先日も書いたんですが

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6882.JPG
1人で柔術に行って

めちゃくちゃ親切にしてもらった。

紹介してもらったので

先生はもちろん僕が日本のコメディアンだと知っていますが、他の道場生は僕の顔を知りません。

むしろ、

誰に柔術を習っているのと聞かれたので、

「マルキニョスとサトシです」

と答えたら

「マジで?会いたい。連れてきて」

とみんなそっちにテンションが上がっていました。

改めてボンサイ柔術のありがたみを噛みしめた瞬間だった。

それもあってか

みんな優しい

そして親切

さらに強い

先生はめちゃくちゃハンサムで

まだ2回しか道場に来てない僕を

パーティーに誘ってくれた。

僕のつたないリスニングによると

多分

アニバーサリーパーティーで
(何の記念かはわからない)

昼の12:00〜次の日の朝までやるとのこと
(長い)

時間があったら、おいでよ

みたいなことを言われたんだと思う

「ちょっとまだわかりません」

と曖昧に答えてしまった。

でも

ツイッターやインスタでフォローしてくれてる人にも行ってこいって背中を押されたし

夜にはすっかり行くつもりになっていたのです。

しかし

結論から言うと

行けなかった。

チキン野郎と笑ってください。

ビビッって

行けませんでした。

というのも

タクシーに乗って

iPhoneを見せて

「ここに行って欲しい」

と言ったら

「これはね。遠いよ。山越えるから、メーターあげないよ。いくら待ってるの」

と聞かれた。

イヤ怖い

山越える、
メーターあげない、
いくら待ってる?

この1、2、3は外国で聞いたら

怖いってぇ〜

親切で行ってくれてるのかもしれないけど怖いよ〜

何しろ英語がおぼつかないから

No Sunk you 
I’m sorry

と言って逃げるように

タクシーから降りてしまった。

他のタクシーも値段は交渉だと言う

いや〜勇気出なかった〜

心が砕け散りました。

来週も柔術には行きます。

デパートでまんじゅうでもお土産に買って持って行こうと思います。

あたしゃ日本のまんじゅう野郎です。