雨の降る日が多くなりましたが、

梅雨晴れで青空が広がるときは気持ちも明るくなりますね!


今回も引き続き、

『「運力」も、知力や体力と同じように鍛えられる』

のお話をしていきます。




******************************



『迷ったり悩んだりしたとき立ち返る「誰のため、何のためにやっているのか?①」』



「自分は、誰のため何のために、この仕事をしているのか」

どんな仕事であれ、

こうした「信念」がはっきりしていると、

迷ったり悩んだりしたときにも、

つねに、

心が原点に立ち返ることができると僕はそう思います。


そして、

また仕事をがんばろうと思えるのではないでしょうか。


仕事においては、信念があるかないかで、

運を切り開けるかどうかが大きく分かれると思います。


信念があると、心が定まり歩む道がぶれません。

そして、

ぶれないところには幸運もやってきやすいと思うのです。

人のご縁一つとっても、信念のある人のほうが、

人から応援されたり、巻き込んだりしやすいものでしょう。


僕の場合も「信念」と言っていいのかわかりませんが、

「手相を通じて人を楽しませたい」

「自分の可能性に気づき、

少しでも前向きになってもらいたい」

というのが、根っこにあります。


手相は、本来もっと難しくて怪しげな世界です。

でも、少し勉強してみると、

ものすごくいいコミュニケーションツールになると思いました。


そこで、師匠の原宿の母にも許可をとって、

手相の線を「KY線」「エロ線」

などと面白半分で言い換えてみたのが始まりでした。


そして今は、

テレビで多くの芸能人の手相を見せていただくようになりました。

ただ、僕にはその芸能人を通じて、

テレビの向こうの人たちに話しかけている、

という意識があります。




******************************


「信念」をもって仕事をしていますか?

原点を思い出してみてください。



それでは次回も引き続き、

『迷ったり悩んだりしたとき立ち返る「誰のため、何のためにやっているのか?」②』

をご紹介します。