強い台風が接近していますね。

9日に東日本へ上陸する恐れがありますので、

通勤やお出かけの際は、

十分に注意してくださいね。



それでは、今回も

シャンバラランド関連のお話で、

『神の地に積まれた白い石』

のお話です!





******************************





『神の地に積まれた白い石』





ハマリンヒード寺院には、

小石で縁取られた

長い道があります。


僧侶ダンザンラブジャーが

この場所にハマリンヒード寺院を建てると決めた時、

彼についてきたお弟子さんたちの行列は

20キロにもなったそうです。


この長い道は、

僧侶ダンザンラブジャーが

「お前たち、

 落ちている小石を手に取って、

 自分の横に置きなさい。

 それがここを訪れる人にとっての

 天国に通じる道になるのだから」

といって、弟子たちに作らせたものといわれています。



”シャンバラ”の意味は

”神の土地”。


この土地に転がっている白い石を拾って、

然るべき場所にポンと置いてくると、

死んだときに閻魔様が

「お前は天国に縁がある人間なんだな」

といって、天国に行けるという言い伝えもあります。


そのためか、

シャンバラランドのあちこちに、

ものすごい高さの

白い小石の山が出来上がっていました。





******************************





パワースポットは

不思議なパワーが宿った地です。


立ち寄った際に気を付けるべき事を

次回皆さんにご紹介します。



次回はパワースポット関連のお話で、

『パワースポットでの注意行動』の
お話をお伝えします。










怪談ライブツアーのお知らせです!



≪チケット購入URL≫

≪お問い合わせ≫
ホリプロコムTEL:03-5759-1530(平日13:00-18:00)

≪ライブ詳細≫