4連休はしっかり休息できましたか?


これからの秋本番を楽しむためにも、

しっかりエネルギーをためておきましょう!




今回も引き続き、

『オカルト時代を振り返る』

のお話をしていきます。




******************************




『オカルト時代を振り返る~その2~』



前回にお話しした、

ノストラダムスの大予言から始まった

勢いのある第一次オカルトブームと、

バブル崩壊後、未来への不安から

起こった第二次のブーム。


ここからしばらくの間をおいて、

第三次ブームが始まりました。



2010年代になると

オカルトをバラエティ番組などで

とりあげることは以前よりも

少なくなっています。


ですが、ドキュメンタリー番組などで

UFOや心霊現象、歴史ミステリーを

学術的な見地から考察する重厚な番組が増え、

半世紀近くにわたって蓄積されてきた

オカルト情報の厚みを感じます。


そして現在では、

SNSや動画投稿サイトをはじめに、

オカルト情報が増え続けています。


この、今のブームを支えているのは

間違いなく若い世代と、

スマホやインターネットの普及でしょう。


ネットによって、地方の噂話や怪談が

一気に全国区になり、海外の超常現象も簡単に

情報収集できるようにもなりました。


思えば、アメリカ本土がテロリストに攻撃されるとか

独裁国家が継承争いで暗殺事件を起こすとか、

諜報機関が未確認飛行物体や超能力の

研究をしていたことを公開するとか、

現実がむしろオカルトめいてます。


数十年前なら都市伝説で語られる

陰謀論のようなことが、

現実にも起きています。




******************************



第三次オカルトブームは、

最初のブームほどの勢いは

ないかもしれませんが、

しっかりと広がり続けているんですね。