かなり時間が経ってしまいましたが、、先日のリオオリンピックに陸上競技、棒高跳びで沢野大地さんが7位入賞という64年ぶりの五輪入賞の大偉業。

僕は中学時代、棒高跳びをやっていました。沢野さんの高2最高を跳んだ陸上競技マガジンの写真のインパクトが衝撃的で練習日誌の表紙に貼っていました。

あれから、20年。
日本の先頭を走り続ける沢野さん。
本当レジェンドですね。

「いつも通りやればいい」
沢野さんのこの言葉に経験を感じました。


キャスターを務めた柔道の野村忠宏さんもリオから帰国しお疲れ様のケーキを。

初めてお会いしましたが、オーラ半端なかったです...

五輪三連覇のレジェンドに腰に手を回され完全に緊張で顔がこわばってます...

もっと頑張らないとと気合を入れ直した1日でした。


改めまして沢野さん本当におめでとうございます。そしてこれからも。


2冊目の書籍「小学生のための走り方教室」がベースボールマガジン社から発売されました。

今回はタイトル通り「小学生のために」監修させていただきました。





年間1万人近く子どもたちにかけっこ教える機会があります。はじめましての子どもたちを限られた時間で足を速くするためにこれまで様々なトレーニングを行ってきました。その中でもより効果があった練習を選びました。

DVDも付いてますので本と合わせてご利用ください。







台風直撃の中でも走りのトレーニングをとリクエスト。本当に熱く熱心な選手たちです。

先日、総理大臣杯準優勝の順天堂大学サッカー部。

2時間みっちり限られた環境で手応えを掴んでくれた様子でした。

楽しみです。

先日、茨城県はつくば市へ。

ジェフ千葉の近藤直也選手のサッカースクール「DO SOCCER CLUB」さん主催の走り方教室でした。


小学生の部、中学生の部それぞれたくさんの子どもたちが参加してくれました。


高い集中力と真剣に取り組む姿勢が走りを大きく変化させていきました。

特に中学生は走りに大きな変化があり今後が楽しみです。



DO SOCCER CLUBのコーチの皆さんと。
コーチの皆さんも一緒になって走っている姿が印象的でした。コーチの皆さんもかなり足が速くなっていましたね(笑)

コーチと子どもたちの関係性が非常にいいなあと思って見ていましたが、コーチの皆さんのこういった姿勢なんだろうなと感じました。

貴重な時間をありがとうございました!
子どもたちの成長が楽しみです。

DO SOCCER CLUB 



岐阜県恵那市でかけっこ教室。

移動時間6時間。

そんな疲れを吹っ飛ばしてくれる子どもたちの頑張る姿。キッラキラの笑顔。

子どもたちにとって忘れられない1日になってほしい。

毎回そういう思いで全力でかけっこ教えています。

最後わざわざ見送りに出てきてくれた子どもたちと。

ありがとう。


陸上男子10000m。

連覇のかかったレースでまさかの転倒。
交錯したのは同じチームメイトのラップ選手。心配して振り返るラップ選手にこのジェスチャー。

まさにスポーツマンシップ。

そして、強烈なラストスパートで優勝。

実力だけでなく最高のアスリートです。

#NIKE #身の程知らず #JUSTDOIT


浦和レッズメンバーと走りのトレーニングでした。

前回トレーニング後、宇賀神さんの走りが一段と修正されました。アシストや裏への飛び出すタイミング、最高速度もチームトップに。前回は久々のトレーニングということもあり修正に苦戦していましたが、その後、意識の継続がしっかりできていたようです。

今回は、那須大亮さんも初参加。
話をして感じましたが、本当に意識の高い選手です。

宇賀神さんのお陰で素晴らしい環境でトレーニングできました。




最初と比べても同じトレーニングでも質が全然違います。本当にレベルアップしています。まだまだいけますが。




今回、梅崎さんの動きが非常に良かったです。走りの「的中率」が上がってきました。あとは試合でそれを披露するのみ。

宇賀神さんも動きの安定さが高まってきました。宇賀神さんのすごいところは試合で練習以上の動きができるところです。名古屋戦期待してください。

那須さんは初めてのトレーニングで苦戦する場面もありましたが、大切なのは続けることと、必要なところと不必要なところの取捨選択です。新しい那須さんにこれから期待したいです。




↑このページのトップへ