今話題になってる不思議の国のアリス症候群ですが、自分は子供の頃は熱になると割と頻繁になってました。自分のは遠近感がおかしくなるパターンと、体感速度が異常になるパターンが多く、体感速度の異常に恐怖感が付随してる感じで、大人になった今でも数年に一回ペースでなります。
子供の頃は熱がある夜中によくなってて、「どうしようどうしよう」と家の中をフラフラ歩き回ってたりしたみたいです、親には理由も分からなかったのと、次の日には本人も覚えてないような感じだったらしいです。

体感速度の異常は世界が全て早送りされているような感覚で、自分の挙動一つ取っても異様な速度を感じたりします。当然実際に早くなっている訳ではないのですが、感覚が異様に研ぎ澄まされているような状態で、今ではそうなる前兆の感覚が分かり、その兆候後徐々に感覚が過敏になり、数分後には完全に症状が出ます。
時間経過と共に恐怖感もどんどん増えていきますが、大人になってからは恐怖感が手に負えなくなる前に気が紛れるような事を考えたり、身体を無理矢理動かしたりすると症状を止めたりコントロール出来る事もあります。
4年前位に、なる兆候を感じた時に興味本位で、その恐怖感にどれだけ耐えられるか試そうと思い、そのままアリス症候群になり恐怖感を我慢した事がありました。
なり始めの1、2分は恐怖感に耐えられたのですが、どんどん増す恐怖感と焦りのような感覚に耐えられず5分位で断念。
なる前は我慢出来るんじゃないか?って感じですが、なった時の恐怖感はなってない時には表現すら難しいような特殊な感じです。


これが不思議の国のアリス症候群だと分かったのは10年前位で、当時久しぶりにこれになった時に、そういえばこれは何て症状なんだろう?とネットで調べて、アリス症候群に行き当たりました。
昨日テレビで取り上げられていた、親の顔だけが大きくなったり歪んで見える感覚とかは無かったのですが、超常的に広い空間に自分がいる感覚とか、遠近感の異常、速度の異常からアリス症候群なのではないかと感じました。

ちなみに遠近感の異常は今でも割と頻繁に起こりこれには恐怖感が無いです、気付いたら目の前の人がめちゃくちゃ奥にいる感覚(奥にいるのに大きさはそのままだから相対的にめちゃくちゃでかく感じる)になったり、人が手前で奥行きがすごくなったり様々で、いつの間にかなって気付いたらすっと戻ったりします。数ヶ月前にもなってますが、5分位ですぐ直りました。

数年に一回のペースでなるのが速度の異常で、これには今でも恐怖感が伴います。最後になったのは多分2年前位。
子供の頃は熱の時限定でしたが、大人になってからは熱が無くてもなり、多分疲労度も関係してて、疲れてる時ほどなりやすいです。
無音の中や、ずっと一定の音楽が鳴り続けてる中で集中してるとなったりします。外出中にはほぼなりません。


身近にアリス症候群持ちの人が一人いますが、自分とは症状や感じ方が違うみたいなので、速度系の異常は上手く伝わりませんでした。

生きていてなんの不便もないので、治したいとかは全く気にしたことはないですが、メカニズムが未だに解明されていないのはずっとモヤモヤしてます。
自分でアリス症候群状態になるコントロールが出来ないものか頑張ってみたことがありますが、なる条件が未だに分からないので出来ませんでした。

ネット情報でも速度の異常系の人の声はそこまで多くないので、Yahoo知恵袋にそれらしい投稿があった位で、自分と同じ感覚の人とはまだ出会った事がないです。

生きてるうちに解明されたらいいなーとはやんわり期待してる。