早いもので、いよいよ11月ですね!


秋らしく、紅葉も色づいてきて、

既に見ごろな地域もあると思います。


感染症対策しつつ、

紅葉狩りを楽しむのもいいと思いますよ!




今回からは、

『運のいい人は切り替え上手』

のお話をしていきます。




******************************




『運のいい人は切り替え上手~その1~』




悪いことがあっても、失敗しても、

クヨクヨし続けないこと。


これも、運のいい人の共通点だと思います。


前回にお話しした行動の早さとも関連しますが、

さっと気持ちを切り替えて

次に向かうことができるということなのです。


そしてこれは、「自分の運を信じること」、

ひいては「謙虚さ」と表裏一体なのではないか、

とも思います。


失敗したときに、クヨクヨ悩み続けるのは、

一つには、「自分の努力が足りなかった」

「自分の能力が及ばなかった」

という自責の念があるからです。


これこそ一見、謙虚なようですが、

裏側には「自分の力だけでやっている」

という考えもあるように思えます。


自分の力だけを信じてやっているから、

失敗したときに、とりわけ自責の念に

かられるのではないか、ということです。


その点、運を信じている人には、

いつもどこかに「運のおかげ」

という考え方があります。


みずから努力もしつつ、

別の一面では自分の力を超えたもの、

たとえば不思議な巡り合わせのおかげ、

人様のおかげ……など、

こうしたものに助けられているんだ、

という謙虚な姿勢。


だから、失敗したとしても

「今回は、運がなかったな」

「今回は、巡り合わせが悪かったな」と、

ある意味、割り切ることができるのです。



******************************



まずは、何事も引きずらない、

気持ちの切り替えが早いという

シンプルな姿勢が大切です。



次回も引き続き、

『運のいい人は切り替え上手~その2~』

のお話をご紹介します。