6月に入りましたね。

今月も身の毛がよだつ怪談話を

ご紹介していきます。



今回は

『人気芸人Yの体験談』

のお話をしていきます。





******************************





『人気芸人Yの体験談』





「ひとりかくれんぼ」を、

芸能界で体験したYさん。

それは地方ローカルの

深夜番組の企画でした。


「ひとりかくれんぼ」は、

絶対にひとりでやらないと

いけません。


そうでないと、

居合わせた自分以外が、

呪われてしまう…

といわれているのです。


でも、Yさんはとにかく

怖がりなので、

「ひとりになるのは絶対に嫌だ」

と譲りませんでした。


企画を中止するわけには

いきませんので、

ディレクターさんは

こんな提案をしました。

「僕らも部屋の中にいるから、

Yさんは10分だけ押入れに隠れて、

『ひとりかくれんぼ』をやりました、

という場面だけ撮らせて」と。


Yさんは、

「絶対にいてくださいよ!」

と念押しして、

押入れに入ったのです。


しかし、

Yさんが押入れに隠れている最中、

外から、不思議な音が。


「ジジジジジ……

ジジジジジ……」


まるで、ラジオの周波数を

合わせるようなノイズが、

聞こえてきたそうなのです。


Yさんは、

「これは音声さんの機材が

鳴っている音なんだ」

と思って、むしろ

安心したようです。


でも実は、

「外で待っているから」

という約束は、

嘘だったのです。


実際は、

Yさんをひとりにして、

撮影していたのです。


騙したのはひどいですが、

番組としては、

「ひとりかくれんぼ」

の術式のとおりに、

撮影されてました。


となると、

Yさんが聞いたノイズ音は

音声機材のノイズではなく…

なんだったのでしょう?


もし、あの場に

もう少し長くいたら、

本当に危険なことに

なっていたかもしれませんね。





******************************





ノイズ音の正体が気になりますね…




次回は

『人形からの抗議!?』

をご紹介します。