月別アーカイブ / 2021年01月




もうすぐ1月も終わりですね!


まだまだ寒い日が続きますが、

がんばっていきましょう!




今回からは、

『運の上昇期はアウトプット期、低迷期はインプット期』

のお話をしていきます。




******************************




『運の上昇期はアウトプット期、低迷期はインプット期~その1~』



運気の上昇期と低迷期の意味とは、

いったい何でしょうか?


それぞれの時期を、僕たちは

どのように過ごせばよいのでしょうか。


一言で言えば、運気の

上昇期は「アウトプットの時期」、

低迷期は「インプットの時期」

だと考えています。


以前のお話でも、

運気が上がっているときは

積極的に行動したほうがいい、

と言いました。


そのとおり、運気が上向きのときは、

どんどん外に出て、人と出会い、

スキルや知識など自分が培ってきたものを

アウトプットしていくと、

人生が大きく花開きます。


ただ、外に向かって

アウトプットするばかりでは、

いずれ自分の内面が少しずつ

すり減ってしまいます。


楽しいことは楽しいけれど、

もっと成長するための

時間が持てないのです。


いわば貯金を少しずつ

使っていっているような感じです。


僕ら芸人も、たとえば

下積み20年などでやっと売れ始め、

書き溜めたネタを出し続けていると、

楽しい反面、だんだんと

不安にもなってきます。


実際、

「新しいネタを考えたいけれど、

時間がとれない…」

という同業者も少なくありません。




******************************



運気の上昇期には、

自分の積み重ねがどんどんと

アウトプットされていきます。


結果が出る素晴らしい時期

ではあるのですが、

同時に、新しいことを

インプットしていくことは

なかなか難しい。


そこで、運の低迷期のお話に

繋がっていきます。


続きは次回をお楽しみに!



次回も引き続き、

『運の上昇期はアウトプット期、低迷期はインプット期~その2~』

のお話をご紹介します。






今日は二十四節季の「大寒」ですね。


思えば、今年の冬は

去年と違ってとても寒いです。


皆さん体調を崩さないように

気をつけてください!



それでは、今回も引き続き

『「最悪」のあとには「最高」がやってくる』

のお話をしていきます。




******************************




『「最悪」のあとには「最高」がやってくる~その2~』



運は上がっていれば

いいというわけではなく、

下がっているときも、

長い目で見れば、

大切な時期と言えます。


占いで、

「運気が下がっている」

なんて言われても、

どうしたらいいかなんて、

わかりませんよね。


せいぜい、

「悪いことが起こらないように

気をつけよう」という

くらいではないでしょうか。


でも、運気が下がることにも

意味があると思えば、

低迷期にあっても、もっと

前向きに過ごせるはず。


そして、少し前にもご紹介したように、

「幸運は前向きな心にやってくる」

わけですから、

低迷期で、一見不運なことが続いても、

腐らずに前向きに過ごすことが大事です。


そうしてこそ、

いざ運気が上向きになったとき、

より大きな幸運がもたらされるのです。



******************************



低迷期とも上手につきあって

前向きに過ごしていきましょう!


次回は、運の上昇期と低迷期の

それぞれの役割について

詳しくお話していきます。




次回からは、

『運の上昇期はアウトプット期、低迷期はインプット期』

のお話をご紹介します。






今週末の土曜日、1月16日は

一粒万倍日と天赦日が重なる

ラッキーデーがやってきますよ!


新しいことを始めるチャンス、

ぜひ活用してくださいね。



それでは、今回からは

『「最悪」のあとには「最高」がやってくる』

のお話をしていきます。




******************************




『「最悪」のあとには「最高」がやってくる~その1~』



運気には、上がったり下がったりと波があります。


「禍福は糾える縄の如し」とも言うように、

災いと幸福はどちらも永遠に続くものでなく、

交互にやってくるものです。


「最悪!」と思えることがあっても、

そのあとには、必ず

「最高!」の波がやってきます。


その証拠(?)とも言うべきか、

占い師はたいていの場合、

運がいい人には「長くは続きませんよ」と言い、

運が悪い人には「いずれ運気が上がりますよ」

と言います。


よく考えると当たり前なことなのですが、

そう言っておけば占いの的中率は

100パーセントになるからです。


運気が上下するのは自然の摂理。


そう考えるだけでも、

ちょっと気が楽になりませんか?


もっと言えば、運気の上昇期にも

低迷期にも、意味があるのです。


朝には朝の、夜には夜の役割があり、

それぞれに適した過ごし方があります。


それと同様、運の上昇期と低迷期には、

それぞれに意味があって、

ふさわしい過ごし方があるわけです。



******************************



「最悪!」と思うことがあっても

それは、ある程度は仕方のないこと。


以前にもお話したように、

悪いことばかり考えてしまうと、

低迷期を長引かせるだけになりかねないので、

気楽に考えるようにしましょう。



次回も引き続き、

『「最悪」のあとには「最高」がやってくる~その2~』

のお話をご紹介します。



↑このページのトップへ