人と会うことや楽しいことが少ないままだと、どうしても頑張れないですね。

たまにはちょっとずつ人と会いながら、生きるエネルギーをチャージしましょう!


今回も、

『不運の正しい使い方』

のお話をしていきます。





******************************


『お金は、「お金が好き」な人が好き』


金運を上げたいなら、まず

「お金に対するマインドセット」を変えた方がいいと思います。

お金が大好きで、たくさん欲しいと願っていながら、

どこかで「お金儲けは汚いこと」というイメージが拭えない。

日本人のDNAには、どうも「お金=卑しいもの」という観念が

刷り込まれている、とも言われています。


清貧が美徳とされ、子どもの前でお金の話をするなんて論外。

これは日本人ならではの価値観であり、

一面、尊い部分もあるとは思います。


でも、こんなふうにお金を悪者扱いするばかりでは、

金運が上がらなくて当然ではないでしょうか。

誰も自分を嫌っている人には寄り付きたくないように、

お金だって、自分を悪者扱いする人のところにはやってきませんから。


お金儲けは、決して汚いことではなく、

新しいことやワクワクすることを生み出すこと。

そして、人様からお金をいただき、そのお金を景気よく使う、

あるいは多額の寄付をしてお金を世の中に回せば、

儲けは世間様に還元されます。


アメリカのお金持ちは、みなそういう考え方をしていると言います。

だから、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ、

フェイスブック創立者のマーク・ザッカーバーグ、

世界屈指の投資家であるウォーレン・バフェットなどなど、

名だたる大金持ちは、例外なく多額の寄付を行っています。

それ自体が、多額の税金対策になるという一面もあるようですが、

多額の寄付によって、世間から得た富を還元していることには変わりありません。


一言で言えば、お金とは、世の中を底上げするエネルギー。

お金儲けは、そのエネルギーを得ることで、

世間に貢献することなのだと考えればいいと思います。

このようにお金に対するマインドセットを変えると、

いわゆるお金持ち、成功者を見る目も違ってくるのではないでしょうか。


お金を悪者扱いしていると、「何か悪いことをしてお金を儲けたに違いない」

「利益ばかり追求して、卑しい人だ」という見方をしがちです。

でも、お金そのものを良いものだと思えたら、

どうやってお金を儲けたのか、謙虚に、真摯に学ぶ姿勢になれそうです。


お金のマインドセットが変わると、お金持ちから積極的に教訓を得ようとし、

お金持ち施行に近づきやすくなる。これも、金運アップの元と言えます。


******************************

これを機にお金へのイメージを一新してみるのはどうでしょうか。

お金に嫌な印象を持っている人は、ぜひ参考にしてみてください!






次回は、

『スマホ、パソコンの画面から元気をもらおう』

をご紹介します。