_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8056.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8058.JPG
今回のキャンプスケジュールをコーチと話した時に前回の走りのトレーニングから1週間空けてスケジュールを組んでもらいました。

これまでの経験からトレーニング後に日にちを空けてしまうとどうしてもいい感覚が薄れていってしまいます。そこでもう一度走りのトレーニングを組むことで復習ができ、選手の走りを見て応用のトレーニングに段階を踏んでいこうと考えていました。 


到着後すぐに選手の盗塁練習を見て欲しいとのことで選手の動きを撮影し動きを確認。

その後の30mの測定でも様々な角度から走りを確認。

Dg6kUQw4TI.jpg
キャンプ前半は参加していなかった(U-23w杯出場のため)植田選手に個別で走りの指導を。

野球はとにかくやることが多いです。走ることだけに時間を費やせないので、その時間も長くはありません。いかに短時間で分かりやすく教えられるかがポイントになります。Aを教えてもAにならない選手もいます。Aにするためにどういうアプローチがいいのか、トレーニングを変えるのか、言い方伝え方なのか、毎回勉強です。


この記事にもあるように植田さんの身体能力は非常に高くコツを掴むスピードが速かったです。


翌日、投手陣に走りのトレーニングの後にまさかのできごと。

阪神キャンプ名物のリレーに出場することに....

このリレーは紅白戦の負けチームが罰として走るルール。僕が入ることでなぜか勝ちチームの選手からじゃんけんの敗者が走ることに...負けたのは北條さん...すみません。。。

その様子がこちら→


久々にあんな長い距離走りましたね...終わった後、結構気持ち悪かったです....

その後に、しっかり坂道トレーニング。野球選手の体力はどうなってるんでしょうか。。

練習量は本当にすごいです。


記事にもあるように選手もいい感覚を掴んだようでした。


講義を含めて5日間走りを通じて選手の皆さんと関わらせてもらった僕が自信をもって選手の成長を感じることができました。これからも走りを通じて選手をサポートしていけたらと思います。本当にありがとうございました。

GXYEDvkhC5.jpg
金本監督と。指導中は緊張しないんですが、この方がバットを持って近くで見てる時だけは緊張しました...オーラヤバかったです。でもすごく笑顔で優しい。お世話になりました。

D0utEfBLJS.jpg
最後の坂道トレーニング後の走力Upメンバーと。金本監督同様に全員にMVPです。本当に頑張ってくれました。

でも、勝負はまだまだこれからです。
春のキャンプに向けて頑張っていきましょう!