月別アーカイブ / 2019年01月






1月も明日で終わり。


新年を迎えてから

あっという間ですね……!



さて、今回は

『小さいおじさんは東京に住処が?!』

のお話です!





******************************





『小さいおじさんは東京に住処が?!』





神出鬼没の小さいおじさんですが、

実は住処が東京にあります。


そこは、

杉並区にある大宮八幡宮です。



「東京のへそ」とも呼ばれ、

歴史があり由緒正しいこの神社は、

子供の守り神ともいわれていて、

安産や子授かり、

成長祈願のご利益があり、

敷地内には幼稚園まであります。



関連は不明なのですが、

大宮八幡宮の中で

小さいおじさんを見るというよりも、

小さいおじさんの目撃者の多くが

大宮八幡宮に行ったことがある

というジンクスがあるんです。





******************************





小さいおじさんに会ってみたい方は

大宮八幡宮に行けば、

いつか会えるかもしれませんよ!



次回は

『小さいおじさんの姿、そして正体とは……?』

のお話をご紹介します。














厳しい寒さと乾燥が続き、

インフルエンザ流行警報が

でているそうです。


日々の予防を心掛けて下さいね!



それでは、今回からは

『神社の精霊と土地の守護神!』

のお話です!





******************************





『会うと幸せに……? 小さいおじさん』





会うと幸せになると言われている

「小さいおじさん」を見たことがありますか?


もう20年以上前から、

芸能界でもたくさんの人が

目撃談を語っています。



お風呂場で髪を洗っていたら、

バスタブのところに自分の方を見ている

小さなおじさんがいたけれど、

ビックリしすぎて声が出なかった。


そのまましばらく睨み合っていたら、

パッと消えた……

など目撃談にはいろいろありますが、

総合すると、

「ひとりでいるときに出る」

「何かに集中しているというよりは、

 やや無心に近い精神状態のときに見る」

「霊を見たことがある人見やすい」

という共通点が。


そして、

目撃した人は驚きはしますが、

恐怖心のようなものは

全く抱かないそうです。



心霊写真を見たときに

ゾッとする場合は悪霊が写っていて、

嫌な感じがしない場合は

先祖や守護霊なのだそう。


そう考えると、

小さいおじさんは人間にとって

悪い存在ではなく、

昔から共存してきた

コロボックル、木霊、

座敷童子のような存在なのかもしれませんね。





******************************





小さいおじさんは東京にいる……?!

次回詳しくお話しましょう。



次回は

『小さいおじさんは東京に住処が?!』

のお話をご紹介します。













早いもので、

1月も半分が過ぎました。



そして、今回で

「東京に密集するパワースポット!」

は最終回になります!



それでは、ラストの回

『東京マラソンのランナーは人間風車!?』

のお話です!





******************************





『東京マラソンのランナーは人間風車!?』





都庁をスタートして

有明でゴールするまでに

霞が関の付近を何度も通るのは、

官公庁や金融機関の本店が集中している

日本の中枢の交通網が

災害時にどうなるのかをシミュレートするため

だったのでは? とささやかれました。


また地図でコースを俯瞰すると

都市部と周縁部を

何度も行き来していることがわかりますが、

これには風水的な狙いがあるようです。



東京は江戸時代に

風水都市としてつくられましたが、

現在では高層建築物によって

空気が停滞するようになってしまいました。


そこで何万もの人を

”人間風車”として走らせ、

都内の気を動かして、

東京を活性化させようとしたそうです。


何万人ものランナーによって

都心部の邪気を集め、

それを有明の海に流すのです。


ただ、2017年からはコースが変更され、

ゴールに至っては

有明ではなく東京駅に。


これによって都心部にまた邪気が

溜まってしまうことになるのでしょうか。



ちょっと心配ですね。





******************************





東京はパワースポットの密集地帯。


これから東京がどう変化していくのか

知れば、今後の見方が変わるでしょう!


次回からは

『神社の精霊と土地の守護神!』

のお話をご紹介します。









↑このページのトップへ