月別アーカイブ / 2018年09月




9月もラストの週になりました!


今回で『スピリチュアル都市伝説~モンゴルの聖地で宇宙パワー!』

は最終回になります。



それでは、ラストのお話

『不思議な縁で結ばれた、シャンバラランド』

のお話です!





******************************





『不思議な縁で結ばれた、シャンバラランド』





未知の場所だけに、

シャンバラランドへ行く前は

ちょっと不安でしたが、

無理してでも本当に行ってよかったです。


これまで訪れた

有名パワースポットのなかで、

もっとも人間の手が入っていない、

自然のエネルギーをダイレクトに

実感できました。


マチュピチュやイースター島に比べたら

日本からのアクセスもはるかにいいですし、

治安もいいです。


何よりも、

観光化されていないところが魅力的。


冬はマイナス30度なのが難点ですが、

夏に訪れたいパワースポットとしておすすめします。



実は、シャンバラランドには、

ダンザンラブジャーのお弟子さんたちの生まれ変わりか、

何らかの関係があった人しか

来られないと言われています。


確かに、何かの縁や、

直感的な勢いがないと

モンゴルの奥地まで行かないですよね。


僕もモンゴルの聖地に

ご縁が?!


そう考えるだけで気持ちが高ぶります。





******************************





今回で「スピリチュアル都市伝説~モンゴルの聖地で宇宙パワー!」

は最終回です。


次回からは、『パワースポットに秘められた磁場と活力!』

のお話をご紹介していきます!













すっかり涼しくなってきました!


今週も3連休がありますので、

お出かけされる方は

十分に秋を満喫してくださいね。


それでは、今回は

『世界を制覇する者はシャンバラを訪れる』

のお話です!





******************************





『世界を制覇する者はシャンバラを訪れる』





モンゴルの英雄といば

チンギス・ハーン。


彼もシャンバラランドに来ていたそうです。



彼が率いた騎馬軍団の圧倒的な強さは、

この土地から得たパワーのおかげかもしれませんね。


シャンバラランド以外に、

宇宙エネルギーが集まる場所が

チベットにもあるそうです。


あのヒトラーも探していた

幻の聖地シャンバラ。


世界を征服しようとしたチンギス・ハーンと

ヒトラーが惹きつけられるふたつのシャンバラの力は、

どちらも相当なものだったはず。


中国や西洋では、

その残虐な振る舞いから

悪魔のような人物とされているチンギス・ハーンですが、

モンゴル人からは

国民的な英雄として知られ、尊敬されています。


ウランバートル郊外には

高さ40メートルの巨大なチンギス・ハーン像があり、

中に入って上る事も可能。


現在、この巨大チンギス・ハーン像を取り囲む

1万体の騎馬兵隊像が制作中で、

1万ドルを払えば騎馬兵隊の顔を自分の顔にしてもらえるそうですよ。





******************************





中国の有名アクション俳優も

すでに予約済みとのこと。

現地に行ったら、必ず発見したいですね!



次回で

『スピリチュアル都市伝説~モンゴルの聖地で宇宙パワー!』

のお話は最終回です!


ラストの回は、

『不思議な縁で結ばれた、シャンバラランド』の
お話をお伝えします。












徐々に秋の訪れを感じますね。


気温差が激しいので

体調を崩さないようご注意ください!


それでは、今回は

『女人禁制、男子禁制の岩山』

のお話です!





******************************





『女人禁制、男子禁制の岩山』





男性と女性で立ち入ることができない

岩山がシャンバラランドにはあります。



「ハルオール」という山は女人禁制。


日差しや風を遮るもののない

土がむき出しの山は、

かなりの急こう配で道のりも長く、

見た目よりも厳しい登山でしたが、

自分の願いを唱えながら

1時間かけて登頂しました。


大変だった分、

かなりの達成感がありました。



逆に男子禁制の「おっぱい岩」もありました。


女性の乳房の形をしたふたつの岩は

遠目にも特徴的でしたが、

男性は近寄ることはできません。


ここにミルクをかけながらお願い事をすると

願いが叶うそうです。



あと、シャンバラランドで買ってきたのが、

モンゴル産のウォッカ。


シャンバラランドのあちこちに

祀られている神様に

半分くらい振りかけると、

残りが聖水になると信じられています。


それを大事なものに振りかけると

お守りになるとか。


僕は今でも、

空き瓶を大事に保管しています。





******************************





禁制の岩山には驚きました。

日本にはない風習ですね!



次回もシャンバラランド関連のお話で、、
『世界を制覇する者はシャンバラを訪れる』
お話をお伝えします。









↑このページのトップへ