3月も今日で最後ですね!

新学期や新生活がいよいよ始まります。

そうでない方も気持ちを新たに、良いスタートにしましょう。


今回も引き続き、

『「運力」も、知力や体力と同じように鍛えられる』

のお話をしていきます。




******************************




『人は「欲しいもの」は手に入らず、「必要なもの」は手に入る①』



欲しいものが手に入らないと、落ち込みますよね。

でも、それが「自分には必要なものではなかった」としたら、

どうでしょうか?


「欲しいという気持ち」

「欲しかったのに得られなくて悔しい気持ち」

それは、一気にトーンダウンするのではないでしょうか。


人は、「欲しいもの」は手に入らないけど、

「必要なもの」は手に入る。


これは、ある恩人から言われた言葉です。

ものは言いようと思うかもしれませんが、

それ以上に、この言葉は真実を表していると思います。


今の自分は、過去の蓄積の結果です。


思い起こせば、あの時のあの出来事も、

あの出会いや、あの一言…過去のすべてが、

今の自分を作っているわけです。


ということは、こうも言えますよね。

それらすべてが、

今の自分を作るために必要なものだったと。

逆に言えば、今まで得てこなかったものは、

今の自分を作るために必要のないものだったと。


たとえば、僕はずっと漫才コンビてした。

お笑いで名を上げたいと思っていたけれど、

うまくいかずにあえなくコンビ解散。

自分一人では無理だと思い、

もう芸人を辞めようと考えたこともありました。


でも、今はこうして「手相芸人の島田秀平」として、

何とか芸能界でやってきています。

ずっと手相には関心があり勉強をしてきましたが、

まさか、それで人前に出られるようになるとは。


お笑いで天下を取りたいという僕の願いは、

結局叶いませんでしたが、手相をはじめ、

都市伝説や怖い話でお呼びがかかるということは、

そこが自分の生きる道、

必要とされている場所なのだと思っています。



******************************



「欲しいもの」と「必要なもの」
改めて考えてみてくださいね。



それでは次回も引き続き、

『人は「欲しいもの」は手に入らず、「必要なもの」は手に入る』

をご紹介します。