月別アーカイブ / 2020年05月




5月ももうすぐ終わりですね!


大型連休があったせいか

あっという間に感じます。


新型ウイルスにも注意しつつ

上半期ラストスパートを

がんばっていきましょう!



それでは今回も引き続き、

『政治家の隣にいる占い師』

のお話をしていきます。




******************************




『政治家の隣にいる占い師~その2~』




例えば東京スカイツリーですが、

まず、建設地を意図的に東京の鬼門、

皇居から見て北東の方角にしたことは

方位術に間違いないでしょう。


そして、この国家的な建物の開館日が、

なぜか平日の火曜日だったんです。


混雑を避けたという説もありますが、

大安吉日に設定したと考えるほうが自然でしょう。


この先、他にも大きな建造物の開業があれば、

何かしらの占術が絡んでくると思います。


他に占いの活用が見て取れる例としては、

選挙の日程があります。


国政選挙は内閣が日程を決めるので、

与党にとって都合のいい日に

設定されるものですが、

そのときには絶対に

占い師に相談しているはずです。


告示日や投票日を占いで有利に計らい、

選挙運動で巡る場所や方位には

占いも参考にしていることでしょう。


また、選挙ポスターの立候補者の名前も、

難しい漢字を平仮名にして

読みやすくするだけではなく、

画数をよくしている例も多く見られます。


政教分離なんていいますけど、

現実の政治経済には占いやオカルトが

こっそり影響しているものなんです。



******************************



引っ越し日や結婚式の日程を

決めるときなんかと同じで、

政治でもせっかくなら

縁起の良い日に設定して

験担ぎしたいですよね。




次回からは、

『占いが孤独のトップを癒す』

のお話をご紹介します。








緊急事態宣言の解除などもあって

人出が増えてきますから、

ここで再び感染が広がらないよう

油断せずに予防を続けましょう!



それでは、今回からは

『政治家の隣にいる占い師』

のお話をしていきます。




******************************




『政治家の隣にいる占い師~その1~』




韓国の大統領が占い師と昵懇の仲だった…

というスキャンダルも

数年前にありましたが、

現代、21世紀にもなっても、

オカルトが政治を動かすことは

全く珍しいことではないのです。


古くから、占いと政治は

切っても切り離せない関係でした。


現在の日本が公費で

占い師を雇っているかどうか

まではさすがにわかりませんが、

個人的な関係性で、占い師との

付き合いのない政治家は

ほとんどいないと思います。




政治家には公設、私設を含めて

複数の秘書がいますが、

とある大物政治家には

「政策にはまったく

口を出さないのになぜか

いつも一緒にいる秘書」

がいるとの噂があります。


実はその人は

スピリチュアルな力を

持っていて、

政治家に近寄ってくる人を

直感でジャッジ

しているんだとか……。


そういった噂の類はともかく、

国家的なプロジェクトの

建設地や開業日に

占いが関わっていることは、

占い師から見ると

すぐに分かります。


ちょっと勉強している人なら、

風水や方位術を踏まえて

計画しているなと、

察するそうですよ。




******************************



風水や方位術は、

身近な占いでもありますよね。


その詳しい例は、次回に

お話していきたいと思います。




それでは、次回も引き続き、

『政治家の隣にいる占い師~その2~』

のお話をご紹介します。








急に暑くなったりしたので

体調を崩してはいませんか?


気が緩みがちな大型連休明け

ということもありますから、

体調管理には十分に

気をつけて下さいね!



今回も、前回に引き続き

『厄年での過ごし方』

のお話をしていきます。




******************************




『厄年での過ごし方~その2~』





前回のお話でご紹介した

俳優のA川さんも、

厄年に主役を演じています。


Vシネマの帝王と呼ばれた

A川さんが、その作品で

役の幅を大きく広げて

円熟味を増したことは

“やくどし”パワーを

うまく使ったからでしょう。


ほかにも、「男はつらいよ」

「必殺仕事人」「釣りバカ日誌」

ではそれぞれ主演さんの“やくどし”で

シリーズがスタートしています。



それ以外でも、厄年に代表作と出会った

ひとたちの例は枚挙に暇がないほどです。


つまり厄年は、ある意味では、

飛躍の年でもあるわけなんです。


これは役者さんだけでなく、

すべての職業に通じることだと

思っています。




******************************




うまくチャンスを掴めば、

“やくどし”パワーで

まさに物語の主役のような

大活躍ができるかもしれませんね!




次回からは、

~世界を動かす都市伝説~

『政治家の隣にいる占い師』

のお話をご紹介します。





↑このページのトップへ