月別アーカイブ / 2020年11月




前回の4つの習慣のおさらいです!



(1)宝くじを買う前日には、

肉を食べて、酒を断る。


(2)午前中に宝くじを買う。


(3)縁起のいいお金で宝くじを買う。


(4)ゴミ拾いをしながら宝くじを買いに行き、

買ったあとも売り場の周囲を一周してゴミを拾う。


前回は(1)と(2)について

詳しくお話ししましたね。



それでは今回も引き続き、

『宝くじ高額当選者の「4つの習慣」』

のお話をしていきます。




******************************




『宝くじ高額当選者の「4つの習慣」~その2~』



「縁起のいいお金で買う」という習慣は、

「幸運には幸運が引き寄せられる」

という運のメカニズムが鍵になっています。


前回の宝くじで当たったお金や、

コンテストなどの賞金、あるいは

目上の人からいただいたお小遣いや、

ご祝儀などもいいでしょう。


そして最後の「ゴミ拾い」も、

運のメカニズムと関係しています。


次回お話しする内容でもあるのですが、

運のいい人とは「徳」を積んでいるもの。


ゴミ拾いやトイレ掃除など、

人がやりたがらないことを率先してやると

「徳」が積まれ、運がついてきます。


宝くじの高額当選者の方々は、

道中のゴミ拾いを通じて

自分の心をきれいにする、

言い換えれば、「徳」を高めることでも、

運を呼び寄せているのだと思います。


いかがでしょう?

この四つを実践したら

100パーセント当たる!とは

残念ながら断言できませんが、

これらが高額当選者の

共通点だということはたしかです。


実践して1パーセントでも

2パーセントでも

確率が高まったと思えたら、

気分もよくなりませんか?


「これで当たるはず」

「当たらなかったらどうしよう」

なんて目を血走らせるのではなく、

まずは気楽に楽しく実践してみてください。


そして当選の発表日まで

「当たったらいいな~」なんて

ウキウキ、ワクワク過ごすこともまた、

宝くじの当選のみならず、

幸運を引き寄せる心構えです。


ちなみに、よく当たる方は、

たくさん宝くじを買っているわけではなく、

通しで10枚、バラで10枚の

合計20枚の買い方をしているそうです。




******************************




みなさんも宝くじを買うときは

ぜひ実践してみてください。


運がよくなった分だけ、

当たりやすくなるかもしれませんよ!




次回からは、

『「徳」と「行動力」が「運」になる』

のお話をご紹介します。






そういえば年末には毎年恒例の、

大きな宝くじがありますね!


年末くらいは試しに少しだけ

チャレンジしてみるのも

面白いかもしれませんね。


期待はしない程度に!(笑)



それでは今回から、

『宝くじ高額当選者の「4つの習慣」』

のお話をしていきます。




******************************




『宝くじ高額当選者の「4つの習慣」~その1~』



仕事柄、宝くじの高額当選者の方々と

お話しさせていただくチャンスがあります。


当人同士は、住んでいる場所も年齢も仕事も

バラバラの赤の他人ですが、

不思議なことに、高額当選者の方々には

四つほど共通している習慣があったのです。


その四つというのは、


(1)宝くじを買う前日には、

肉を食べて、酒を断る。


(2)午前中に宝くじを買う。


(3)縁起のいいお金で宝くじを買う。


(4)ゴミ拾いをしながら宝くじを買いに行き、

買ったあとも売り場の周囲を一周してゴミを拾う。


単なるゲン担ぎとも取れますが、

高額当選者に共通することとなれば、

何か理由があるのかな、とも思いますよね。


そこで、この四つを僕なりに解釈してみました。


まず「前日には酒を断ち、肉を食べる」

というのは、どうでしょうか。


お酒はいい気分になれる反面、

心身を鈍らせてしまいます。


一方、肉はパワーを高めてくれる

スタミナ食であり、野性的な本能を

呼び起こすと考えることができます。


まとめれば、酒を断ち肉を食べる

という習慣は、宝くじを買う翌日に備えて

動物としての人間が本来持っている感覚を

研ぎ澄ます、という意味合いがあるのです。


次の「午前中に行く」というのは、

新しい一日の始まりである朝は

空気が澄んでいて、直感が

冴え渡っているからです。


朝から昼、昼から夜へと

活動時間が長くなるほど、

心身には疲れがたまっていきます。


雑事や人との交渉などで揉まれるうち、

疲労感だけでなくマイナス感情や欲などの

「穢れ」がつく、ともいえるでしょう。


宝くじの番号はランダムに割り振られており、

番号選びに自分の直感を使うわけではない。


ただ、穢れが溜まりきった夜よりは、

身も心も頭もすっきりしている

朝に買ったほうが運はつきやすい、

と考えることができます。



******************************



肉を食べてパワーを漲らせ、

運気が清々しい朝のうちに

買いに行くことが大切なんですね。


残り二つの理由の詳細については

次回をお楽しみに!




それでは次回も引き続き、

『宝くじ高額当選者の「4つの習慣」~その2~』

のお話をご紹介します。







立冬を迎えたので、

暦の上ではもう冬なんですね!


朝晩は冷え込みますし、

雨や曇りの日は特に、

いっそう寒く感じてしまいます。


風邪をひいてしまわないよう、

みなさん気をつけてください!




それでは今回も引き続き、

『運のいい人は切り替え上手』

のお話をしていきます。




******************************




『運のいい人は切り替え上手~その2~』



前回お話した、「運のおかげ」という考え方は

他人に対しても、同様のことが言えます。


がんばったのに失敗してしまった人に対して

「お前の努力が足りなかったんだ」

と一方的に責めるのではなく、

「がんばったけど、今回は運がなかったね」

と寛大に接することができるのです。


そして、そういう人ほど人望が厚くなり、

サポートしてくれる人が周りに集まってきます。


結果、ご縁に恵まれ、

成功を収めていくことができる。


そうなると、ますます運への有り難みが増し、

謙虚にがんばることができる……。


このように、運を信じればこそ、

何事も引きずらない、

気持ちの切り替えが早いという

シンプルな姿勢が、じつは、

より大きな幸運、より大きな成功へと

つながる場合が多いのではないかと思うのです。


もちろん、失敗したら反省して、

何かしら学習したほうが成長できるかもしれませんし、

ときには、人に対して反省を促す厳しさも必要でしょう。


ただ、世の中には一個人の力だけでは

どうにもならないことだって多く存在します。


それに、ひたすら自分を責め、

人を責め続けていても、

前に進むことはできないのです。


そんななかで、「運」というものを信じ、

うまくいかなかったときには

「運がなかったな」とスッキリ切り替えをする。


そして気持ちを新たに行動していくことで、

また別のところから運を引き寄せてくる。


やはり、切り替えの早い人ほど、

幸運に恵まれやすいのでしょう。



******************************



悪いことがあっても、失敗しても、

クヨクヨ引きずらずに、

気持ちを切り替えて

前に進むことが大切です!



次回からは、

『宝くじ高額当選者の「4つの習慣」』

のお話をご紹介します。




↑このページのトップへ