ここ数日、

厳しい寒さが続きますね。


お出かけの際は、暖かい服装で、

体調を崩さないようにしてくださいね!



それでは、今回は

『ハチ公は、東京を守る狛犬?!』

のお話です!





******************************





『ハチ公は、東京を守る狛犬?!』





古より都を造る際、

為政者は天下太平を願い、

いろいろな結界を

張り巡らせました。


江戸の場合は、

徳川家康の側近である

天海という僧侶が江戸城を中心に

鬼門と裏鬼門に神社仏閣を配し、

陰陽五行の考えのもと、

五色不動を配置。



現代日本においても、

皇居の周りを囲む山手線が

結界になっているという説が。


風水では、

鬼門(北東)と裏鬼門(南西)のラインが

非常に重要な意味を持ちます。


山手線の駅でいうと

上野が鬼門に、

渋谷が裏鬼門に位置しています。


その渋谷に

それぞれ配置されているのが、

西郷隆盛像と忠犬ハチ公像。


西郷隆盛像は

幕府側の人間で新政府の敵です。


その人物を、

なぜ明治維新は銅像にしたのでしょう?



これは、戦後に敵方を奉ることで、

強力な守り神とする、

平将門の首塚にも通ずる考え方に

あるとされています。


では、軍服姿ではなく、

愛犬を連れている姿を

銅像にしたのはなぜか?


これはむしろ西郷さんではなく、

ツンが銅像の主役という説があります。



鬼門のツンと裏鬼門のハチ公が、

対になって、東京を守る

狛犬の役割を果たしているといわれいます。



過去、ハチ公像が

撤去や移動を余儀なくされたことが

2回あります……。


撤去された際に起こったことは

また次回、お話しますね。





******************************





ハチ公像を撤去した時

過去に日本で起こったこととは……。



次回は

『ハチ公が撤去されたとき、日本は……』

のお話をご紹介します。













12月に入りました!


年末に向け、

忙しく過ごしている方も

多いのではないでしょうか。



さて、今回は

『東京の狛犬、ハチ公』

のお話です!





******************************





『東京の狛犬、ハチ公』





2020年に向けて、

東京五輪の工事が

東京各地で行われてます。


渋谷駅周辺で進行中の

「渋谷駅街区土地整理事業」、

完成予定はなんと2027年。


なにしろ地上46階建ての

オフィスビルを含む3つのビルや、

東西をつなぐ自由通路などが

造られる大工事です。


五輪をまたいで、

渋谷の風景は

大きく変わっていくでしょう。


長期に及ぶ工事期間中、

一つ心配なのが、

西口の忠犬ハチ公像です。


移転するのか、

一時撤去するのか、

動かないまま工事をするのか。


動かすとしたらどこへ?



都市伝説的な見地において、

ハチ公像の処遇はとても重要。


事と次第によっては、

東京、はたまた

日本が壊滅するかもしれません。



次回から、そのことについて

じっくりお話しましょう。





******************************





ハチ公像の処遇によって

なぜ日本が壊滅してしまうのか、

次回から詳しく、お話致します。



次回は

『ハチ公は、東京を守る狛犬?!』

のお話をご紹介します。













早いもので

今年も残り一ヵ月と少し。


気持ちよく年末を迎えたいですね!



それでは、今回は

『脚光を浴びた、「清正の井戸」!』

のお話です!





******************************





『脚光を浴びた、「清正の井戸」!』





実は…… 

清正の井戸の話を知り合いの芸人さんや

タレントさんの手相をみるときに、

「こんな場所があって、

 気持ちが良かったですよ」と話すうちに、

芸能外で広まっていったんです。



決定的だったのは2009年末。


ある番組で来年のブームの予想をする

コーナーに出たとき。


「アイドルはこのグループが来ますよ」

「お菓子はコレが話題になりますよ」と、

各ジャンルに詳しい出演者が

いろいろな予測をするなかで、

僕はパワースポットとして

清正の井戸を紹介しました。


「井戸の写真を

 携帯電話の待ち受け画像にすると

 いいことがあるといわれているんですよ」

なんて自分の待ち受け画面を紹介したら、

翌年のお正月には

清正の井戸に行くために

なんと5時間待ち!



もともと

初詣の人でにぎわう明治神宮ですが、

前年まで注目されていなかった井戸が、

にわかに脚光を浴びました。


その後、

「清正の井戸に行ったら新しい仕事が決まった」

という体験談がすごい勢いで広がっていき、

すっかりパワースポットとして定着しました。



僕自身、

清正の井戸に行くようになってから、

この仕事が軌道に乗ったと感じています。


今も折々に足を運んでいる、

大切な聖地です。





******************************





2019年の初詣に

立ち寄ってみてはいかがでしょうか?


次回は

『東京の狛犬、ハチ公』

のお話をご紹介します。









↑このページのトップへ