かなり寒くなってきたと思います!


せっかくの年末に体調を崩さないよう

防寒対策などしっかりと準備しましょう。



それでは今回は、

『一年間のマスコット「干支」』

のお話をしていきます。





******************************





『一年間のマスコット「干支」~その1~』




数秘術に加えて、その年のテーマを

干支から読むこともできるんです。


ふたつを掛け合わせて一年の運気を読むと、

より深く「流れ」を感じられるはずですよ。


まずは、十二支それぞれについて、

どんな年になるのかを

前後半に分けて解説していきます。


今回は、子丑寅卯辰巳です。



【子】「ね」は根っこの根に通じ、

まさに根を張る年です。

ここから新たな運気が始まっていくので、

そのためにしっかりとした準備をしてください。



【丑】丑の字は、「いとへん」を付けると「紐」に。

自分を紐解き、自分の内側を見つめて

弱点を克服するといい年になります。

分析ができたら、きっちりと紐を結んでください。



【寅】「さんずい」をつけると「演」になります。

憧れの人物をマネて、理想の自分を思い描いて、

その人に近づけるように演じてください。



【卯】子年に根を張って、

丑年に自分を見つめ直して、

寅年にあこがれの人に近づいた人が、

「卵」を生む年になります。



【辰】「立つ」ということから、

立ち上がる、独り立ちするときです。

ホップ・ステップ・ジャンプで言えば

ステップに当たる年になります。



【巳】それまでの努力が「実」を結び、

周囲から認められるジャンプの年です。

卯年に生んだ卵が辰年に立ち上がり、

巳年に実るというイメージです。




******************************




いかがでしたか?

来年は子年、準備の年になりそうですね。


今後のことを考えて、しっかりと

足場を固めていくと良さそうです。




次回は、残りの六つを

『一年間のマスコット「干支」~その2~』

のお話でご紹介します。