いよいよ12月ですね。

来年までもうひと踏ん張り、

がんばっていきましょう!



今回は、

『決着のついた「9」の年』

の話をしていきます。





******************************





『決着のついた「9」の年』




前回にもお話しした数秘術ですが、

これは世相全体にも通じるんです。


西暦の4ケタを足すだけで、

シンプルにトレンドを読むことができます。


たとえば、2016年は「2+0+1+6」

=「9」の年です。


集大成、けじめ、収穫、別れ、

決断を表す一年でした。


そして2017年は「1」の年。


2017年に仕切り直してスタートするために、

決断を先送りにしてきたことに答えを出すのが

2016年全体の運勢です。


少し振り返ってみると、2016年は、

長年交際してきたカップルが

いよいよ結婚を決意する流れがある一方で、

危ないといわれてきた夫婦やカップルが

別れる年でもあったんです。


「9」の年は、頑張ってきた人が

収穫を手にするといわれる年。


お笑いの世界では下積みの長い芸人さんが

アラフォーでブレイクする流れがありましたし、

役者さんもベテランの脇役さんに

注目が集まっていました。


「酸いも甘いも」ではなく

「酸い」しか味わってこなかったような人たちが

ぐっと出てきたんです。


そして、決着がつく「9」の年は、

長年隠されていたものが表沙汰になり、

世間から審判が下る年でもありました。


例を挙げるときりがないので控えますが、

2016年は秘かに続けられていた不倫が明るみに

出たという報道が異常なほど多い年だったんです。


他にもテレビの長寿番組が次々と終了したり、

政界やスポーツ界での不祥事が一気に表沙汰に。


でも、こうした動きはけっして悪いことではないんです。

「9」の年のうちに溜まった膿を出しきり、

いらないものを削ぎ落としたひとほど、

「1」の年にいいスタートダッシュが切れたはずですよ。




******************************




数秘術をもとに今年を振り返ってみるのも

面白いかもしれませんね。





次回は、

『一年間のマスコット「干支」』

のお話をご紹介します。