月別アーカイブ / 2016年08月

天国に一番近い音楽 発売決定しました!

ちょっとこちらについてお話しておきます

大前提として、このCDはお店に並びません

全国どこのお店に行ってもお店では購入出来ません

(※9月25日のみ大阪ライカさんでイベント終了時までは購入出来ます)

なんでお店で購入出来ないんすか?って所だけど

CDを販売するのにザックリ説明すると3パターンあります

①お店に並べずに自主的に販売する方法

②専門店等、一部のお店にのみ置いてもらう方法

③全国のCDショップやオンラインショップに置いてもらう方法

今までのユナイトのCDで言うならほとんどが③で

専門店のみで販売した三部作シングルやU -s m e h-、ミドルノートのCDは②で

渋公のみで販売したRe:niverが①

販売の規模感で違いが分かると思う

その他に何が違うのか?っていうと単純に販売コストで

売り手から買い手までどの位中間コストがかかってるかの違い

①は売り手→買い手

②は売り手→販売店→買い手

③は売り手→流通業者→販売店→買い手

間に何かが入っていればいるだけコストはかかって

①と③では売り上げは約半分にまで減る

なのでその分インストアイベントを乱発して

その穴埋めというか売り上げ補填をせざるを得ないのが現状

ただ間に入っているメリットも当然あって

"売らなくてはいけない"という共通の目的が生まれるので

流通業者だったり販売店も宣伝をしたりしてくれる

なので音楽を、CDを出すのであれば③で当たり前 というのが音楽業界の認識

①や②はインディーズバンド等が細々とする事だっていうのがいわば普通の考えなんだけど

時代の流れもあってCD自体が年々売れなくなってきている

俺の認識だと、ちょっと気になる曲がある とか

音楽は趣味って程じゃないけど気に入った曲があれば聴きたい って位の人は

もうわざわざCDショップに行ってCDを買うって事自体が億劫なんじゃないかって思う

スマホ一つで素人には劣化が分からない程度の音質の音源が手に入るなら

もうライト層がCDを買いに足を使う理由がない

そう考えると一昔前とはCDの在り方自体が変わって

ファンが集めるコアアイテム化してるのが実態なのかなと

じゃあ何故③の方法で今でもCDを出し続け

目減りした売り上げを補う形でイベントを乱発するんだろう?って疑問が湧いてきて

去年一年位は色々と考えを廻らせ五周年以降は既成概念を取っ払って

色々な方法を試してみようって思い

まずはデジタルリリースをしたのが先の三部作

デジリのメリット、デメリットも肌で感じて

デジリの良さが分かった反面、CDが在る必要性も感じた

なので次の一手として、よりコアアイテム化したCDをリリースしてみようと思い

流通に通さず、お店にも卸さないCDの販売に至りました

今までの様に③の販売方法でCD1パターンでイベントを東京と大阪で1回ずつやる程度では

CDの制作費はほとんど回収出来なかったけれど

①の方法なら単純に今までの半分の売り上げだったとしても成立するので

インスト乱発でお客さんに無理をさせる事もない という算段

その分売り上げ枚数も減るので、今までの様に複数購入で売り上げを水増しして

ランキングチャートの上位を得る事は難しいと思うけど

ランキングで上位を得る為に聴かれる事もないCDを大量に生み出すよりも

建設的でお客さんにも優しいんじゃないかなって想像をしています

まぁユナイトがCDを出すだけで何万もCDが売れるようになったら

①の方法ではとても手が回らないんだけど

現状の規模感なら①でも十分手が回るのでこういう方法もアリかな と



ここまではCDの在り方を考えた話なんですが

これまた時代柄、イベントを重視する声が多いのも確かで

天一ツアーで感じたのはライブとインストは別物なんだなって事

インストが無ければライブに客足が集まると思ってたんだけど

ライブにしか行かない人、ライブにもインストにも行く人

その他に、インストにしか行かない人 っていうのも今の時代にはいて

今の時代のインストは一昔前の"リリースの特典"ではなくて

もうそれそのものが一つの重要な要素なんだってのがよく分かった

なのであくまで売り上げの手段として取られた方法だったはずのインストが

お客さんの中でもっと崇高なものに昇華したんだなって

だとしたらインストをやらない事は需用に対する供給不足になるので

CDの事を真剣に考えるのと同じように

イベントの在り方の事も真剣に考えなきゃなって思ったのが割と最近の事です

まだまだ全然可能性や方法等を考えきれてないんだけど

もはやCDがイベント参加券みたいになってるなら

もういっそ参加券を売ればいいんじゃないの?とかは思った

もちろんCDを買っても参加出来るんだけど

何枚もCDが必要ないのに何回も参加したいからCDを何枚も買わなきゃいけないって

どうなんだろうなー健康的ではないなーって

けどCDを無くしたらただの握手会だ撮影会になって

バンドのする事じゃない とか、アイドルかよ とか

頭の固い人は論点をすり替えて言うと思うんだけど

間にCDがあるかないかだけで問題はそこじゃない

だとしたら今だってやってる事は同じだと思うんだよね

バンドでありながら握手会だって撮影会だってチェキだって売ってる

現にそういう部分に生かされているいると言っても過言じゃないので

そこに腹を括ってるなら考えなきゃいけないのってそういう事じゃなくて

いかにCDの価値を維持しつつイベントを確立させるかだと思う

ユナイトが終わらない為、続けていく為には

今まで"そういうものだ"って思ってやってきた事の中に無数にある疑問点に

根気よくぶつかっていく事かなって今は思ってる

まぁこういった奇天烈な発想は実装に至るまでに色々な障壁があるので

仮に今俺がこんな事を思っていても出来るかどうかってのは別の話なんだけど

色々な方法の二歩目として今回のCDはライブ会場と通販のみの販売にしました

宣伝力は確かに弱いけど、今までと変わらずCDを手にする事は簡単に出来るので

そのあたりは心配いらないと思う

ただ一つ注意点を挙げるとしたら

今回は追加生産をしないので完売した際はもう手に入らないものになります

買い忘れとかで気付いたらもうなかったって可能性も0ではないので

確実に手に入れたい場合は発売前に通販で予約か

イベントの際に入手するのが確実だと思います

一応多少の余裕は持ってるけど

数ヶ月後にもあるかどうかは微妙なラインです

そういう訳でもちろんイベントでも用意数に上限があるので

万が一CDが無くなったらイベントもその時点で受付は終了になります

ちなみに通販の方はある一定の期間内に注文してもらえたら

発売日に届くようになっています

もちろん天候や状況によっても変わるとは思いますが…

そんな訳で販売方法は今までと多少異なりますが

皆にはそうストレスなくCDが手に入るように考えたので

そのあたりは安心して楽しみにしててね!



内容に関してはもう既にデジタルリリースした三曲+αですが

デジリでは歌詞を付ける事がどうしても出来なかったので

やはりその点においてはCDの重要性を感じました

あと根強い需用があるoff voバージョンも

天一の代名詞のSEも

なによりCDというパッケージになって手元に残るっていうのは

CD世代としてはなにより嬉しいです/笑

久しぶりのリリースイベントも楽しみにしてる!

あと一ヶ月弱楽しみにお待ちを!

ゆっくりと書き進めてみます

今は29日の20時過ぎですが

まとまらなかったら時間を空けて整理して書こうと思うので

公開するのがいつになるか…笑



先ずは沖縄の事

元はといえばダーツでどっか行きたい、年越しを沖縄でしたいってLiNさんの案から

派生して派生してツアーの裏ファイナルをダーツで決めてみますかって所に落ち着き

蓋を開けたらダーツで沖縄に決まるっていう出来過ぎな結果になったんだけど

よくよく考えたら沖縄じゃなかったら逆にどんな裏ファイナルだったのか検討もつかない/笑

天国ってワードと沖縄の持つ雰囲気の親和性も良く

ダーツで沖縄に決まった事で見事に全てのパズルがハマったなって

沖縄もいつかは行きたいですねーなんてお茶を濁してた部分もあるけど

このタイミングで行けて本当によかった

色々と、やりたいなー、いつかねー、なんて思ってる事も

無理矢理やってみる事も大事かもなって思いました

FC旅行とかやってみたいけどそのうちかな、なんてずっと後回しにしてるけど

今回みたいにやらざるを得なくて強行するのもいい機会なのかもしれない/笑

単純にそういう事もそうだし

沖縄位離れていても会いに来てくれる人がいるっていうのはすごく勇気が湧いたし

その勇気が今後の色々な選択肢を広げてくれるいいきっかけになりました

どうとるかは皆次第だけど

締めくくりに相応しい、いいライブだったような気はしてます

楽しかった!

ライブ後の打ち上げ会も演奏が一切ない形でステージ上から皆と対するのはなんか新鮮で

しかも皆で乾杯出来たのも嬉しかった

ビンゴの景品はギリギリ嬉しいか嬉しくないか微妙なラインのモノを各地で集めました

俺のものに関しては大事にするも良し、大事にしないも良しです/笑

思い出の一つになっていれば十分

ライブも打ち上げも、それ以外の観光も

そこまで潤沢に時間があった訳じゃないけど

すごく楽しくて沖縄が好きになりました

タコライス発祥の店 KING TACOSのタコライス

A&WのA&Wバーガーも、イル・フレールのゆきいちごも

食べたものほとんど美味しかった

高校生の頃に来た時のどこか退屈な印象が一新出来た

行きたいところは3泊じゃ全然足りなくてほとんど行けなかったけど

その分また行きたいって思えてよかった

あと久しぶりに元同居人とも会えて

楽しい沖縄の旅でした!





ツアーを通しての事

五周年のTOKYO DOME CITY HALLワンマンで発表した今回のツアー

まずテーマを決めるのに結構時間がかかりました

この辺りの経緯は五周年パンフレットで語っている所ですが

前回のツアーからのある種の繋がりと

明らかに"違う"部分をどう文字にするのが一番分かりやすいかなー

更にツアータイトルが略しやすいといいなーとか

まずは一人で色々と考えてました

ある程度自分の中で大義名分が固まって

ツアーのゴールの画が想像出来た時点でメンバーのタイトルを振って大決定になったんですが

結果としてはその時に想像してたものより

もっと素晴らしいツアーになった というのが率直な想い

今回のツアーは泣くようなツアーではなくて

笑顔で始まり笑顔で終わるツアーにしよう

そうある事がツアーの成功だ! と思ってやってきたんだけど

結果的には幸せで泣ける そんなツアーだったのかなあ って

ファイナルや裏ファイナルでも泣いてくれてる子がいて

裏ファイナルの握手会でそんな風に思いました

今回のツアーで初めてライブに参加してくれた人や

俺明日ツアーには参加してなかった人には

一体なんの事か分からないかもで申し訳ないけど

今回の天一ツアーは俺明日ツアーの経験や成果が多大に反映されていて

ユナイト的な感覚であえて言うのであれば

俺明日ツアー2とも取れるものだったんだけど

同じモノを目指す上での方法を真逆に変えてみたのが天一ツアー

俺明日ツアーが北風だったのなら

天一ツアーは太陽だったような感じ

北風と太陽の様に結果が明らかなわけではないけれど

天一ツアーのスタンスにバンドが到れたのは

俺明日ツアーあってのものだと強く感じています

これって俺明日ツアーに根気良く付いてきてくれた人が沢山いたからで

俺明日ツアーで実感として手応えを感じさせてくれた皆のお陰だと本当に思ってます

ありがとうね

けど一方で、俺明日を知らないからといって引け目を感じる事もなくて

仮に初めてのユナイトのライブが天一ツアーだったとしても

初めて見て本当に楽しめたかどうかっていうのも

バンドの未来としては貴重な情報だったり意見だったりする

それぞれがどんな状況であっても

今のユナイトが本当に楽しいかどうかっていうのが何より重要なんです

今回のツアーで俺個人やバンドが得た何かを与えてくれたのは

他でもない天一ツアーの参加者一人一人の想いの結晶なんだと思う

なので、どんな意見でもどんどんメンバーに伝えて欲しい

俺明日ツアーの先に天一ツアーがあるように

天一ツアーの先にあるかもしれない何かを作るのは今の皆の想いです

その想いがこれからのユナイトに必ずなんかしらの影響を与えていくはずです



話が固くなった┐('~`;)┌



そうだ

今回のツアーは平日ばかりで仕事をしている人にはとてつもなく優しくない行程で

そういった意味で大分無理させたなー申し訳ないなーって割と毎回思ってた

これはもう俺個人がどうこう出来るものじゃなくなっていて

ビジュアル系…もっと言うとバンド業界だけじゃなく

音楽業界全体の問題でライブハウスの取り合いが年々激しくなってる印象です

土日祝に関しては相当早い段階であったとしても取れない事が多い

なのでどうにか出来るならしたいのは山々なんだけど

出来ずにこういった行程になってしまったのは申し訳ない部分

そういった意味でも、他の部分で色々と補えたらいいなって思って

結果的には全箇所違うセットリストになりました

持ち曲も9割以上消化出来たはず

1回もやれなかったのは4曲とかかな?

あとは企画のMCだったり、会場アナウンス

ライブ以外の部分でも動画だったり

去年以上に出来る部分でやるだけやれたかなとは思ってる

楽しんでくれてたらいいのだけど






まぁ…そんな感じですわ/笑

とにかく楽しくツアーが出来るっていいなって思ったかな

けどクリエイティブというか、もっとストイックであった俺明日には俺明日のよさがあって

無い物ねだりになるのかなって思う部分も結構あった

あとはインストアイベントを一切絡めない今回のツアーだった訳だけど

ライブにのみ集中出来るのは個人的にはすごく良くて

意識というか感覚をライブモードのままずっと維持出来たのは良かった

反面、時代柄なのか業界柄なのか、ライブ>インストは当然の多数派ではなく

俺が想像してた以上にライブ=インストな人も多いんだなっていうのも

結果としてすごくよく分かってとてもいい勉強になって

今後を考える上ですごく重要な情報になった

なんとなく机上の空論でしかなかった事も

実体験として経験するとやっぱり見えてくるものとか感じる事も違って

「分かってた事じゃん」ではない何かもやっぱりあるんだなって

インストを絡めない今回のツアーは経験値としてすごくいい機会だった

これから、この先またツアーをやる事があったとして

次にどういうツアーなのかはまだ考えてみてもない話だけど

俺明日の時のように、天一の経験もまた貴重なユナイトの財産になったと思う

俺明日の総括ブログでも言ってたけど

早くまたワンマンツアーしたいってすごく思ってる!

ツアーで会った全国各地のU's、ライブハウスの方々、ヴィレヴァンの方々

出演させて頂いたラジオの方々、挨拶させて頂いた色々なお店の方々

その他にも美味しいご飯を食べさせてくれたお店の方々や

遊びに行った場所でいいキャラだった店員さんとか

とにかく思い返すと色んな人の顔が浮かぶようなツアーでした

皆また会えるといいな、元気でいてほしいなって



なんか書いても書いても着地点が見えないから

この辺りで1回締めとこうかな…

ユナイト的には最大のツアー

皆的には日程の問題もあってすごく大変なツアーだったと思う

それでも沢山の人に支えられて無事完走出来ました

本当にありがとうございました!

これからのユナイトもよろしくね!



ツアーの感想やなんやら、是非一言でもくれると嬉しいな!

一週間位メッセージ解放しておきます!

↑このページのトップへ