今週末の土曜日、1月16日は

一粒万倍日と天赦日が重なる

ラッキーデーがやってきますよ!


新しいことを始めるチャンス、

ぜひ活用してくださいね。



それでは、今回からは

『「最悪」のあとには「最高」がやってくる』

のお話をしていきます。




******************************




『「最悪」のあとには「最高」がやってくる~その1~』



運気には、上がったり下がったりと波があります。


「禍福は糾える縄の如し」とも言うように、

災いと幸福はどちらも永遠に続くものでなく、

交互にやってくるものです。


「最悪!」と思えることがあっても、

そのあとには、必ず

「最高!」の波がやってきます。


その証拠(?)とも言うべきか、

占い師はたいていの場合、

運がいい人には「長くは続きませんよ」と言い、

運が悪い人には「いずれ運気が上がりますよ」

と言います。


よく考えると当たり前なことなのですが、

そう言っておけば占いの的中率は

100パーセントになるからです。


運気が上下するのは自然の摂理。


そう考えるだけでも、

ちょっと気が楽になりませんか?


もっと言えば、運気の上昇期にも

低迷期にも、意味があるのです。


朝には朝の、夜には夜の役割があり、

それぞれに適した過ごし方があります。


それと同様、運の上昇期と低迷期には、

それぞれに意味があって、

ふさわしい過ごし方があるわけです。



******************************



「最悪!」と思うことがあっても

それは、ある程度は仕方のないこと。


以前にもお話したように、

悪いことばかり考えてしまうと、

低迷期を長引かせるだけになりかねないので、

気楽に考えるようにしましょう。



次回も引き続き、

『「最悪」のあとには「最高」がやってくる~その2~』

のお話をご紹介します。






あけましておめでとうございます!


2021年も感染症に気をつけつつ、

がんばっていきましょう!


今年もよろしくお願いします!



それでは、今回も引き続き、

『運の悪い人に共通すること』

のお話をしていきます。




******************************




『運の悪い人に共通すること~その2~』



僕のマネージャーが教えてくれた、

興味深い例からご紹介していきます。


まず、マネージャーの重要な仕事の一つに、

担当タレントの仕事のスケジューリングがあります。


彼も、つねに僕を含めた何人かの

タレントのスケジュールを

動かしているのですが、不思議と、

「忙しくても、空いている日時に

ちょうどよくオファーが入る人」と、

「ぜんぜん忙しくないのに、

なぜかオファーの日時が重なってしまう人」

がいるそうです。


そして、興味深いのはここからです。


スケジュールはガラ空きなのに

オファーが重なってしまって、

どちらかを断らなくてはいけなくなるのは、

たいていの場合「愚痴っぽい人」、

「悪口が多い人」だというのです。


反対に、忙しくても、空いている日時に

ちょうどよくオファーが入るのは、

基本的に文句も悪口も言わず、

楽しく仕事をする人たちです。


予定が組みやすいうえに、

「ここは休みたい」という日には

オファーが入らない、

という不思議もあるそうです。


マネージャー同士でも、

そういう話をよく聞くそうなので、

かなり普遍的な傾向なのでしょう。


愚痴っぽい人、悪口を言う人ほど、

すんなりと物事が進まなくなる。


だから余計に愚痴っぽくなって、

ますます運を下げてしまう…。


一方、文句を言わず、

つねに前向きな人は、

パチパチとパズルがはまるように、

物事がうまく進んでくれる。


だから、ますます前向きになって、人にも感謝し、

また幸運と良縁にも恵まれていきます。


芸能界だけでなく、きっとどこでも、

似たようなことが起こっているはず。


運は人と同じで、

「明るい人」「楽しい人」が好きです。


やはり、いつでも「前向きな心」にこそ、

幸運は訪れやすいのです。



******************************



まだまだ大変な時期ですが、

明るく楽しく、前向きな気持ちを

忘れないようにしたいですね!



次回からは、

『「最悪」のあとには「最高」がやってくる』

のお話をご紹介します。






色々あった2020年ももうおしまいですね。


皆様、今年もお世話になりました。


来年からも、どうぞよろしくお願いします!



今回からは、

『運の悪い人に共通すること』

のお話をしていきます。




******************************




『運の悪い人に共通すること~その1~』




行動力と徳、ノリと自信、

と運がいい人たちのお話を紹介をしてきましたが、

逆に運の悪い人には、どんな共通点があるでしょう。


人生には幸運も不運もあるもので、

どんなに運のいい人でも、

ときには不運に見舞われるもの。


そもそも、「幸運が良いこと」で

「不運が悪いこと」と、一括りに

決めつけることもできないと思うのです。


「もう! 運が悪いな」と思っても、

それが「徳」となり、結果、

幸運につながる場合だってあります。


ただ、日々の行いによって、

自分でわざわざ運を下げてしまっていたら、

もったいないですよね。


自分で運を下げてしまう習慣。


その筆頭は、「愚痴」や「悪口」なのです。


何かしら気に入らないことばかりで、

いつもブツブツ文句を言っている…。


そういう人は、

周囲の人からも敬遠されがちですが、

運も同じです。


愚痴っぽい人には、

幸運だって、寄り付きたくありません。


そして、この話をしていたら、

僕のマネージャーが、

興味深い例をあげてくれました。


その例については、次回にお話します!




******************************



もし、愚痴や悪口に心当たりがある方は

運を下げないためにも一度、

ぐっと我慢してみてくださいね。



それでは次回も引き続き、

『運の悪い人に共通すること~その2~』

のお話をご紹介します。


よいお年を~!


↑このページのトップへ