月別アーカイブ / 2019年09月

いよいよ

品川ヒロシ脚本監督映画リスタート

クラウドファンディング最終日

限定公開トレーラーが観られるの今日でとりあえず最後です。


フルバージョンは品川ヒロシチャンネルでどうぞ
↓↓↓

そんなわけで

最終日前日、品川家にキャストが集まって動画を撮りました。
gVi8TIPsqu.jpg
この数日

宣伝宣伝で『うるせえな』と思った方も大勢いると思います。

1人でも多くの人に、この映画リスタートの仲間になって欲しくて必死でした。

主演のEMILYやSWAYを始め、キャストみんなが、

そしてスタッフが必死に宣伝してきました。

そしてヒロインのEMILYがもう一つ必死に取り組んできたのは写真写り。

俺が『顎を引いた方が格好いいよ』と言ったら
QPNRhLnCQK.jpg

なぜかファイティングポーズ。

いや男前だな

『ほら、顎引いた方が格好いいじゃん』と言うと気に入ったのか

帰り際もこのポーズ
IbU0fF9lzN.jpg

だから、ファイティングポーズは関係ねえから、顎引くだけでいいから

EMILYは決めれば美形
MNRlcdnuEu.jpg

しかし気を抜くとこの有様
5XCiaaovTh.jpg

でも、それこそがEMILYの魅力

ハーフの美形で、歌声は人の心を打つ。

でも、性格は3枚めでノリがいい。

でも、繊細で

でも、強気で

でも、ネガティヴで

でも、ポジティブで

何かというと大笑いして

何かというと大泣きして

ぐるぐると感情が吹き出している

喜怒哀楽のモンスター

そんな強くて弱いグツグツとしたEMILYの魅力を凝縮して詰め込んだのがこの映画

その背中を優しく力強く押してやるSWAY
IplZYVEW4R.jpg

でけえから、うちの仕切りに収まりきらねえ。

なんだその表情

そして
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2575.JPG

仲間
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2453.JPG
TjCoEtHDY8.jpg

家族

そんな映画がリスタート

クランクアップで全員泣いた。

打上げでもみんな泣いた。

L3k5hz2oCP.JPG
fESD39W3ap.JPG
actflfDb68.JPG

本当に1人でも多くの人に観てもらいたい。

今日でクラウドファンディングも最後です。

リターンも残りわずか

『作品ホームページに名前を掲載1500円』

『リターンはいらないので品川監督からのお礼のメール3000円』

『出来上がった作品のDVDプレゼント5000円』

『エンドロールに名前をクレジット(関係者プレミア上映会にペアでご招待。DVDプレゼント)30000円』
残り18枚


『サイン付き台本プレゼント(DVDプレゼント。エンドロールに名前を掲載)30000円』
残り3枚

ぜひ、みなさん仲間になってください

クラウドファンディング
↓↓↓

7年前に俺が脚本を書いて監督したショートムービー
「モルモット」
7年前なのでみんな若い
自分でも大好きな力作です

YouTube品川ヒロシチャンネル
面白かったらチャンネル登録してね❤️
#宮川大輔
#インパルス板倉
#ロバート秋山
#脚本監督品川ヒロシ

続きはこちら
↓↓↓
YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
youtu.be

本当にごめんなさい。

クラウドファスティングに参加してくれた人のコメントを読めると今さっき知りました。

540人

すべて読ましていただきました。

そんで、またもや泣いてしまった。

全員に会ってありがとうと直接言いたい。

ありがとうございます。

こんな人が支援してくれていたんだとリアルに感じました。

出演してくれているみなさん。
スタッフのみなさん。
MIRAI系アイドルTVのアイドル
オンラインサロンのメンバー
昔品川庄司を担当していたマネージャー
芸人の先輩方
格闘技で知り合った仲間
テレビでご一緒しているスタッフ
北海道道のみなさん
しょっちゅういつも一緒にいる友達

なんで?俺に言わないの?

俺だったら恩着せがましく絶対に言う。

メチャクチャ言う。

しれっと「映画がんばって」とか言って

実はクラウドファンディングに参加してくれてるとか

ヤバイよ。

胸打つよ。

もちろん支援したよ〜って言ってくれる人も

たまんないよ。

嬉しいよ。

そしていつもライブに来てくれている数少ない品川庄司ファン。俺らみたいなおじさんを応援し続けてくれやがってありがとう。

出演者のファンのみなさん。
みんな最高に魅力的でした。
ありがとうございます。

僕はたまたま「ドロップ」という映画を脚本監督して、
運良くヒットしたので、当たり前のように映画が撮れてきました。

映画を撮る時
目の前にはいつも巨額の制作費がありました。

もちろん全ての作品、全身全霊。愛情を込めて作ってきたという自信はあります。

「映画は1人で作っているもんじゃない。出演者、スタッフの最高のパフォーマンスと熱い気持ちが映画を作っている」

という想いは映画を撮れば撮るほど強くなってきた。

でも、今回はそれを応援してくれている人たちの想いまで、ダイレクトに目の当たりにしました。

毎日クラウドファンディングのページを開いて、
数字が伸びていくのを見て無邪気に喜んでいた。

その1人1人、1円1円の想いと気持ち。

まさか、このプロジェクトが始まった時にこんなに泣きながら映画を作ることになるとは思わなかった。

とにかく何度でも言わせてください。

ありがとうございます。

クラウドファンディングが終了したら
全てのお名前とコメントをプリントアウトして、
僕の部屋に貼ります。

そんなの嬉しくねえよ。

と思うかもしれませんが・・・

俺からのせめてものリターンです。

47歳にして、この映画を撮れてよかった。

みなさんと一緒に映画を観る日が楽しみです。

最後にもう一発言わせてください。

ありがとうございます。

クラウドファンディングはこちらです
↓↓↓

↑このページのトップへ