_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0629.JPG

おはようございます。
想いつなぐデザインの原田です。

今回の内容は
日常を過ごしていて
僕が思った事を書きました。

土・日に少し遠方に用事があり
僕と僕の妹と1歳の妹の娘を連れて
電車で移動する機会があったのですが
とても残念な気持ちになったのです。

なぜかというと
ベビーカーで赤ちゃんを連れた夫婦に
まだまだ周りの方は冷たい人・無関心な人が
多いなと感じてしまったからです。

例えば

残念なケース1
年配のサラリーマンの方ですが
赤ちゃんが泣いてすぐ泣き止まなければ
あからさまに
『ちゃんと黙らせろよ』
みたいな顔で睨んできたり。


残念なケース2
エレベーターが満員でも
健常者の方が譲ってくれなかったり。

残念なケース3
ベビーカーにショルダーバックが
当たっても気にせず
舌打ちして走り去る
急いでる風のサラリーマン。


1日移動しただけでも
残念に思う事が多く
どの事象も
自分ファースト
余裕がない。


なぜこんなにも
子育てに対して
寛容になれない人が
多いのかと
思ってしまいました。


僕も11歳になる娘がいる事もあり
子育てをひと通り経験している身なので
すごくすごく心が痛みました。


赤ちゃんは少しでも
とりまく環境が違うだけで
何をやっても全く泣き止まない事もあります。

いつも泣き止ますために使っていた
十八番の技がどれも皆無な
時があるんですよね><
環境が違うと尚更。

そして、泣き止まないと
感じる周囲のプレッシャーも
相当キツイ><


ただでさえ
専業で子育てをされてる方は
毎日毎日年中無休で
子供との格闘。


精神的にも体力的にもキツイのに
周りからの残念な仕打ちは
相当心にきます。


だから、
もっともっと
周りの人が子育てに
寛容になって欲しい。
温かく見守って支えてほしい。


ただ、そんな事を言っている僕ですが
お恥ずかしい話
僕は21歳の時から
子育てというものを経験するまで
あまり気にしなかった
一人でもあるのは間違いない。


自身で経験した事がないので
悪気は全くなく
その事に気づく事ができない
って人も多いのが
事実なのかなと思います。


僕たちができる事は
この事実を知る事
そして周りに伝える事
お子様がいる方は
お子様に伝えていく事。

そしてひとりひとりが
その事象に関して
考え、理解し、歩み寄る事。


そうしたら
赤ちゃんやお子様連れに優しい社会に
なってくれるのかな?
と願いも込め思っています。



「少子化問題に繋がる」と
叫びたい訳でもなくて
「もっと少しだけ寛容に。
温かいまなざしで見守ってあげる事
できませんか?』と。
理解のない人々に伝えたい。



子育てをしながら
必死に頑張っている
弊社のスタッフや
女性起業家さんを
サポートする機会が多い事もあり
この事を黙認する事ができず
声をあげさせて頂きました。




=================
このブログでは、 個人事業主様、これから事業を始めたいと考えてる方に向けた 私の経験談やブランディングの方法などを配信しています。 (その他、たま〜に私の活動内容など) 少しでもお役に立てればと思いますので フォロー頂けると幸いです。

【お仕事・講演のご依頼はこちら】 http://omoitsunagu.com/contact/index.html
【Facebook】 https://www.facebook.com/omoitsunagu
【Twitter】 https://twitter.com/shingoharada
【LINE】http://line.me/ti/p/TsIh1IRFmy
【Instagram】https://www.instagram.com/shingoharada1218/
【会社WEBサイト】 http://www.omoitsunagu.com
=================