前回お教えした「カバラ数秘術」での

一年のテーマの計算方法のおさらいです。


12月5日生まれの人の2020年のテーマなら、

「2+0+2+0+1+2+0+5」=12。

ふた桁なのでさらに足して「1+2」=3。

つまり【3】の部分を見ればいいんですね。



それでは、

『数秘術を使って再スタート!~その2~』

の話をしていきます。





******************************





『数秘術を使って再スタート!~その2~』




以下が、数字ごとに象徴される一年のテーマです。



【1】始まりの年。まっさらな状態なので、

とにかくたくさんの種を撒くことです。

新しいことにどんどん手を出してみましょう。



【2】対人運上昇の年。義理と人情を大切に、

人とのつながりを意識して誠実に行動すると、

いい出会いに恵まれます。



【3】ご褒美の年。プライベートでも仕事でも、

嬉しいことが起きやすい1年になります。

迷わずに、勢いのままに動いてみてください。



【4】基礎固めの年。新しいことに手を出すよりも、

今の状況で自分自身に何ができるのか、

足元を見つめ直す時期になります。

引っ越しや模様替えなど、

巣作りにも適した年でしょう。



【5】チャレンジの年。新しい仕事や人間関係、

苦手意識のあったものなどに挑戦してみてください。

闇雲に手をつけるのではなく、

本格的に始めることが「1」との違いになります。



【6】奉仕の年。自分ではなく人のために動いて、

たくさん恩を売っておきましょう。

お金にはならなくても、「ありがとう」と

たくさんいわれるようにしてくださいね。



【7】勉強の年。お金や時間を自分のために使うと、

先々で成果が出やすくなります。

習い事や資格取得に適した年でしょう。



【8】なすがままの年。深く考えず、

ここ数年の流れに逆らわず、

波風を立てずになんでも受け入れてみてください。



【9】決断の年。よくも悪くも結果が出る年です。

自分の周辺や内面にある余計なものや

いらない人間関係を断捨利してください。





お察しのとおり、毎年、

数字がひとつずつ増えていきます。


種を撒き、人間関係を広げ、

ひとまずの収穫を得たら基礎固めを……

というサイクルを教えてくれています。


その年のテーマをしっかり意識して、

翌年につなげていくことで、

「9」の年によい結果を得て、

「1」の年によいスタートを

切ることができるはずですよ。




******************************



ちょうど区切りのいい時期ですから、

今年のテーマを振り返ってみたり、

来年からもこのテーマを意識して

過ごしてみてはいかがでしょうか。



次回は、

『決着のついた「9」の年』

のお話をご紹介します。