが、生まれて初めて歌舞伎というものを観劇して参りました。
市川海老蔵氏による自主公演『ABKAI2017』で、『石川五右衛門〜外伝〜』という演目だったのですが、素敵な空間と圧倒のお芝居で、感動のひとときでした。

この経験を活かして臨んだ昨日の下北沢で行われたJUNGLE☆LIFE企画。
こちらのフリーペーパーには以前より大変お世話になっており、感慨深いライブとなりました。


久々の名古屋公演、ABKAIと、
なんだか海老つづきの1週間。
(名古屋はエビフライが名物と言われています。)

我々の楽曲に『バタフライスクールエフェクト』という楽曲があり、
歌詞の中に『エビフライセレクト』というワードが出て来ます。
そして楽曲ラストのギター演奏時には、海老反りを披露させて頂くというのが毎度の恒例となっているのです。


えび。

実は願掛けとして、昨日のライブ前に海老カレーを頂きました。美味しかった。


というわけで、最近のわたしの海老反り写真を観ながらお別れです。

次回公演は高崎クラブフリーズ、バンド『秀吉』主催のフェスに出演いたします。

果たして海老反りは披露されるのか、、
今後も、真空ホロウ、そして、海老から目が離せません。


真空ホロウ
ボーカルギター
松本明人


🦐①
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2074.JPG

🦐②
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2110.JPG

↑このページのトップへ