月別アーカイブ / 2018年04月

近くの名古屋タカシマヤにて、「美しき氷上の妖精  æµ…田真央展」が開催されていました。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0276.HEIC

フィギュアスケートは、結構昔から観てまして。
母がテレビをつけて、何となく一緒にみてた感じですね。
小学生の時かな?伊藤みどりさんの現役時代も、うっすら記憶にあるんです。

今は使用曲や、衣裳のデザインなんかも気になりますね。フィギュアといったら、やっぱり真央ちゃん!しなやかでビューティフル💖
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0285.HEIC

初日には、真央ちゃん来店したそうです。
先着300名に、自ら手渡しでポストカードをプレゼント💝

何とAM6:30には、既に300名が並び、先頭の方はAM2:50に並んだとの事...コアな真央ちゃんファン恐るべし。

いや、でももし、香川真司さんがポストカードを手渡ししてくれるとしたら...🤔

うん、私、AM4時には並びますね😂

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0278.HEIC
特設会場で販売していた、「まおむすび」

真央ちゃんと新潟米コシヒカリのコラボで作られ、味噌カツは名古屋限定🍙

カツがちょっとパサついてましたが...お米はもっちり甘みもあり、美味しかったです❤️

歌はIL DIVOばかり聴いていましたが、
今はこのCDの虜です💖
私の中で、全曲ミリオンヒット🌟
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0269.HEIC
映画の評判がなかなか良いようなので、先日やっと行ってきました。主演がレ・ミゼラブルの人だな〜程度の予習で。

...まさか、泣くハメになるとは思いもよらず!
タイトルが直球すぎだし、どうかな〜と半信半疑に思ってたので🤨

しかし、冒頭の少年の歌声と、めくるめく映像の中、もうちょっとウルッときてしまって。えっ!?ヤバい...暗闇の中、ハンドタオルを引っ張りだしておきました。

「REWRITE THE STARS」
なんて切なく情熱的な歌詞なんでしょうか...🌹
純粋に惹かれあう男女。甘く重なり合う歌声。
見つめ合う2人に胸がしめつけられ😭

「NEVER ENOUGH」
圧巻の熱唱、硬直して瞬きもできず。
あふれる涙はハンドタオルに吸収😭

一人で観にいって、メガネで、アイメイクしてなくて良かった...。

コアな映画ファンの中にはツッコミどころもあるらしいですが、私にとってはただただ、

こんなにドラマティックな歌の数々を、映画館の
音響で聴けて幸せでした🌟




一生、手元に置いておく大切な一冊となりました『蜜蜂と遠雷』。読んだのは去年ですが、myブログに書き残しておきたいので✍️

題材はピアノコンクール。
出場者の生い立ちから取り巻く環境、ピアノコンクール審査員、調律師、ステージマネージャー、オーケストラ指揮者...それぞれに細かな描写がされています。

構想12年取材11年執筆7年、だそうで。それに見合う説得力、読み応えは充分にありました。本の帯にもありますが、まさに著者渾身ですね🔥
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0261.HEIC
私はピアノを習っていましたが、コンクールとは無縁のレベル。音大でもないです。それでも、何度でも読み返したくなる私にとって傑作な一冊✨
音楽経験が全くない方でも、夢中になると評判です🎶

以下ネタバレあります。

やはり惹きつけられるのは、天才達が驚愕する天才:風間塵ですね。

でも私が一番共感し、感動したのは音大卒のサラリーマン:高島明石📣
圧倒的な天才達を目の当たりにし、打ちのめされても、自分の音楽を見失うことなく聴衆を魅了しました😭✨

そして栄伝亜夜とマサル・カルロス。
数年ぶりの再会というありがちな展開にも関わらず、恋愛がメインの小説よりも心トキメキました💖2人の純粋さ、みずみずしさが眩しくて✨
特に幼少時代のエピソード〜再会のシーンは、目が離せなかったです💕

音の描写もバリエーション豊かで、文字だというのに、生でピアノを聴いているような感覚になりましたね🎶

今後、クラシックを聴きに行く度に読み返したくなりそうです。
来月には佐渡裕指揮のオーケストラ。
佐渡さん久しぶり。楽しみです😊

↑このページのトップへ