なんだか急に

涼しくなってきた気がします。


気温差で体調を崩さないように

気をつけてくださいね!




今回からは、

『オカルト時代を振り返る』

のお話をしていきます。




******************************




『オカルト時代を振り返る~その1~』




振り返ると、第一次のオカルトブームは

「ノストラダムスの大予言」が出版され、

当時の日本テレビのディレクター

Y追さんが作った秘境探検番組や

UFO特番が始まった1970~80年代です。


テレビに超能力者が出演しまくり、

UFOやUMAが本気で捜索され、

心霊ドキュメンタリー番組によって

呪いの人形や心霊写真が一般家庭でも

恐れられるようになっていきました。


その後、バブルが弾けて

高度経済成長期が終焉した90年代には、

未来への不安から終末思想が盛りあがって

第2次ブームが起こりました。


前世ブームも、このころになります。


21世紀はしばらく落ち着いていたのですが、

十数年ほど前からゴールデンタイムのテレビ番組で

都市伝説やオカルトを扱うことが増えています。


フリーメーソンやイルミナティという言葉が

普通に飛び交う番組が放送されているなんて、

よく考えたら不思議なものです。


さらに、2012年12月のマヤの終末予言を経て、

第三次ブームは続いていきます。




******************************


スプーン曲げに驚いたり、

ネッシーやツチノコの名前が

広く知られるようになったり、

コックリさんに挑戦してみたり、

懐かしく感じる方も

いらっしゃるのではないでしょうか?




次回は引き続き、

『オカルト時代を振り返る~その2~』

のお話をご紹介します。