_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0814.JPG
先週の日曜日に乃木坂ちゃんの
ライブを見に神宮球場まで行ってきた。

友人がステージから
超絶近い席をGETしたため
今日まで余韻が抜けず

ようやく東京に帰ってこれて
余韻がぬけそうなので
乃木坂ちゃんについての記事を書きたいと思う。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0813.JPG

まず
元々グループを知るきっかけとなったのが

今の会社を立ち上げる前
借金生活を送っていた6年ほど前。

その当時人気絶頂だった
AKB48の握手券と
CDに付いてくるメンバーの写真を
完全コンプリートして
ヤフオクで転売してお金を稼ぐという
グレーな事をしていたのだが

コンプリートするため、
メンバーの名前と顔を
必死こいて覚えた結果。

彼女らの活動を知っていくようになり
乃木坂46へと繋がっていった訳だ。


ここで
最近の話しを少々。。

とある日
デザイナーのパイセンと
メイドカフェやキャバクラの
ブランディングについて
真面目に語った事があった。

その時に話した内容は
『なぜ、あの業界のブランディングは
専門家が介入していなく
戦略として甘いところが多いのか』
と言う話。
(もっとゆるい感じだったんだけど、
少しカッコつけると)

キャバクラで黒服業を
経験している僕の見解は
お店よりも各女の子(キャストさん)の
ブランド力によってリピーターの
集客が決まるので
なかなかお店を気に入ってもらえて来店する
という考えにはならないのではと考える。


もちろんサービスとしての最低限の基準値に
達している事は大前提の話し。

例えば
店内の壁やソファーが綺麗か?とか
黒服や女の子の教育はしっかりとできているのか?とか

メイドカフェも同じ事が言える。

お店のサービスとしての
最低限の基準値に達してないところが多く
個々の女の子の能力値に任せているところがある。

ただそれだと

現状の顧客は満足するかもしれないが
その上の層をリピートさせるのは難しいだろう。

だから客単価をあげる事ができなければ
サービスの質の向上もできず。

この業界の地位が上がってこない
1つの要因なのは間違いないだろうと思う。

タイトルと
少し話しの方向性が変わってきそうなので
ここで軌道修正です。

(この話しは違う機会で詳しく語りますね。)


何が言いたいのかというと
個々のブランディングも大切なのだが
お店やグループのブランド力を育てる事が
次の階層・フェーズにいける鍵となり
成長曲線が変わってくるという事


僕の中では
乃木坂46というグループは
グループとしての
ブランディングが成功した
代表例だと思っている。

成功した最大の要因は

明確なコンセプトメイクだろう。

『AKBの公式ライバル』としてAKBとの対比。
AKB48は『クラスで3番目にかわいい子』
を集めた集団というコンセプトで劇場公演や総選挙など試行錯誤を繰り返し
個々の個性を出しつつ、
今の地位を築き国民的アイドルグループの地位まで上り詰めた。


逆に乃木坂46は個性よりもビジュアル面に
徹底的にこだわり
AKBとは違う『清楚で王道のアイドル』
というグループコンセプトを5年立った今でも崩していない。
(AKBが基盤を作ってくれての恩恵があるからこそではあるけど)

CDリリース事で変えている
制服にもブランドメイクの意図を感じる。
AKBは個々で個性を出したりしていますが
乃木坂は徹底的に同じもので統一される。
その統一間こそが『清楚で王道のアイドル』の
コンセプトをさらに引き立てている。

シングルリリースごとの
メンバー各個人のPVや
CDジャケット・ポスター等の
アートワークにもこだわりを強く感じます。

こういったアートワークがきっかけで
惹きつけられた人も多くいるはず。
「制服のマネキン」という作品があるのだが
その世界観に圧倒されたのを今でも覚えている。


また、
AKBグループのような劇場を持たないので
メディア露出の方法に関しても
こだわりを感じる。


例えば、結成当初から放映している
乃木坂の冠番組。
MCには個人の能力を引き立ててくれる技術と経験値の高いバナナマンさんを起用したり
(僕のきっかけはバナナマンからでした)


あとは人気雑誌の専属モデル契約。

例えば
「Ray」の白石麻衣さん
「CUTiE」齋藤飛鳥さん
「non-no」西野七瀬さんなど

この戦略により、各年代の女子層の獲得にも成功したといえる。

その他に
TVメディアでの認知が圧倒的多い生駒さんや
将棋ファンの間では知られている伊藤かりんさん
舞台で活躍している生田さんなど

グループコンセプトを軸に
各年代と属性・分野にリーチした
外部での活動が結実したことが、
5年で今の地位確立につながる主要因となった
といえるのではないかなと考えています。

ちなみに僕の11歳になる娘は
生駒ちゃんが好きだと言っている。
(クラスの友達も生駒ちゃんらしい。)

という事で
最後に僕が今推している
将棋好きの伊藤かりんちゃんと
藤井聡太四段が出演している
さっきまで見ていた旬の動画を紹介して
この記事を終わりにしたい。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0760.JPG
今日は僕のお客様との世間話の話。

話しの中から
ふと学生時代の教育について
考えるきっかけとなったので
少しお話しをしたいと思います。


今回は少し長い記事に
なりそうですが
お付き合いくださいね。


僕のお客様は、
会社経営をされている
女性のお客様なのですが、

来年進学を控えた
男子高校生の母でもありまして
こんな話になりました。


お客様:

『うちの息子は、
将来の夢ややりたい事もなくて

とりあえず大学に行きたい
と言っているのだけれども

私は何か手に職をつけて
専門学校にいったほうが

良いと思い進めてあげようと
思っているのですが

原田さんはどう思います?』


僕も11歳の子供を持つ一児の父なので
僕の考え方を言わせて頂きました。
僕はこう答えました。


僕:

『将来のビジョンがないままでの
とりあえず進学は結果、
お金をドブに捨てる可能性が
高いんじゃないかなと感じています。

もちろん進学した事により、
「大卒」という資格が与えられ、
就職できる可能性のある
会社が増えるので
とりあえず進学は
ありかもしれないですが、

進学してやりたい事を4年間で探し、
大卒資格が条件の会社に就職をする。

大金をはたいて得られるものが
それだけでは高い買い物の気がします。』


大学に関わらず専門学校でも
目的が明確でない場合は

同じカリキュラム・同じ環境で
学習しても

取り組み方や成果に明確な差が生まれてきます。



私は、20代前半の頃に
会社に務めながらWEBの学校に
通っていた事があります。

明確な目的とビジョンがあっての
入学でしたが、

何より80万くらいの学費を
自身で出してる事もあり

金額以上のものを吸収するために
必死でした。


必死に勉強し、必死に考え、

必死に勉強以外の何かを得るために

イベントや交流会に参加した記憶があります。



高校生までの僕は

テストの前日に一夜付け、
ノートも書かずにテスト前日に
友人にコピーしてもらう

危機感もなくのほほんと
過ごしていた生活とは
まったく違いました。


大人になって誰しも一度は
感じると思うのですが


『10代の時から真剣に考えていればよかった』と

『今の考え方で高校生に戻りたい』と。



ここで

「将来のビジョンなんて分からないから進学するんだよ」という

声が聞こえてきそうですが、

それは甘えだと私は思います。


確かにまだ高校生くらいだと

生きてきた世界が小さく
経験も少ないので

自身の進路を決めると言うのは
酷な事だと感じます。

そこで同情してしまい

自身の意思ではなく

他人が奨めた進路を
選んで進ませるのも

どうなのかと
考えるところがあるのです。


社会に出たらそうもいきませんよね。


また

成功したケースは良いのですが

挫折したケースの場合

『自分が決めた訳でもないし、しょうがないよね』

と言い訳できる環境を作ってしまうところもあります。



大切なのは自身で考え
意思決定させること


逃げ道を作らせず、
言い訳できない環境をつくること


たとえ失敗しても
常に、自身で考え意思決定
をする事を行っていけば

失敗から学び、成功へ導くため
にどうしたら良いのかを考え
進む方向を軌道修正できる力を
養う事ができると思います。

私が学生だった10数年前と比べて

インターネットが普及した事で

検索すれば

情報を集める事は容易なはずです。


集めた情報が正しいかどうかの判別や

こういった考え方や世界があると

情報提供をしてあげて

若者達の可能性を限りなく広げてあげる事が

社会人経験者である親や周りの
大人の役目だと思っています。


私が、専門学生や高校生など若い世代に講義をする一つの理由でもあります。


しかし、いきなりバッと

考え方や精神論を語っても

そもそも聞く耳を持たない学生がほとんどだと思います。

(実際、高校生の時は僕もそうでした。。)

まずは、興味をもってもらう事

塞がっている耳をどう開かせるかが、

教える側のスキルでもあり

課題でもあるかと思います。




まとめると


「大切なのは自身で考え意思決定すること」


「全て自己責任、他人任せにせず、言い訳できない逃げ道を作らない環境をつくること」


「失敗から学び、成功へ導くためにどうしたら良いのかを考え、軌道修正をできる力を養う事」


上記でお話しした3つの要素ですが、


自身で事業をはじめていろいろな
スタッフと仕事をして
思った事があります。


技術や知識はあるのですが、

特にこの3つの要素が抜けているスタッフが多いなと私は感じました。

何かと理由をつけて「私はできません」と

すべて他人任せの歩みよろうとしないスタッフ。。


裏を返せば、上記の3つの要素を学生の頃から養う事ができれば

会社から必要とされる人材、会社のリーダーになりうる存在でもあるのかなと思っています。

ビジネススキルは会社で教育する事は可能ですが、
マインド的な要素や教養・コミュニケーション力に関しては
会社では教育するのは難しいしので。




※今回の内容はあくまで私自身が失敗を経験して思った私一個人の意見で考え方です。

いろいろな教育に対する考え方があるのでそれが正しいとは言えません。

読んで頂いた方で、気分を害された方は申し訳ありません。

こういった考え方もあるんだなと思って頂き、読んで頂けると幸いです。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0671.JPG

おはようございます。

想いつなぐデザインの原田慎吾です。

今回のお話しは、
時間とインターネットについて。

インターネットの歴史は
その他の業界と比べると
まだまだ浅いのだけれど

新たなデバイスの普及と低価格化により
一家に1台の環境から
1人1台が当たり前の時代になり
急激にインターネットが普及し
身近なものになったと思います。

誰しもが年齢問わず
インターネットに触れる機会は増え、
高齢の方ですら
タブレット端末を使って
インターネットで買い物や
LINEをする時代になりました。

インターネットの普及は
従来のライフスタイルに明らかな
変化をもたらしたと思います。

ショッピングや調べ事はインターネットで
済ませる事ができる時代。

僕が高校生の頃なんて
調べ事があるなら図書館や本屋で
1日中過ごしたり、
買い物するのに今イケてる
ブランドやショップを雑誌でチェックして
埼玉の田舎からフワフワしながら
バイト代を握りしめて
原宿・代官山・下北沢をまわったもんだ。

当時はもうそれは一大イベントだった。

インターネットが普及すればする程、
人は時間にゆとりが生まれ、
その時間をどこに使うべきかを考え始める。

人々はより上質な商品やサービスを求め
最終的に行き着くところは
実際に体験するアナログの感覚 。

興奮や感動できる体験に価値があると感じ
アナログの価値を再認識する。

音楽のCDを買う時もそうだと思う。
ダウンロードよりもCDを買った時の
興奮や感動は今も昔も同じなんだ。

子供の頃にお年玉で初めて買った
「スピッツ」のCDは 
今でもあの時の興奮とともに
大切にしている。

ショッピングだってインターネットだけでは
そのショップの雰囲気や匂い
商品の生地感やフィット感を
感じる事は難しいだろう。

インターネットだけでは限界があり、
友人や家族と思い出を作る事は
難しいと感じてしまう。

僕はWEBの仕事をしているが WEBはこれらの感動や興奮を与えたり、 届ける為のツールで手段の一つでしかないと考えています。

大事なのは、 作り手が良いサービスやモノを生み出したのであれば興味を持っている人にしっかりと情報を届けられる「しくみ」を作ってあげること 

これこそが僕がやるべき仕事だと思う。

人はインターネットにより
新たな時間を手にする事ができ
人生をもっと充実させる事が
できる環境にいる訳だから。

あなたは新たにできた時間で何をしますか?


=================
このブログでは、 個人事業主様、これから事業を始めたいと考えてる方に向けた 私の経験談やブランディングの方法などを 配信しています。 (その他、たま〜に私の活動内容など) 少しでもお役に立てればと思いますので フォロー頂けると幸いです。

【お仕事・講演のご依頼はこちら】 http://omoitsunagu.com/contact/index.html
【Facebook】 https://www.facebook.com/omoitsunagu
【Twitter】 https://twitter.com/shingoharada
【公式サイト】 http://www.omoitsunagu.com
=================

↑このページのトップへ